更新情報

(12/30)2015年最後の更新、上海問屋扱いの残念なコントローラを追加。
(5/5)手付かずで放置していた過去の【レビュー】一覧のリンク切れやらを修正。
(4/26)1年以上ぶりに、6ボタンコントローラを、追加。

 過去の【レビュー】一覧 

# by karasuma_usb | 2016-12-31 06:49 | 烏丸の壷

ストラテジックコマンダーが7,000円で、10コて。

かつての左手用コントローラの雄、マイクロソフト『ストラテジックコマンダー』が、

c0004568_2138280.png

なんかもー、スゴイ値段
現行世代の左手用コントローラが搭載しているアナログ入力といえばアナログスティック、ストラテジックコマンダーが搭載していた水平方向の操作は記憶にあるかぎりだとこれっきり。 あの当時触っていない向きはこの機会にー。

【レビュー】Microsoft Sidewinder StrategicCommander
※レビューしたのも2005年かー

# by karasuma_usb | 2016-08-19 21:51 | 烏丸の壷 | Comments(1)

【レビュー】緑電子 コードレスパッド / レシーバー(SWP-200 / 100)

緑電子!

という社名だけで興奮する世代・・・を対象にしてるんでしたっけ、このブログ。本日ご紹介するのは、こちら。

c0004568_10281266.jpg
”緑電子 コードレスパッド SWP-200”

『DOS/V』という単語が全盛だったころの製品、緑電子のコードレスパッド、なんであります。
もーなんか”コードレス”という単語からも立ち上る死語感。緑電子かーなんか気が付いたら聞かなくなってたなーって思ったら会社ごと売却→元のオーナーに返却、残ったのは不動産事業だけでその後? で、今緑電子のドメインにアクセスすると見事に消失している感じ。あー平成を生き抜くことが出来なかったんだなー、という。

c0004568_10274067.jpg
さてそんな昭和の香りがする(けれども平成な)製品。
構成はコントローラ本体とレシーバー、接続の為のケーブル一式・・・なんですが先にケーブルとレシーバーに触れておきますと、

c0004568_10335195.jpg
ケーブルはレシーバー側にキーボード用のモジュラーケーブル、マウス接続用のシリアル、そしてそれらをひっくるめて”DOS/V”機との接続に使うシリアルケーブルという構成。なんですが、

c0004568_10365987.jpg
このレシーバーがまた巨大w 100vの電源が必要な上にインレットまで付いてる仰々しさ。環境作るのに覚悟が必要、みたいな。

c0004568_10384582.jpg
100v食うだけあって電源ボタンも完備。使いたい時には電源入れてね、って当時はプラグアンドプレイじゃなかったことを考えると、DOS/V機(あえてPCと呼ばない)の電源を入れる前に電源入れておく儀式感も有り、という。

c0004568_10404537.jpg
レシーバーの中央には、レシーバーのサイズの割には妙に小さい赤外線受光部。つまり”赤外線式”のコードレス。さて肝心のコントローラ側をば。


c0004568_10421434.jpg
コントローラ側もこれまた巨大。フットプリントの大きさもさることながら、
c0004568_10440409.jpg
この厚さ。うんまぁ、
c0004568_10270707.jpg
c0004568_10270874.jpg
乾電池を入れる都合上、なんですけれども。 んじゃ、各部位を。

c0004568_10270797.jpg
まず目を引くのが親指に担当させられるボタン。何しろこの数w
”Enter”、Spaceじゃなくって”Spacer”、”Ctrl”に”Shift”とキーボードでゲームを遊びたい向きを意識したボタン構成、”Esc”は各所でキャンセルに使われる、なるほど”Alt”と”Enter”でフルスクリーンの切り替えができますもんね今日日、しかし”Pg Up”・”Pg Dn”って? ReadMeの閲覧に~とか?

c0004568_10474887.jpg
上部に並ぶのは数字キー。”FUNCTION”との同時押しで文字通り。しかしユーザーフレンドリーさに欠ける並び・・・なんですけれども、これが”キーボード”ならそうかもなぁ、とも。
c0004568_10270781.jpg
”FUNCTION”キーを押さないと数字キー扱い。数字キーを多様するとなるとエミュレータとかなんですかねぇ、ターゲット。

c0004568_10270792.jpg
中央に配置されてるトラックボール。
ロータリーエンコーダはアナログ式でボールは軽め。まぁ手持ち型のトラックボールでボール重量が重いってのは想像したくない感じですが。また配置も中央といえば中央、若干左に寄ってる感じから、左の親指で操作することを前提にしている様子。右手にマウス持って適宜持ち替え、のが案外?

c0004568_10270786.jpg
方向キー。
これが実に! これが実に完成度が高いというかサタパに負けずとも劣らずなタッチ(何よりも全押し出来ないように軸が入っている!) また方向キーの造形も他のコントローラでは見たことがない感じーで実に好き。周囲のデザインがメガドラっぽいところも含めて、テラドライブとの併用とか案外しっくりくるかもしれません。

しかしこの方向キーの矢印っぷり、どっかでみたことあるなーって思ったら、

c0004568_10520196.png
ジョジョの奇妙な冒険第三部に出てきた『F-MEGA』のコントローラを連想させられるっつー。

そうそう、国内の販売元こそ緑電子なんですが、

c0004568_10562859.jpg
”MADE IN KOREA”&”OKSORI CO.,LTD”
開発は韓国の”OKSORI”社。
韓国、といえば”SEJIN”を筆頭にインプットデバイスの老舗が揃っているわけですが”OKSORI”って社名は初耳。で、ちょっと検索してみたんですが、

c0004568_10592224.png
FCCのサイトに所在も含めて記載はあるものの、肝心のコーポレートサイトは見つからず。緑電子同様に~ですかねぃ南無南無。

デザイン:★★★★ 親指担当のボタンの多さが大好き
操作性 :★★★★☆ 方向キーの完成度とF-MEGAっぽさ

大好き、なんですけれども今日日PCにシリアルコネクタがあるかっつーと普段使いのPCには案の定HDMIとUSBくらいしか生えてないわけで、前述しましたように環境構築が実に面倒で実機接続は実はまだ、みたいな。ドライバも不要だしーで、まぁ近いうちに繋いでみようかしらーみたいなねー。

c0004568_11135841.jpg
味わい深い手描きイラストだ。



# by karasuma_usb | 2016-02-12 11:15 | コントローラ | Comments(1)

GEのデジカメのマクロが地味に、スゴイ件。

前回のエントリに引き続きコントローラの話題じゃなくって大変恐縮、なんですがちょびっとはコントローラの話題に繋がるので、ってんで今日話題にしたいのは、

c0004568_16054673.jpg
GE(ジェネラル・イメージング)印のコンデジ、”A1050”
GEというと『映育』なんて大層なキャッチコピーで日本国内で商売開始、したもののひっそりと撤退している今となっては塩味の効いたブランド。実際”ブランド”、ってくらいでして実開発は殆どやってなくって、今回ネタにするコンデジも台湾製らしい、という。

で、コンデジのレビューを真面目にやるのかっつーと、このブログの趣旨から離れちゃうんで、コントローラの【レビュー】記事でよく使うマクロ。そのマクロ撮影が思いの外良かったのでログって置きたいなーと。んだもんだからコントローラを被写体に。

c0004568_16054649.jpg
c0004568_16054610.jpg
c0004568_16054798.jpg
c0004568_16054717.jpg
c0004568_16054781.jpg
c0004568_16054748.jpg
出張先で紛失しちゃって今でも買い直しを考えているRICOHの”R10”と同じくらい寄れる驚き。フォーカスまでのタイムラグがそこそこあるのと、黒い被写体に対しての迷いがあるのはまぁこんなもんかなぁというレベル。やるな台湾。

何がスゲーってこれ、780円だったんですよねー近所のお宝あっとマーケットで。
それこそ次女ちゃんの『映育』用にーとか思ってたけど、この写りならコントローラの撮影の折には借りよう、とかとか。


# by karasuma_usb | 2016-01-14 16:10 | 烏丸の壷 | Comments(2)

上海問屋のペーパーカメラを、Leica「風」に。

なんかの業界懇親会だったか、それとも仕事のついでに立ち寄ったんだか、もーそれっくらい秋葉原に私用で出向く機会が遠のいてまして、ってなんか面白くなくなって久しいんですよねー秋葉原。

うん、まぁ秋葉原が何で面白くなくなったんだかの話は十二分に推敲した上で文書かするとして、上海問屋で変なカメラを発見してつい購入したっつー。

c0004568_23205786.jpg
c0004568_23211471.jpg
c0004568_23211899.jpg

カメラ本体は薄いプラスチック、紙製の外枠に挟み込んで使う、という構造。なんか数年前に台湾のメーカーが『ペーパーシュート』なんて製品を出してましたけど、あれに似た商品。(こっちはリチウムイオンバッテリー内蔵なんでその分は薄いですが)

肝心の写り自体はそれはもー、大概。

c0004568_23234056.png
撮像は”1280x1024”という変な解像度、妙に縦に引き伸ばして撮影してくれちゃう上に、JPGレートは”70”って、これまた半端な。保存先はMicroSDカードなので、90あたりをチョイスしてくれてもよさそうなもんなのに・・・って、EXIF情報見たら”GPencoder”なるオープンソースの「.avi to MPG4」プロジェクト。あー、.aviとして撮影して内部で切り出し&JPGに圧縮しなおしてるのか・・・今日日のトイデジのが画質いいぞこれ・・・

と、結構萎え萎えなんですけれども、見た目の「ペーパーカメラ」自体の見た目の面白さに惹かれて購入したんで、とりあえず見た目だけでもってんで、

c0004568_23240977.jpg
c0004568_23242415.jpg
もともとついていた茶色いカメラ風のデザインの実寸を測ると、縦方向は65mm + 5mm + 65mm、横方向は110mm。スキャンした上で、このサイズに合わせてモチーフにする”Leica M3”の画像を加工。あったりまえですけども、Leicaの比率が65mm:110mmではないので、ドット単位で微調整、ついでにペーパーカメラの”シャッター”&”Modeボタン”に合わせてデザインを修正。その上で光沢紙に印刷。

c0004568_23244148.jpg
ついでにダイソーで見つけてきたプラ板を同寸法+アルファで作って、上から挟んで共締め。こーすることで、露出しているMicroSDも保護できるんじゃないかなーって。

●完成
で、完成したのでじゃあPASMOでも挟んでパスケース代わりに・・・とか思ったら共締め用のプラネジの幅がPASMOの長辺よりも狭いので挟まらねぇ畜生。なのでとりあえずカバンにぶら下げておいて気が向いたら残念画質で撮影・・・なんかしなそうだな・・・

上海問屋「紙みたいなデジタルカメラ」



# by karasuma_usb | 2016-01-10 23:33 | 烏丸の壷 | Comments(0)

【レビュー】上海問屋 DN-AK22

2015年もいよいよ、という感じに押し迫った感じでして いあー今年も殆ど更新しなかったなーこのブログーっていうか、いよいよブログ文化の終焉、ライフログ取る方法が多岐にわたって来たというか、140文字でしたっけ? に、収まる小ネタならTwitterに、リアル知人に近況を伝える手段にはFacebookが、小言と戯れ言の綯交ぜには・・・ああ、そうかブログか。

日記らしくここのところの自分の話をいたしますと、平日はフツーに仕事、しかもどーにも平日はキリが悪くて休日に持ち越し、ヘタすると土日に地方出張とか入っちゃうよーな多忙具合の2015年を過ごしていたと。とかいいながらビデオゲームで遊んだりコントローラを購入したりなどは出先でも継続してたりしてるんですけども。

ということで、久々の更新は【レビュー】、でも久々だから小ネタから。

c0004568_21052395.jpg
ハードオフの青箱から出土したのがこのコントローラ。捨てちゃったブリスターケースにも型番・メーカー名は無し、でもって

c0004568_21053892.jpg
c0004568_21055259.png
背面にもFCC-IDなど素性の分かるものは無し、Windowsに接続してもベンダーIDは取得不可、となかなかの逸品。
※1/11追記:コメント欄から上海問屋の取り扱い商品との情報を頂戴しまして、タイトル他修正しました
正面と裏面の画像でおおよそ検討が付いたと思いますが、フラットなファミコンライクな形状。その上に、DualShock以降定番化した基本要素+αがレイアウトされている、と。

あんまり段取りとか気にしない気質なんですが、コントローラのことだけに順を追って。

c0004568_21070090.jpg
方向キーは丸型で単一部品。上下左右を認識しやすいよーにデザインがなされているものの・・・

c0004568_21071471.jpg
c0004568_21072861.jpg
気を利かせて全方向を同時押しできるよーにしてくれている点。あーそうだよね捨てるよねー青箱にーみたいな。

c0004568_21074459.png
このコントローラの場合、全押しすると優先されるのは右。右を押したいときは右だけでもいいけど全押しでもOK! 便利!

・・・は、置いといてコンパネから認識されているのはこれこの通りでして、合計12ボタンとハットスイッチ、Z。他のUSB接続コントローラと同様に、

c0004568_21080390.jpg
中央部分には、方向キーの挙動をハットスイッチと切り替える”MODE”キーの他(って、最近ではどーだか分かんないですけど、USBのアケステを変換器経由で接続したらハットスイッチオンリーで切り替え不可、結果PS3なんかのコンソールで使えない問題とかありましたっけねぇ。廃れたよなー変換器)、最上段から”L3”・”R3”、”TURBO”・前述の”MODE”、”SELECT”・”START”。

どれも全てゴム製のキー、押し心地についてはゴムゆえにそーだよね感。正直、連射も場合によってはオミットされていることすらある”L3”・”R3”なんかは感謝するレベルかも。(素で使うことはあんまりないかもですが、PCゲーを遊ぶ場合にはプリファレンスで設定できるボタンが多いには越したこと無いはずで)

ところで、上海問屋の製品ページ曰く”プレイステーション3&パソコン用”って話ですが、

c0004568_21082434.jpg
本体右手に、PCとPS3を切り替えるスイッチが。おそらく”MODE”ボタンあたりが”PSボタン”の役割を果たしてくれるんだろう、と期待。(つまり検証していないという・・・!)

c0004568_21085282.jpg
うっすらエンボスが見える4ボタンには、PlayStation3で使うことを意識して◯✕△□を刻印。変なプリントじゃなくってしっかりエンボスしてるところは好感。手探りで判別つくレベルではないにせよ。
肝心の押し心地・・・は、本家DualShockと比較して少々重め。今思い出したんですがDualShock2とかってボタンもアナログ入力でしたっけねぇ。

アナログの話が出た所でアナログスティックへ。

c0004568_21091304.jpg
DualShock互換ならでは、なアナログスティック。
しかしながら残念なことにアナログ”パッド”でありPSPのあれ。を、もっとチープにした感じ

c0004568_21092600.jpg
狙ってなのかそれとも部品の精度の都合なのか、右側のが僅かに高い不思議。エイム用だから? という配慮??
こんだけ背が高いんだからボタン機能もありそう、と思いきや、前述の”L3”・”R3”が存在するわけで、このアナログパッド自体にボタン機能は無し。なんかこー、部品のチョイス在りきで、このレイアウトが決まった予感? で、結果

c0004568_21094157.jpg
すげー内側に配置された”L2”・”R2”が壊滅的に押しづらく。
これはあくまでも”L1”と”R1”が肩配置の主役であって、”L2”~”R3”は脇役だしそもそもそれほど使わないよね? って意思の現れなんでしょうけれども。

デザイン:★★☆☆☆ とは言えシンプルな表っ面は好き
操作性 :★★☆☆☆ 常用に厳しい上に飾っておいても見栄えしない

フラットな形状が最大の特徴、でありながら右スティックを背高にしたのは・・・なんかここまで書いてて思うんですけど、やっぱり精度が悪いって話なのかなー部品のー。
しかし8~16bit世代(3DOも含む)のデザインを模したコントローラって、ボタンが増えた時の収まり場所で悩むくらいなら思い切ってボタン減らす方向に持っていった方が使い勝手良くなると思うんですよねー。

狭所住宅に家具追加する愚、っつーか。



あ、そうだ。良いお年を。

上海問屋「プレイステーション3&パソコン用 USB接続 ゲームコントローラ PS3 PC 薄型 アナログスティック 上海問屋 DN-AK22シリーズ」


# by karasuma_usb | 2015-12-30 21:12 | コントローラ | Comments(4)

レトロフリークをブラストシティに、大接続。

先日購入しましたよー宣言をしたんで諸々割愛するんですが、今回は

c0004568_20055068.jpg

どこのご家庭にもあるブラストシティに、今話題のレトロフリークを、これまたどこのご家庭にもある機器で接続してしまおう、という話題。

さて、そもそもレトロフリークの画像出力はHDMIで1280x720(720p)固定。対して、ブラストシティのブラウン管はD-SUBで15/24/31kHzに対応するものの、最大解像度でも31kHzの640x480(480p)止まり。なので、レトロフリークから出力される720pをダウンスキャンして変換する必要がある、と。

んで、どーいうアプローチで行うかと言いますと、一般的な家庭である拙宅にあったのは

c0004568_20084993.jpg
c0004568_20084975.jpg

これ。

かつてロジテックから販売されてたコンポーネントRGBコンバータ『LDC-RGB2』であります。役割としては、コンポジット / S / コンポーネントに加えて、D4入力を31kHzのD-SUBに変換するという。 いろんな端子を完備しているこの製品、とは言えレトロフリーク(720p)の出力とイコールなのはこの内、D4だけ。

ってんで、

c0004568_20084900.jpg

HDMIからD端子に変換するコンバータ『Simble HDMI to D端子コンバーター』を追加で導入、と。接続の手順は、こんな感じ。

c0004568_20231497.png


レトロフリーク自体は720pのつもりのまま、トランスコーダで強制的に480pにしてる、と。 で、実際のところの画質の話、ですが

c0004568_20064592.jpg

ご覧のとおり、フォントが僅かにかすんじゃっている状態。コンソール選択のアイコンも、

c0004568_20064675.jpg
なんだかぼんやり。もーちょっとコントラストいじったほうがいいのかなーと思いながらも、左下の、

c0004568_20064645.jpg

チートコード用のメニューアイコンなんかは、フォントがボールドなので平気っぽいんですけどねぇ。で、実際にゲームを起動したらどーなのか、と申しますと、

c0004568_20064619.jpg

レトロフリークが対応している旧世代のゲーム群は、RGB21pinに近いレベルでくっきり。720p固定を前提とした画面設計なので仕方がないんですけれども、今後のUpdateでフォントサイズ変更できたらいいなーという希望。(これを喜んで買う世代は、老眼突入か一歩手前でしょーしねー)

HDMIからVGA(D-Sub)に直接変換する系の製品で、720pを480pに変換してくれる楽勝製品をお持ちでしたらば、こんな面倒な手は使わなくてもいいカモ。まーこういう方法も有るよね、と参考までにー


# by karasuma_usb | 2015-11-07 20:24 | 烏丸の壷 | Comments(0)

積みゲー崩しのきっかけに、レトロフリーク。

乗らなきゃこのビッグウェーブに、ってんで、

c0004568_20560359.jpg
注文してた『レトロフリーク』が大到着。
いあー、2万円超のハードとは思えないくらいに本体の材質がかなりアレ、なんですがTwitter見てると相当なヒット商品らしく、中古ゲーム屋さんの公式Twitterがこぞって『レトロフリークに!』みたく便乗してて面白い。

いや、肝心のレトロフリーク自体も相当なもんで、対応してるゲーム群はのきなみ1秒から10秒程度でインストール完了と、さくさく進むインスコ作業(認識困難なゲームの端子をクリーニングする部分も含めて)に妙なゲーム性が。

c0004568_20562294.jpg
で、肝心のプレイ感は各所で言われているよーに遅延とかそれほどでも? 遊んでて気になるよーな感じもなく、それどころか手元にあったHDMI入力→YUV422だかに圧縮して表示するワイヤレスモニタですらちゃんと遊べちゃう感じ、これはレトロゲー界隈ではホントにキラーハードな予感。何しろ我々、買うだけで遊ばないからねー。いい迷惑だよねーホントに遊びたい人にしてみればねー、ってんで、このレトロフリークをキッカケに積んでたレゲーを遊ばねば、という。


# by karasuma_usb | 2015-11-01 20:57 | 烏丸の壷 | Comments(1)

クレカの不正利用に、遭遇。

唐突、な話題なんで恐縮なんですけれども、今月のクレジットカードの請求書に、どーにも記憶に無い請求が紛れ込んでいて右往左往した、という顛末をば・・・なんでしょう、いつもニコニコ現金払いを旨とする読者ちゃん諸兄には預かり知らぬこと、なのかもしれませんがホラ、知識として。
c0004568_21554396.png
"DIYツールドットコム"なる日曜大工用品のECサイト。
なるほど日用品から大工道具、チェーンソーに代表される電動工具まで、と大変魅力的な商品が満載・・・って、初めて見たにもかかわらず、在りし日の自分は46,500円、と大変思い切りの良いお買い物~って、ええ?

で、流石にこれは? と思いましてカード会社に調査を依頼、事の顛末を残しておこうかしら、という。

早速その顛末の流れを。

1)まずカード会社に連絡(銀行のカードだったんで、担当部署へ)
2)不正利用の可能性を告げたところ、調査に2~3週間
3)上記1)から4日後に、カード会社からの連絡で、曰く
 ・8/17に、DIYツールドットコムで、Panasonicのインパクトドライバー購入
 ・届け先が、『武蔵野市某の某ノブオ』(フルネームでしたが一応)
 全く知らない名前&住所だったので、知らないことを告げる
4)翌日、カード会社から
 ・支払日に補填金の入金があること
 ・カード再発行の連絡

で、今ココ。
10年以上使っているカードなのと、Amazonを筆頭にECサイト各所に登録しまくってるので変更が面倒だなぁ、とか思う反面、また同じことが起きても面倒でしー、っていうか、不正利用で購入した商品は、カードの持ち主の自宅を届け先にしておくと今回の場合は、見に覚えのないインパクトドライバーが届いて飛んだサプライズ・・・ってあれか、不正利用した人は住所までは把握してないから無理か・・・(何が

ともあれ調査クレカの登録先をあれこれ追っかけてみたんですけど、一番怪しいAliExpressはPaypal、EbayもPaypal、SuperUFO(懐かしい)は前のカードでもー期限切れ。あとはAmazon? まさか? で、思い出したんですが、仕事に絡む呑み会で、お会計の際に店員さんにカード渡しちゃうこととかもチラホラあったりして、あーどれだろう的な。(しかも呑み屋って、テナントがコロコロ変わるしねー)

なんだろう、(用心のために)呑み屋とかでカードを渡さない方がいいよ? ってのと、これがコントローラとかゲーム関連のお店だったりしたら気づかなかっただろうなぁ、というドキドキ。

読者ちゃん諸兄も、ご注意いただきたくー。



# by karasuma_usb | 2015-10-12 22:29 | 烏丸の壷 | Comments(2)

WEGA、お別れの日。

新婚の時に購入して、かれこれ14年のお付き合いだったマイフェイバリットブラウン管、ソニーのWEGAちゃんがお亡くなりに。お亡くなりに、ってどんな症状かと申しますと、ビデオ入力からS端子、肝心要のAVマルチ入力に至るまで、画面が真っ青~みたいな。つまりブラウン管の制御基板が死亡之助、っつー。

で、ブラウン管愛用者、もしくは(奇特なことに)これからブラウン管を確保せん、みたいな読者ちゃんに向けて、処分時のコストについてプチ共有しておこうかナ、と。

まず、烏丸が住んでいる東京都町田市のホームページを見ると、ブラウン管に関しては「家電リサイクル法にもとづいて、購入店に相談すること」が前提。購入店・・・は、たしか町田ヨドバシだった気がするんですが、領収書などの”購入したことを証明する物”についてしっかり保管しているか、に関しては無論、OUT。早速ヴァー。

じゃあ、ってんで市町村に持ち込むことを考えると、総重量100キロ近いWEGA一式を運び出すのは相当な難。何しろ部屋から出す→玄関→5Fから1Fまで階段(!)→車に載せる、って多分、途中で死ぬ。残機、無いのに。

で、そういえば6~7年くらい前に三菱のCRTディスプレイを処分した時に、ヤフオクから処理業者をあたったっけー、と検索。

c0004568_09003676.png
検索結果は結構な数。(”テレビ”という検索キーを除外すると更に増える感じ)
「家電引き取りますよー」と出品している処理業者の”出品内容”を眺めてみると、おおよそ

【ヤフオクで見つかり処理業者サマリー】
1)落札価格は商談開始用に即決
 → 1,000円から10,000円と即決価格は様々
2)ブラウン管に関しては、管のサイズで別料金
 → 落札価格+ブラウン管の処分費用
 → オークション評価欄を見ると、ここで”揉めて”る例がチラホラ
3)処理業者が現地に赴いて見積もり
 → 処分費用の支払いは現金精算(小銭用意しておこう)
4)部屋からの運び出し~トラックへの荷揚げには、落札者の手伝いが必要(!)
 →腰に注意
5)処理業者ごとに、守備範囲がある
 → 自分が住んでる地域を守備範囲にしている業者の選別が必須
6)古物商許可番号は、自己紹介欄に掲載している事業者がほとんど
 → 気にする人もいらっしゃるでしょーし

こんな、感じ。
ブラウン管という重量物を処分すること、また住まいによっては運び出しの労苦を(処理業者と)共にする必要があると・・・いう心配で息が詰まりそーになるわけです。

が、結論から言いますと、うまいこと良い処理業者さんに当たることが出来まして、

1)1,000円
 → 取られず
2)ブラウン管のサイズが29インチなので2,500円
 → テレビ台まで引き取ってもらったけど、同額
3)現地精算
 → 明朗会計
4)部屋からの運び出し
 → 自室の真ん中までは自前で運び出し(それでも腰が・・・!)
5)事業者の地場は大宮
 → 他の回収案件とすりあわせて、落札から2日後に回収
6)古物商許可番号はしっかり
 → 全部終わってから気づいたんですけどね

c0004568_09030841.jpg
29インチのWEGAの正確な重量は調べなかったんですが、これを持ち上げての移動は腰の死期を早めるには十分な重さ。なので、ひとまず部屋の中央にまで移動しておいたところ、業者さんが持ち込んだ座布団に載せてスライド移動。なるほど、クッションを敷いて移動なら大分楽、と目鱗。

自前での移動も含めて、家の外への運び出し~トラック載せ~お支払完了まで20分位? そして繰り返しになりますが、処理業者が設定したブラウン管のサイズ別価格に準拠して、2,500円。たったの、2,500円。これはもー、処分成功例として広くシェアしたい感じ。 っていうか、何より驚いたのは、以前、三菱CRTを回収してくれた業者と同じ方だったという・・・! (玄関に来るなり、『以前もご利用いただきましたよね?』って!)

後日、自宅近所のリサイクル事業者にその話をすると、曰く『かなり当たりの業者に出会えた』そう。というのも、引き取られたブラウン管は、海外に輸出されて、現地で鉄やら銅やらに分解して再利用する流れ。しかし、採れる鉄や銅の量と比較して、巨大なブラウン管は輸送コストに見合わず、20インチを超えるブラウン管は処分費用が高くなる上に輸出の対象外とか。(100円/1インチくらい)

あと、自治体次第ですが、ブラウン管を自前で割って、筐体をバラす&自前で分別して処分する手段もあるそう。とは言え、ブラウン管は割ると爆縮するわけで、そのリスクを考えると~?

それらの情報をまとめると、やっぱり良い処理業者にうまく出会えたのかなぁと。

c0004568_09041415.jpg
しかしまぁ、テレビ台ごと無くなるとポッカリとした空間が出来上がるわけで、何かを詰め込みたい心情が沸々と・・・昭和の家具調テレビ・・・いや? いやいや?


# by karasuma_usb | 2015-09-10 09:04 | 烏丸の壷 | Comments(5)