物欲の連鎖、の末。

 景気さえ。景気さえ良ければ。
 ・・・などとネガティブなことを考えていても仕方がないので、自分に出来ることをコツコツと続ける日々。

 烏丸です。今頃思い出したんですが拙ブログも先月(つまり昨年)でめでたく? 4周年。いやーよくまぁ続けてるなと思いながらも、ここ数ヶ月の更新頻度の低さにひどい罪悪感が。

 さて自戒するのもほどほどに、じゃあ烏丸みたいな一小市民に出来ることっていったい? 左様、"消費"。 ここであえて貯金とか蓄財とか言い出さないところに、自分の前向きな姿勢(with 目隠し)をアピールできてたりしてスゴイなーなんて思いながらも、実入りが減っても抑えきれない物欲の恐ろしさを感じてみたり。

 で、最近の物欲、というか"消費"行動のお話。

 毎年1台、いやさ多い時には数台購入している烏丸のMP3プレイヤー、未だとポータブルプレイヤーってんですかねぇ、昨年も年の瀬が迫ったところで1台追加購入。 ちなみに購入したのがこちら。


c0004568_21333622.jpg

CAM-PV01

 どこのメーカーのものか知りませんが、紛れも無く中国製品。ちなみにストラップ代わりについているのは毛糸の三つ編み。
 さてスペックとしてはこちらを参照。(→スペック) つまるところ音楽も動画も、中国ならではのエミュレータも、な機械。ちなみに購入価格は5000円。

 さてどこに期待しての購入なのかと申しますと、この形状からお察しいただける通り。正直、実機で遊ぶことをココロのテーマとしている烏丸のワリに、少々のズル。なんですが、どっこにも情報が出てこないミステリアスさ加減と胡散臭さ・・・で、つい、と。


で、到着後に早速、件のスペックシートにあるよーな、拡張子が".nes"だとか".GB"だとかのファイルをごにょごにょしまして、いざプレイ。って思ったら・・・「異常に音がデカい」。 これはたまらんと付属のイヤホンを引っこ抜いてアレやコレやと操作してみるものの、ボリューム調節が出来ず。 仕方なしに購入元に問い合わせてみたところ・・・



「エミュレータ使用時のボリューム調整は出来かねます」

※"こっちみんな"のAA略



 まさかの欝展開。
 っていうか".MP3"だの".AVI"だのを視聴する際には、"Bボタンを一瞬だけ押してからカーソルキーの右左で音量調節ってのも破滅的な操作性だとは思ってましたが、まさか調節すら出来ないとは・・・うーん。

 仕方が無いので手持ちのボリューム調節機能付きのイヤフォン、Sennheiserの"MX55"で音量を調・・・節・・・って思ったんですが最低にしても耳をツンざく爆音。三半規管破壊機能が大活躍。死ぬ。死ぬる。

 じゃあ、ってんでちょっと前から気になってた、ノイズキャンセリングならぬノイズリダクション機能付きのお買い得イヤフォン、Philipsの"SBC-HN060"をフラりと立ち寄ったあきばお~にて大購入。お値段3150円。ついでにレジ前に並んでいたmicroSDの4ギガを購入して980円。


c0004568_21345842.jpg

Philips SBC-HC060

 さてこれで音量調節は準備OK。
 ついでに同店並びのお店にて、ニット地が愛らしいカラビナ付きケースを購入。色は当然、赤。


c0004568_21355183.jpg

Golla Mobile Cap

 件の"CAM-PV01"にジャストフィット。お値段は600円。
 さらについでにケーブルを巻き取るシリコンの何ですかこれケーブルホルダー? が300円。


 さぁこれで一揃い。
 ということでノイズリダクションなイヤフォンを耳に突っ込んで・・・って思ったら、付属しているカナルイヤーピース、Sサイズは論外としてもMサイズはブカブカ、Lサイズは耳に押し込んでもシリコンの反発でポロリ。何度やっても、ポロリ。うーん、カナル式が合わないから前述の"MX55"を購入したのをすっかり忘れてました。ああ世の中の規格に合わない耳に生んだ母が父が先祖が憎い。っていうかどーしよー、これ。

 って思ったらネットで交換用のイヤーピースが売っていることを発見。あー、そうなの? 付属のイヤーピースに耳が合わなくても、更に他に選択肢が?? ということでヤフオクでバラ売りしている良さげなイヤーピースを追加で購入。


c0004568_2137227.jpg

"harman/kardon フォームチップ"

 お値段は380円。

 で、早速到着したので件のSBC-HC060に装着しようと思ったら径があわず。うぉぉぉ、また散財? 所在無げにグリグリやっていたら何故かすっぽり。


c0004568_21373297.jpg

耳に入れる前にイヤーピースをつぶすのがコツ

 なるほどイヤーピース側の素材(上記画像で言うところのグレーの部分ですな)が軟質プラスチックのようで、無理すればこれこの通り、harman/kardon社以外のカナル式イヤフォンも挿げ替え可能。


 おお、これで環境構築完了?
 低反発素材のイヤーピースは確かに拙耳にジャストフィット。そしてノイズリダクション兼音量調節で、エミュレータ起動時の爆音も無事に解消。これでエミュレータライフ(ダメなライフだ)に彩りがー


 って、思ったら。


c0004568_2139938.jpg

対応していないRomイメージ、多数

 プレイを熱望していたゲームが起動せず。ああ、もう。
 どうやら内蔵されているエミュレータがアレらしく、NESのエミュレータにくわしい読者ちゃんにおきましてはご存知のキーワード、対応マッパーが非常に少ないご様子。ああ、もう。

 ひとまずエミュレータの件に関してはおいおい動作の可否をチェックしていくとして、しばらくはMP3プレイヤーとして持ち歩こうかしらーって方針転換。なので早速、件のニット地のケースに突っ込んでー


 って、思ったら。


c0004568_21394817.jpg

 ニット地のケースに突っ込んだ直後にミュートになったり停止したり。
 キーロックが存在しないのがここに来て災い。愛らしいケースに包まれた結果、敏感なトコロが刺激された様子・・・っていうかこれじゃ使えないっつー。しかも同時に購入してきた4ギガのSDは案の定未対応という。


 ・・・どうすっかこれ。



 と、いうような状態で新年を迎えてしまい案の定、放置。
 冷静に考えるとそれほど動画を持ち歩くよーな人間でも無いし、通勤時に音楽を聴くか、っつーと最近は可能であれば寝ていたい人なのでそれも微妙。


c0004568_21424471.jpg

 思えばエミュレータも動く多機能ポータブルプレイヤーが5000円、ってんで飛びついて
  イヤフォンを購入 →
   イヤーピースを購入 →
    microSDを購入 → 
     ケースを購入 →
      ケーブルホルダーを購入、

 でトータル10000円弱。
 10000円かけて出来上がったものは今現在コタツの上に放置されているワケで、今回の消費行動もいい感じにドブに捨てる的な展開。




 しかしながらこーいう人間が世の中の消費を支えている、そんな矜持だけを堅持することが出来た年末年始。あーこの調子で今年もいくのかー早くGive&TakeのTake担当になりたいなーなんて夢を見つつ、正月休み終了、と。


 いいんですよ。慰めてくれなくても。
by karasuma_usb | 2009-01-04 21:50 | 烏丸の壷

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30