マウス復権の、プレ兆し。

 触れている時間が長いのはタッチパネルであってマウスでなくなっている日常に気づいて。烏丸です。

 なーんか面白く無くなって来ましたな、ってタッチパネルの話題。
 据え置きPCからノートへ、更にスレート(タブレット)へ、と高速で変遷しているにも関わらず、あれよあれよという間に置いてきぼり感があるのが入力デバイス、のうち今回はマウスの件。

 無論キーボードもタッチパネルという潮流にあわや流されそうになってはいるものの、フリック入力よりもキーボードの方が早いのは確かだし、マルチタッチが可能にしたソフトウェアキーボードも、タッチセンサに指を置いておけない(つまり置くと入力認識されちゃう)こともあって、まだ物理キーボードが優位。

 ・・・なんですが、正直"マウス"のポインティングデバイスとしての優位性はタッチパネルの進化に抜かされるのもすぐかなーなんて思う、んですがFPSやらのエイミングの正確さ、みたいな小さなトコロで地位を築けていればいいのかしらー、みたいな不安。マウスの将来に対しての、不安。


 と、不安に思っている人が他にもいるのかしら、こーいう在り方もありますよーみたいなコンセプトモデルが素敵、という話題。(→ソース


 光学式ディスクドライブに入れておけるマウス、のコンセプトモデル。
 リンク先でも書かれていますが、光学式ドライブ自体が徐々に「要らなく」なりつつある現在、このコンセプトモデルが現物として日の目をみるコトはなさそう、な予感。 でも確かに、これなら場所も食わなくていいカモなーみたいな。


 しかしタッチパネル大全盛、ってのは面白くないですな烏丸的に。


 なんかこう、ハードウェア的な喜びが不足しているっつーか。
by karasuma_usb | 2011-07-26 13:31 | 烏丸の壷

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31