【レビュー】プリンストンテクノロジー Jot

 iPadのせい、で据え置き機どころか携帯ゲーム機離れしている自分に気づいて。

 烏丸です。 いやiPadのせい、というかほぼ毎晩起動していたPS3が"YRoD"だかで起動しなくなったのも原因のひとつ・・・だったんですが、先日ようやく薄い方のPS3を購入。

c0004568_2391848.png

置く場所変えてないから小さくなってありがたみゼロ。

 ともあれ古い方のPS3でプレイしていた数々のゲームのセーブデータをサルベージすることはかなわず、プレイ途中だったゲームは気持よく諦めるコトに。

 ところでしばらくiPadで、タッチパネルでゲームをしていた時間に考えさせられたんですが、ビデオゲームのプラットフォームが"専用機"からスマートフォンなりiPadのようなタブレット型に今後も移行が進む・・・という下馬評こそあるものの、やっぱりゲームを遊ぶにはコントローラよな、と再認識。ああよかった自分の存在意義を見失わないですんだワー、みたいな。


 とは言うものの、タッチパネルに最適化することで、従来のゲームがこれほどまでに快適なゲームに生まれ変わっちゃうのネ、という気づきも。

c0004568_22235527.png

"レイフォース for iOS"

 このテの移植モノ、というとタッチパネルの左下なりに"バーチャルスライドパッド"を配置することでカーソル移動させるのが定番なんですが、本作品ではタッチされた場所からの移動距離を計測することで自機を移動させる仕組み。

c0004568_22264959.png

 自機自体を指先でタッチする必要がなく~ってこのあたりは恐らく本タイトルのレビューやらをご参照いただきたいんですが、とにかく快適。なるほどこれならゲームパッドやジョイスティックが不要、と感じてしまうのもやむなしか・・・

 とか一瞬思ったんですが、やっぱり邪魔なのね。何が、って


c0004568_22242847.png

 自分の、指が。
 そこで登場しちゃうのがスタイラス、というかタッチペン。本日のネタは拙ブログ初のカテゴリ、"タッチペン"。んで本日のお題が、こちら。

c0004568_22323719.png

プリンストンテクノロジー Jot

 なんかもー、いよいよ時代の流れに乗らざるを得ない、みたいな。


c0004568_22343958.png

c0004568_22352068.png

 さてこの"Jot"ですが、まるで"感圧式"タッチパネルのスタイラスの様な先端に、透明なディスクがくっついている特徴的な風貌。 先端のディスクはタッチパネルに接触した角度に合わせて可動。ディスク部分自体はハードなので、一般的な導電ゴムや導電繊維のペン先に比べて、感圧式用のスタイラスと同じような感覚が実にキモチよろしい。
 また、ペン先を画面に触れさせた時の『トン』という固めの感触が不安になりますが、このディスクのおかげで先端の衝撃はある程度分散されているのかも。

c0004568_2313435.png

取り外したキャップはおしりに装着可能


c0004568_2237511.png

 "Jot"自体の重量は若干重めで、ディスクを下にして立たせることも可能。意味ないけど。

 ペンを持った時の重心は、半分より少し前。ディスクの摩擦係数が低いこともあって、スルスルとペン先が動く・・・んですが、烏丸のiPadにはノングレアのフィルターが貼り付け済み。なのでこの"スルスル度"は環境差が出るカモ。

c0004568_23123015.png

 また、接触面自体は"指先よりも若干狭い"ので、ゲームなんかだとゲーム側のチューニング次第っぽい。"レイフォース"ですとこの"Jot"での操作が実に快適。どーもタッチされている部分が狭いほうが良いようにゲーム側で調整されているご様子。


c0004568_2322031.png

パズル&ドラゴンズ

 対して、先日のCEDEC2012で最優秀賞を受賞した、べらぼうに面白いこの"パズドラ"なんかですと、"Jot"で操作するよりも指先で操作する方が向いているよう。逆に"Jot"で操作するとペン先にちょっと力を入れないといけないようで、操作したいパズルブロックからペンが離れてしまって実に残念な感じになることも。


c0004568_22511763.png

ZenBrush

 ペン型スタイラスならば、このテのアプリを操作したくなるのは必然、ってんで"ZenBrush"なる毛筆お絵かきアプリ。
c0004568_23101212.jpg

 なんですが、Jot自体が筆圧検知式では無いので、単純にタッチしている時間で強弱が出ちゃう。もちろん指先よりは圧倒的に自然な書き心地ではあるものの、こーなると筆圧検知が欲しくなる感じー。

 "Jot"自体は実に申し分ない!
 んですがやっぱりゲームやらアプリによって得手不得手があるようで、そのあたりはゲームパッドやらジョイスティックなんかと同様。導電ゴムや導電繊維特有の「タッチパネルとの擦れ音」も無いし、なんと言ってもちょっと高級な重量感とスラスラ感。ものっそいおすすめしたい逸品・・・ですが、お値段は2,000円後半とそこそこ。ボールペンやら万年筆と"2 in 1"みたいになってればお値頃感を感じることができそう、なんですけどもねぃ。うん、とりあえずいろんな人におすすめしたい逸品であります。


 デザイン  ★★★★☆ ストラップなりポケットホルダーなりが欲しい 
 操作性   ★★★★☆ レイフォースに限れば★5
 備考    後述
 参考URL メーカーHP(グリップ付きの"Pro"も有りますぞー)

 ああ"レイフォース"が外付けのコントローラに対応してくれさえすれば・・・って当初は考えていたんですが、指先操作からこの"Jot"に変更しただけでゲーム性が大幅に変わるほどの快適さ。というか、縦横シューティングに限れば、ヘタに左下にバーチャルパッドを配置するくらいならレイフォースの様なUIのがシューター人口増えるんじゃ・・・

 とか思ったんですが、弾幕シューなら難易度は下がりすぎるし、スピードアップアイテムが無意味になるしでバランス崩壊するかもなんよねー。うーん。
by karasuma_usb | 2012-09-09 23:14 | コントローラ

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31