究極タイガーの黄色が、要る子に。

家庭用に移植するにあたってアーケード基板では発生する処理落ちを再現するのに大変だった。

みたいな話を先日某C社の方に、お酒の席で伺って「ああ、なるほど据え置きの性能が高いもんね今時ー」と膝を叩いたんですが、なんかこう、完全移植で当たり前、完全移植どころか家庭用にプラスアルファして当たり前、ちょっとでも移植度が低いだけで叩くユーザーがいる時代に一抹の寂しさみたいのを感じるんですがどうかしら。 昔は作り手の「がんばり」が見え隠れする移植って興奮したもんねぇ。あとなんだろう、開発者に対する尊敬みたいなものがあったと思うんよねぇ消費者に。

と、いう流れから思い立ちまして、

c0004568_1852132.jpg

悲惨な移植の代表例として名高い「究極タイガー(CBSソニー)」のファミコン版を起動してみたり。 (いや悲惨さでいうとPCE版と露骨に比較されるメガドライブ版がそうとうアレらしいんですが生憎手元に無く)

移植請負業、だと昔から職人集団がいたんですが、職人集団だったかどうかは別として本作の開発を請け負ったのはマイクロニクスとか。あー、マイクロニクスかーって社名ばっかり独り歩きしてるんですが、
c0004568_18563728.jpg

本作については究極タイガーの「いらない子」こと黄色装備がホーミング性能になってたりして妙に活躍するのが、割りと好きだったり。実際、同タイトルの定番武装の青の弾数が大幅に減ってまして、連射速度不足とあいまって赤も微妙※。おそらく移植するにあたって、「そのままはどーかんがえても無理」だったからどーにかしよう→よし黄色を使えるように→あとついでに無敵アイテム追加、とかなんでしょうけどもー。(※緑の存在を忘れてました)

ところでこのタイトルって当時烏丸のまわりではリアルタイムに手を出してた人がいなかったんですが、やっぱりあれですかねPCEを買ってもらえないコドモたちに向けて究極タイガー出してあげなーみたいなCBSソニーの中の人の優しさだったのかしらん。
by karasuma_usb | 2013-12-15 19:14 | 烏丸の壷

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31