変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【レビュー】TigerEX PC-64

 今年の社員旅行は不参加。烏丸です。

 つい先日までの地獄のような暑さとはうって変わって、昨日あたりから、秋らしい陽気になってきて心地よい感じ。まさにジャンク屋巡りをするのによい季節。いわばジャンクシーズン到来。しかも烏丸と来たら、明日より9連休に突入しちゃうので、さっそくそのシーズンを堪能しちゃいたい気持ちなのであります。

 さて冒頭に書きましたとおり、烏丸がその身を置く会社では、毎年社員旅行が催されるんですな。(中小企業だから出来ることなんでしょうけども) ところが今年の旅行先がなんとグァム。烏丸としては香港あたりでダメなコントローラを探し回るような旅を所望していたのでこれは残念。
 実は烏丸、海が嫌いです。正確に言うと海で泳ぐのがキライ。理由はしょっぱいから。あれが真水なら問題ないのですが、肌に張り付く塩分がどーも苦手で。これまで社員旅行で訪れたオーストラリアなんかでは、海で泳ぐ以外にも観光の選択肢があったのですが、グァムじゃなあ。 と、いうコトで今回はパスなんですな。

 海外旅行での海、なんて申しますとそれはもう国内の海とは比較にならないくらい澄んだ水。アクアブルー。マリンブルー。そしてボンダイブルー。
 デザイナーの郷里の近くの海の色に見立てたという半透明のカラーリング。キュートなデザイン。そしてリーズナブルな値段。それまでコンピュータに触れたことの無い人たちの心を鷲づかみにしちゃった初代「iMac」。 発売後、各社より我も続けと言わんばかりに似たようなコンセプトのコンピュータがわんさで出回っては裁判沙汰になったのも記憶に新しいところです。同じように周辺機器でも中小企業を中心に「トランスルーセント」カラーの製品が大量投入されたんですな。今回はそんな中でも「iMacにピッタリ♪」を標榜するコントローラを大紹介。








 はいこれ。
c0004568_14354546.jpg

 いかにもピッタリ。を、狙ったつもりなんでしょうけども・・・
 カラーリングはとりあえず全体的に半透明なところは置いといて、カラーリングはiMacのリビジョンC(Rev.C)、いわゆる5色imac発売移行に生産された製品なんでしょうな。
 って、ホントにそうなのかとメーカーのサイトを覗いてみると・・・


c0004568_143620100.jpg

 「Imac Color」とありますな。
 なるほどiMac人気をあてこんで発売されたってことが分かる・・・分かるんですけれどもなんですかねこのヘンテコなデザイン。烏丸の初見では、パックマンのモンスタなんですけれども。

 さて用意されているインターフェースがこれまた面白い。というのはこのコントローラ。明示的に方向キーとして持っているのは、プレステのデュアルショックライクなアナログ1個のみ。右上にあるのはハットスイッチなんですな。デジタルな方向キーを廃してアナログ一本に絞るってのはなかなか豪快な感じ。このメーカー・・・案外ヤり手?
 実際、このアナログはプレステのそれと同じ感覚。しかもコントローラ自体がセガのマルコンよろしく大柄なため、絶妙なホールド感に。意外や意外、この組み合わせは実にイイですよ?

 そしてボタン。こちらもiMacの5色をイメージしたんだか、とてもカラフル。なんですが、イメージ元となったiMacのカラーバリエーションとなーんか違う。黄色はともかく、果汁たっぷりなグレープ味のグミみたいなボタンはどーにかならなかったんでしょうか。っていうか右端の2ボタンだけ同一色ってことは、あくまでも4ボタンを意識したデザインってことなのかしら?
 
 とりあえず押し心地はいたって「普通」。この「普通」って言葉は現代の日本語表現の中ではどーとでも捉えることが出来るので好きではないんですが(あ、「微妙」もそうですな)、ELECOMやらサンワサプライのコントローラと同等と思ってくださって構いません。とか言うとスゴク印象が悪くなるのが不思議ですなw

 あ、そうそうマルコンの話が出ましたが、この製品もマルコンやらドリキャスコントローラと同じく、背面にトリガー型のボタンも完備しております。
c0004568_1437325.jpg

 こちらはクリック感があってナカナカ。
 でもこれを"elegant"と自画自賛するのは如何な物か。
c0004568_144255.jpg


 さて残すところは前述のハットスイッチですが、これがなんともイマイチな位置に配置されてまして。
c0004568_14372595.jpg

 どーもハットスイッチと6ボタンを使い分けるとなると、右手の握り位置としては両方の間に置かないといけない。ハットスイッチは親指の先端で扱うとして、6ボタンを全体的に使う場合は握りを逐一動かさないといけないんですな。これはなんかどーにも。

 まあハットスイッチを使うゲーム自体が少数派ってのもありますけども、ならばいっそハットスイッチではなく普通のデジタル方向キーをアナログの右下とかに配置してくれた方が良かったカナーなんて。メーカーサイトのプロダクトからこの製品情報を見ると、カテゴリ的にはジョイスティック扱いみたいですからね。やはりフライトシムを意識したってことなんでしょうな。

 案外耳慣れないメーカーですが、デザインはともかくとして烏丸としては「良いコントローラ」ってのが感想です。いや烏丸が「良い」なんて言っても世間一般の「良い」とは若干ズレている予感が。

 デザイン  ★★☆☆☆
 操作性   ★★★★☆
 備考    実はELECOMにOEMしてますな(後述)
 参考URL http://www.tigerex.com.tw/


 メーカーサイトをご覧いただければ分かりますとおり、どーもPCやらPDAのインターフェースを中心に扱っているメーカーのご様子。で、どうやらELECOMにOEM供給してるよーなのですが、これがまた悪評高い例のアレ。

c0004568_14381275.jpg

 こっちがTigerEX(si-3)。



c0004568_14383849.jpg

 こっちがELECOM(JC-U609)。

 つまりTigerEXも、諸悪の根源の一つだったんだよ・・・


 な、なんだってー!!(AA略
by karasuma_usb | 2005-09-16 14:42 | コントローラ