【レビュー】Belkin Nostromo SpeedPad n52

神の左手
 パソコンのゲームというのは、とかく使用するキーが多い。インターフェースがこなれていない、と言えばソコまで。あきらめてマウスとキーボードを併用するしかないわけです。もちろんゲームパッドやジョイスティックなどのコントローラにキーアサインをしてプレイすることもできますが、まず「マウスありき」な操作を求められちゃうとプレステのようなアナログスティックではちょっと・・・。
 そこでマウスはマウスで使用するとして、左手の担当する領分の負荷を減らすためのデバイス、というカテゴリがあります。 そのカテゴリに燦然と輝くのがこのコントローラ。

c0004568_16474222.jpg


 写真を見て一発で左手の置き方が分かるでしょうか?(横から見た写真なんですけど) 上部に位置する2×5+4のキーが人差し指から小指までの担当分、さらに人差し指でスクロールホイール、親指はオレンジ色のトリガー風ボタンと8方向のカーソルキー、その下の長方形のボタン。

 おなかいっぱいです。

 いやあ、個人的には最高にお気に入りなんですけどね、これ。烏丸はスクウェアエニックスが運営している「JunkMetal」でメインに使用していました。本来W、A、S、Dに割り振られている前後左右の動きと旋回、ジャンプとブースト等を2×4+4のキーに、ウエポンの切り替えをカーソルキーの上下にアサインしておいたのですが・・・これがかなり快適でした。 その他にもゲーム中に使うファンクションキーをアサインしておいたので、本当にキーボード要らずで。 いや、チャットの時にはキーボード使いますけどね。 残念なのは「JunkMetal」自体がつまんないこと。・・・いやこれはまた別の機会に。
 また、「Diablo2」で満遍なく使うキーボードのキーもほとんど割り振り可能です。とっさに使いたいポーションとスキルを自由自在に切り替えられるので、これもかなり快適。むしろキーボードがいらなくなるかも。(いや烏丸はチャット相手がいないからかもしれませんが・・・)
 誉めてばかりだとこのブログの趣旨に反するような気もするので、欠点というか気になる点を。 まず2×5+4のキーの感触が悪い。おそらく炭素スイッチ(メンブレン方式)のキーボードと同じなのですが、押した時にクリック感があんまり無い。メカニカルスイッチに改造したい気持ちになります(難しいでしょうけど)。さらにキー上にプリントされた文字がモロい。ただ転写しただけなのか、やたらに消えます。半年弱使用しましたが、使用頻度の高いキーだけプリントがハゲてます。 あとBelkin社の製品全体に言えるコトなのかもしれませんが、全体的に部品が安い。まあ値段相応なんでしょうが。(参考価格は国内だと5000円前後、海外通販で、30USドルといったところ)

 お、イイ感じに長所と短所が紹介できて気分がいいです。

 デザイン ★★★★☆
 操作性  ★★★★☆
 備考   あ、プロファイルエディタが使いづらいです・・・

 国内だと秋葉原のドスパラにまだ売っているようです。チェケラ!
by karasuma_usb | 2004-12-06 16:47 | コントローラ

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30