世界初のシューティングゲーム開発者が亡くなる。

 世界初。なんとも甘美な響きではありますが、世界初のシューティングゲームの開発者、アラン・コトック氏が亡くなったとのこと。(→ソース)

 World Wide Web Consortium(W3C)の副会長であったアラン・コトック氏が5月26日に心臓発作で亡くなっていたことが明らかになった。享年64歳。コトック氏は世界初のコンピュータシューティングゲームとされている「Spacewar」を共同開発した功績で知られている(Wikipediaのバイオグラフィー)。

 Spacewarは1962年にDigital Equipment(DEC)の世界初のミニコン、PDP-1上で稼働した対戦型シューティングゲーム(Wikipediaの解説)。Spacewarはゲームコントローラとしてジョイスティックを初めて採用したことでも知られる。同氏はPDP-1主要開発者の1人で、その後、PDP-10シリーズのチーフアーキテクトとなった。


 申し訳ありませんが、烏丸ったらこのアラン・コトック氏も世界初のシューティングゲーム「SpaceWar」も存じ上げなかったり。しかし世界初のシューティングゲームを開発、ってコトに関しては右も左も分からないものの、敬意を払って止まないワケであります。
 とにかく気になるのは、「ジョイスティックを初めて採用」って点。で、上記の氏のバイオグラフィーのリンク先にあるジョイスティックの画像がなんともステキ。
c0004568_11373812.jpg

 最初期のジョイスティックは2軸がラジコンのプロポの様に分離していたんですなあ。っていうか、なんで手書きイラスト? 現物が現存しているのか激しく気になります。現物はスミソニアンとかに秘蔵されているのかしらん?
by karasuma_usb | 2006-06-07 11:42 | 烏丸の壷

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31