【レビュー】BLAZE Cyber G Joypad

多機能とシンプルの中間
 アナログだの振動だのフォースフィードバックだの、最近のコントローラはとにかく、多機能が当然のようになってます。 しかしながらゲームによってはボタンの数が多すぎても使わないこともありますよね。 そーなってくると「原点回帰」というかシンプルなコントローラがポツポツと出てくるのが自然です。 現に、当ブログで紹介した中にはデジタル方向キーとボタンだけのシンプルなモノも紹介いたしました。(シンプルと言えばサターンパッドUSB版なんかも人気のようです。烏丸はまだ買ってませんが)
 で、今回はその「多機能」と「シンプル」の中庸を選択したコントローラを紹介いたします。

c0004568_1851724.jpg


 シルエットはいたってシンプルなこのコントローラ。大きさは初代ファミコンのコントローラが若干厚くなった程度でしょうか。ボタンは番号が振られていることから分かりますが、一般的なUSB10ボタンになります。 注目すべきは方向キー。なんか変ですね。実はコレ、アナログです。最近のいわゆる「普通の」コントローラはアナログとデジタルの2本立てで来るんですが、この製品は何を思ったか方向キーだけ、アナログオンリー。
 感触はプレステのアナログスティックの「スティック」無しといった感じ。ゴム製ですが油断していると指が滑ってニュートラルに強制的に戻ります。その為ちょっとリラックスした感じに、フラットな半球の頂点を指先でぐにぐにするような・・・淫猥ですね。
 さてアナログ方向キーオンリーのコントローラにあったゲームですが・・・烏丸大弱り。 例えばフライトシムなんかですとアナログ入力が一個だと足りません。 この方向キー、ゲームによってはアナログではなくデジタル入力として認識させることも出来るのですが、そーなってくると振幅が大きすぎてエラい疲れるんですよ・・・なにしろアナログでの最大値まで半球を動かさないと押されたことにならないので。
 振幅が大きいので、例えば2Dシューティングゲームだと弾除けの微調整が激しく難しいです。烏丸の大のお気に入り「レイヤーセクション」で試しましたが、ロックオンレーザー撃ちもらしまくり・・・orz 同じく烏丸の大好きな「スーパーストリートファイター2X」なんかですと波動拳の入力は下からグリっと右なのでナントカいけるんですが、昇龍拳は精確なナナメ入力が出来ず。(何故かザンギエフのスクリューは一発認識でしたがw)同じくガードの使い分けも難儀させられます。
 アナログ方向キーでのデジタル入力は、要は「慣れ」の範囲です。 その昔、烏丸はサターン版の「KOF97」のデバッガをしていた時、サターンのミッションスティックでコマンド入力できましたし・・・(ファミ通のクロスレビューの「ファンなら」という落とし文句みたいで恐縮です)

 とりあえずこのコントローラに向いてるゲームは? という纏めですが・・・アナログが方向キーのみってことでアクセル/ブレーキにアナログを要求するレースゲームはキビシイですし・・・「ウルトラ電流イライラ棒(ニンテンドーロクヨン)とかでしょうか。・・・確実にイライラできますヨ? あ、「魚ポコ」とかいいかも。レバー一本ですしね、あれ。

 デザイン ★★★☆☆
 操作性  ★★☆☆☆
 備考   このコントローラが向いているジャンルが分からない
 参考URL 中文レビュー

 写真うつりが悪いですね・・・後日再アップしますゆえ。
 麿はミヤビなお子様ゆえ。
by karasuma_usb | 2004-12-13 18:07 | コントローラ

変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30