変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:烏丸の壷( 1036 )

 昨年末~年始にかけて家族連れでファミコン屋を巡回。 ・・・って、いつもの休日の過ごし方みたいな年末年始だったんですが、やっぱりあれですかね大人になってからヨソの家庭とは著しく異なっていた事に気づいて驚いたりするんだろうかウチの子。

 まぁいいや。

 流石に郊外型のファミコン店でも、8bit世代のゲームを置いてあるお店が減っておりまして、徐々に守備範囲が遠方になっている感じ。 なんですが、まぁ単車で往復2時間? とかになると、何も買わずに帰るのもなぁ、ってんで


c0004568_21282663.png

c0004568_21285174.png

 なんとなしに購入した"デッドフォックス※"がえっらい面白かったので、一筆。(※タイトル画面に『人間兵器』とかあるんですが、パッケージには記載ないんよね。何かひっかかったのかしら)

 このゲームの存在自体は発売当時(1990年)から知ってたんですが、ナムコの"ローリングサンダー(AC:1986、FC:1989)"好きからすると、豪快に"パ○った"ようにしか見えない本作は華麗にスルー。 んで今遊んでみて実にパターン構築が楽しく、かつオマージュ元のローリングサンダーで『こうだったらいいのにィ』みたいな所がかなり改善されている良作だと、発見。
 いあー、他人の食わず嫌いについては常々叱責するような烏丸なんですが、猛省・・・!

 ところで、本作に限らず"ローリングサンダー"に感化された作品は80年代末期から90年代初頭に散見されまして、『リアル頭身の自機キャラを操作する横スクロールアクション』としてテンプレ化されてたんだなぁ、という振り返り。



"ローリングサンダー"(ナムコ 1986)



"忍 -SHINOBI-"(セガ 1987)



"人間兵器デッドフォックス"(カプコン/ステイタス 1990)


 近接攻撃にボム、ボス戦にボーナスステージという豪華アレンジに加えて輸出を意識したゲームデザインが素敵な"忍 -SHINOBI"、おそらく作り手がオマージュ元の気に入らない点をアレンジした"人間兵器デッドフォックス"、そして


"サプライズアタック"(コナミ 1990)"


 ステージ間に用意された唐突な『宇宙クイズ』の奔放すぎるゲームデザインの"サプライズアタック"・・・最後のはともかく、今日日遊んでみてパターン構築の面白みを再確認させられたりして嗚呼、自分の好きなゲームってこーいうのかもなぁ、なんて。
by karasuma_usb | 2014-01-20 21:52 | 烏丸の壷
外国、特にアングロサクソン方面から言わせると、日本のゲームというか創作物に登場する男性ってば実に女性的だそーでイヤがられる傾向にあるとか。個人的にも『ますらお > たおやめ』、烏丸です。

なんかもー年頭の挨拶をするよりも先に、本業の方が営業開始になっておりまして、あー短い休みだったっつーか何だろう、ほんとにファミコン屋回りくらいしかしてなかったなぁ、って普段の休日とおんなじ過ごし方だったんですが2013→2014の年末年始。

さておき、最近はコントローラの整理はスッカリ諦めることにしまして、ひとまず積んだゲームの消化作業に。つっても、同時進行で先に述べましたように

 ファミコン屋巡回 → 大購入 → 積載

の他、

 オークション閲覧 → 大落札 → 積載

という崩すよりも早い積載フローが完全構築されていて遅々として進んでないんですが。

で、本日話題にしたいのは、"オークション閲覧"中に発見した『インドネシア産・魂斗羅』が想像を絶していた件について。

c0004568_17301072.png

『インドネシア産 魂斗羅』

何故に、キンタ○ン。
いや流石に伏せ字なのは烏丸もいい年だったりするからなんですが、ナチュラルなのか狙っているのか不明、なれども壮絶なインパクトなのは確か。いあー、外人って魂斗羅好きよねーって思ってたましたが、ヒドイ愛情表現ね、っつー。

NESといえばアジア方面にも正式販売しているはずなんですが、兎にも角にも"xxx in 1"は愚か、勝手移植の宝庫。最近は媒体のプロテクトやオンライン認証などのメーカー対策がしっかりしてきましたが、20年くらい前? の現地の混沌を垣間見れて実に貴重な感じ。いらないけど。

ところで同じ類似の出品物で、

c0004568_1731958.png

ウルトラマンの画像をあしらった『ロボコップ』とかあってこちらも熱い。っていうかウルトラマンはロボットでもないし警官でも無いわけで(キン○マンも『やつら・・・許さん』とか言わないけど)、っていうか"ウルトラマン"の文字列がいい感じに見切れてて『トラマン』になってる点も注目したいところですね。

っていうか、"トラマン"の方を魂斗羅のラベルにしておけば、"トラ"の部分で一致したのにー、とか思ったんですが、ともあれこの手のものを集め始めたら大変だろうなぁ、とか締めつつ

本年もよろしくお願い致します。
by karasuma_usb | 2014-01-06 19:30 | 烏丸の壷
 先日の『3Dアフターバーナー』の完成度が凄すぎて、知り合いの某大手経営コンサルファームの方が興奮のあまり脱サラして地方にゲーセンを開業する。

 とかいう全くもって意味の分からない夢を見た。烏丸です。しかし変な夢だったなぁ。夢って記憶の再整理、とからしいんですがダメなリレー小説みたいになってたんですけれども。

 さて話を現実に戻しまして、『次は! 次こそはサンダーブレードを!』と各方面でツブやかれている3DS移植要望。烏丸も同じ気持でおりまして、来年の春先にはリリースが出る勝手予想の元に、


c0004568_12535833.png

c0004568_12541310.png

7,200円。いいお値段

 何故かPCE版で予行演習。
 いやそこはメガドラ版だろう、というのも確かにそうなんですが、PCエンジン版はPCエンジン版で、拡縮はしないもののSTAGE1の2Dシーンに頑張りが感じられたりして、やるなNECアベニュー、って感心できる逸品なんであります。(同じPCE版のファンタジーゾーンのようなBGM事故もなく)


 んで予行演習してて気づいたんですが、本質的に「移植されたサンダーブレードが面白いと感じた経験が無い」という事に気づいた件。なんかこう、祈願とか言っといてアレなんですが、やっぱり『サンダーブレードは手動ムービングするあの筐体で』、というのは置いとくとして、真上からビル街を見下ろして自由に拡大縮小させる陰嚢収縮感がなければダメかも、という。 果たしてその辺りが、3DSの『覗き込み』スタイルで再現できるのかどうか・・・みたいなねー。

 つっても、出たら出たで買うんですけどね、『3Dサンダーブレード』

 だからがんばれエムツー。
by karasuma_usb | 2013-12-25 13:30 | 烏丸の壷
出るだろう出るだろう、と思いながら待ちわびておりました。左様、

c0004568_1832106.png

3DアフターバーナーII

今夏の"3DギャラクシーフォースII"の時の技術的な凄さ、というかエムツーの執念のようなものに興奮しつつ畏敬の念を抱いちゃったりしたんですが、個人的に足繁く通ったのはこの"アフターバーナー"だったわけで感慨もひとしお。

ゲーム自体の完成度だとかプレイ感については、他のニュースサイトやらレビューにお任せするとして、ともあれ同世代の方にはもちろん、アフターバーナー自体を未プレイの方にも本体ごと購入して欲しい逸品なんであります。


で、あれだ対応してるんですね拡張スライドパッドに。

c0004568_18284422.png

いあー、"3DS LL"単体でも結構なサイズなんですが、あれがゲームギアとかLynxと比較すれば小さく感じることが出来・・・いやどうだろう。

っていうか、

c0004568_182935.png

このゴテゴテ感、実にSEGA的なんよねー当時のー。
その点も踏まえて拡張スライドパッドLLごと購入してね、という。
by karasuma_usb | 2013-12-19 19:27 | 烏丸の壷
家庭用に移植するにあたってアーケード基板では発生する処理落ちを再現するのに大変だった。

みたいな話を先日某C社の方に、お酒の席で伺って「ああ、なるほど据え置きの性能が高いもんね今時ー」と膝を叩いたんですが、なんかこう、完全移植で当たり前、完全移植どころか家庭用にプラスアルファして当たり前、ちょっとでも移植度が低いだけで叩くユーザーがいる時代に一抹の寂しさみたいのを感じるんですがどうかしら。 昔は作り手の「がんばり」が見え隠れする移植って興奮したもんねぇ。あとなんだろう、開発者に対する尊敬みたいなものがあったと思うんよねぇ消費者に。

と、いう流れから思い立ちまして、

c0004568_1852132.jpg

悲惨な移植の代表例として名高い「究極タイガー(CBSソニー)」のファミコン版を起動してみたり。 (いや悲惨さでいうとPCE版と露骨に比較されるメガドライブ版がそうとうアレらしいんですが生憎手元に無く)

移植請負業、だと昔から職人集団がいたんですが、職人集団だったかどうかは別として本作の開発を請け負ったのはマイクロニクスとか。あー、マイクロニクスかーって社名ばっかり独り歩きしてるんですが、
c0004568_18563728.jpg

本作については究極タイガーの「いらない子」こと黄色装備がホーミング性能になってたりして妙に活躍するのが、割りと好きだったり。実際、同タイトルの定番武装の青の弾数が大幅に減ってまして、連射速度不足とあいまって赤も微妙※。おそらく移植するにあたって、「そのままはどーかんがえても無理」だったからどーにかしよう→よし黄色を使えるように→あとついでに無敵アイテム追加、とかなんでしょうけどもー。(※緑の存在を忘れてました)

ところでこのタイトルって当時烏丸のまわりではリアルタイムに手を出してた人がいなかったんですが、やっぱりあれですかねPCEを買ってもらえないコドモたちに向けて究極タイガー出してあげなーみたいなCBSソニーの中の人の優しさだったのかしらん。
by karasuma_usb | 2013-12-15 19:14 | 烏丸の壷
 ちぃともクリア出来る気配がない"LA-MULANA"をちょっとお休みして、他のWiiWareなりに浮気せん。

 そう思いまして久々に"Wiiショッピングチャンネル"を開いてみたらば・・・


c0004568_20444835.png

 アラヤダ、NeoGeoの非格闘ゲーム系では名作と呼び声高い『フライングパワーディスク』が配信終了予告。なんかこう、クリスマスイブに配信終了ってアレか、クリスマスプレゼントに・・・ってプレゼントとして送りつける機能が先行して終了しているのでお子さんのWiiにダウンロードするならクリスマス当日に、ってコトなんでしょうか。



 はて、D4エンタープライズ印のVCタイトルってば他にもあるんですが、何故にフライングパワーディスクだけ? みたいな不思議なキモチ。だってほら他に終了しても影響なさそうなタイトルがいっぱいあるんじゃ ということで慌てて大購入、みたいなねー。

 しかし油断できませんなバーチャルコンソール。剣呑剣呑。

 ところで『ビューポイント』、マダー?
by karasuma_usb | 2013-12-10 20:52 | 烏丸の壷
 タイトルを書いた時点で『ああ、もぅ』みたいなキモチになったんですが、まぁお聞きなさい。

 先日のエントリで中華タブの購入の報告をしましたが、今回ご報告? するのはネットブックなんですなネットブック。もーなんか、死語。ネットブックとか。 で、実はこのネットブック自体は今年の春くらいに購入しまして、んで放置してたんですが『ブログ』という言葉が『ログ』なのであれば、自身の購買の歴史を刻んでおく必要があるのではないかと。(でも省みないのな)

 で、そのネットブックがこちら。


c0004568_21314671.png

one A110

 以前、つっても5年位前? ネットブックが大流行した時にも書いたんですが、購入したくなる条件の一つとして『英語配列』ってのがあります英語配列。で、これがまた国内のベンダーだと殆ど選択肢が無く、HPとかDellとかであれば選択は出来るんですけれども、どーもあんまり所有欲を満たしてくれないなぁ主流すぎてー、とかで手をこまねいていたところ・・・この製品をヤフオクで発見。んで落札、という。


c0004568_21384159.png

 で、到着してから型番やら何やらで調べたら、一大PCブランド、"one"のものだったという幸運。
 読者ちゃん諸兄におかれては当然ご存知ですよね"one"。何しろ有名だものー。 ・・・ナニご存じない? もーしっかりしてくださいよホントにー、っていうかこの烏丸も一向に存じ上げないんですがone。twoとか、あんのかしら。


c0004568_21394262.png

 サイズは一般的な"ネットブック"、SDカードスロットもVGAも余分なUSBも一揃い、でもちょっと厚くて重くて1.1キロくらい。メモリは512メガ、あと烏丸が落札したこの個体は30ギガのHDDが付いてました。


 なーんか、こう英語配列以外には琴線に触れる要素が全然ない感じ、と個人的にも。何しろ常用するPCはTypeP、って持ち歩くんだったらこっちのが軽いですし、ねぇ。


 んじゃ、なんで購入したのかっつーと、


c0004568_2141184.png

 液晶サイズがこの、有り様。
 解像度が800x600、なのは初期のネットブックとして許容範囲として、何しろ液晶のサイズ自体がとにかく小さいっつー。そしてVIA。何しろCPUが"VIA C7-M"。GPUは"S3 VX800"、つまりUnichrome9、という完全に傍流。ああもう、こーいうのが欲しかったっつーねー。


 んで、積んでるんですけどね。最高に好きな傍流構成、んでも用途は無い、という。しかしネットブックってホント気の毒な存在でしたよねぇ今思えば。その後に続いたウルトラブックとかも、そうですけど。


 はい、2,000円から。(唐突)
by karasuma_usb | 2013-12-05 21:45 | 烏丸の壷
 昨年に『倒し方』発言で有名なG社のクローズドイベントにて、うっかり"iPad3"を入手してしまったがために急速に薄れていたAndroidタブレット熱。 だったんですが、iPad3の重さに本誌記者の腕も昇天寸前、と相成りまして久々に頭をもたげたんですなAndroidタブレット熱が。

 で、以前より気にはなっていた所謂"中華タブレット"にいよいよ、というキモチに。しかしながらそれなりのメーカーなのかそれとも山寨機なのか判別がつきづらいこともあって、ろくすっぽリサーチしてなかったのもありまして・・・

c0004568_18414969.jpg

 先日訪れた秋葉原にて、サイズと価格だけでとりあえず大購入。
 したのがこちらの"Sigo V200.Smart"。お値段5,780円? とか。 液晶のサイズは5インチで5点マルチタッチ、重量180グラムと大変軽量。文庫本より小さいサイズに『おお、これは』という。しかし素敵な名前だよね死後。涅槃で待つ、みたいな。

 ともあれ用途、についてはあんまり考えずに挑んだものの、サイズが小さすぎる上に液晶とガワの高さがありすぎて隅っこに配置されたアイコンを押下しづらい、とかそもそもタッチセンサの解像度が低いらしくってタッチ~フリックなどの動作がギコチないなどなど、なんか・・・こう・・・つっても6,000円ですしねぇ。あんまり文句言うのもなぁ、と思いはするものの、

 Windows8ライクなホーム画面のUIはおろか、Android吊るしの設定画面のスクロールですら、そのギコチなさを猛烈に体感できて結構げんなり。油断してると変なところのチェックボックスをチェックしちゃって変な設定になったりしてーとか。なんかねー、マウスで操作したいとか思い始めた。

c0004568_18423529.jpg

 で、BlueToothのマウスでもー、とか思ったらBlueToothのドングルが搭載されていない・・・という・・・。じゃあってんでUSBマウスでも挿そうと思ったら、USBホスト機能も非搭載、で手持ちのUSBホストケーブルを挿そうと思ったら今どき珍しいMini-B端子だしで、なんかこう5,000というお値段だけでは許容できない要素が、もうね。(とりあえずMini-B端子のホストケーブル買い直したけど)

 こう考えると、使い道に困るガジェットが1コ追加されただけであって、まーたカバンの中を逼迫するだけなのかなぁ、みたいなねー。軽いのが取り柄、くらい? なんかこう、まーた無駄な買い物だったかなぁ、とか思ってたんですが、


c0004568_18432874.jpg

 神々しいロゴを入れたら急激に所有欲が満たされる不思議。

メーカー製品ページ
by karasuma_usb | 2013-12-01 18:45 | 烏丸の壷
 『ああ、あの時購入しておけば』

 という経験値においては類まれな高さを誇る小生なんですが、諸君らの経験値としてはどんな具合? などと基準値のない背比べを挑んだりして。烏丸です。

 さて本日の『ああ、あの時~』の話題がこちら。

c0004568_10132826.jpg

 ご存知でしょうか、『メンクリ』
 ご覧のとおり、ゲームセンターにおいてある風の椅子に、ジョイスティックを設置する機能を追加したという大変先進的なファニチャー、っていうか家具店なんかでは見かけるんだけど口には出さない単語だよねファニチャー。ともあれ、この先進的な製品をベーマガの広告で見かけたのが80年代末ごろ。何しろ椅子ごときに8,000円を出す度胸が無かった若かりし頃なわけで、広告で見て「おお」とは思ったものの・・・結局現物を拝む機会もなく。

 で、今になって猛烈に、欲しまっている・・・という・・・!

 んですが、発売元=開発元らしく、この"アイアンクラフト"社の住所が実にアパートの一室チックで趣があるっていうか現存していない模様。

c0004568_10174087.png

 ちなみにGoogleMapから、"アイアンクラフト"社の住所を見るとこんな。
現地の様子をストリートビューで伺うことが出来ないので想像なんですが、やっぱりあれですかね鉄工所みたいなところで溶接してヒトツヒトツ手作り、だったりしたんでしょうか。そう考えると工業高校なりに進学して溶接スキルを磨いておけばーとか今からでも磨けるのかしら溶接技術~みたいな。


 これだけ見ると簡単そうに、見えるし。

 で、溶接云々は置いといて『欲しまっている』とかいう話をTwitterにて独り言ちておりますと、某電波系新聞社、方面から期待高まる電波を受信・・・したので、ひょっとしたら来年とかに現代風に製品化されるかもしれません。

 っていうか、流石に"XAC-1"を自宅に置くのはちょっと・・・的な層はラビットハッチと揶揄される日本式家屋にお住まいの方のご意見として大勢を占めるワケで、アケステ全盛の今まさに望まれる製品だよねメンクリ。名前がかなり、アレだけど。

 ということで同じ志を持った皆さんに置かれましては、祈願成就のためにTwitterで各位独り言ちる様に。
by karasuma_usb | 2013-11-23 10:20 | 烏丸の壷
 なんとなーくゲームボーイのタイトルを集め始めて20年くらい? ついぞ現物を拝んだことがなくその存在も忘れていたんですがご存知でしょうか、

c0004568_2029748.jpg

"相撲ファイター 東海道場所(I'Max 1991)"

 相撲ファイターを。
 "相撲"を題材にしたタイトルだと烏丸の世代だと"あっぱれ大相撲(テクモ)"が順当、そして外すわけにはいかないのがメガドラの"ああ播磨灘"という相撲でありながらジャンプはするは空中戦はあるは播磨灘体操はあるわの大騒ぎ、あたりがゲーム人生で出会った"相撲"なんですが、この"相撲ファイター"もいい感じに相撲の本質を大事にしてまして、


 さらわれた恋人を追って東海道を舞台に通行人をちぎっては投げちぎっては投げ、という横スクロールアクションに仕上がっている、という始末。実に我々ゲームっ子が求める"相撲像"をうまく捉えているな、と。


 ところでこの"相撲ファイター"、パブリッシャは今は亡き"I'Max"、開発がこれまた今は亡き"KID"・・・って思ったら、Wikipediaによると、自己破産後に資産はサイバーフロントが継承しててびっくり。サイバーフロントはサイバーフロントで、加賀電子の傘下になったことを考えるとあれか、次は"ナグザット"ブランドで相撲ファイターが復活する可能性、とかかしら。
by karasuma_usb | 2013-09-30 20:55 | 烏丸の壷