変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0004568_22272693.jpg

こ・こ・こ・怖い!!!
by karasuma_usb | 2005-06-28 22:26 | 烏丸の壷
 常日頃より収集したコントローラやらキーボードやらの整理にトリコ仕掛けの明け暮れ。これはもはや趣味なのか義務なのか。毎日が自問自答。烏丸です。

 いやいや、烏丸は今の部屋に引っ越してきてからカレコレ2年半経つのですが、当初は床の間に盆栽なんか飾っちゃったり掛け軸ぶら下げちゃったりして、枯れた感じにしていきたいナーなんて思っていたにもかかわらず・・・何故かコントローラやらマウス・キーボードが山積み。
 冒頭に書きました通り、毎週末には整理しているワケですが、整理するよりも早く購入してるんですから片付くワケもありませんな。一月に2個~3個のペースで着々と増えつづけるインプットデバイス。 こーなってくると自らの購入本能に慄然とする他はないのですが、買っちゃうんだから仕方がない。(家庭不和が原因でスーパーで万引きしちゃったり放火しちゃったりする主婦ってこういう心境なのかしら?)

 『夫に振り向いて貰いたくてコントローラを購入。』

 女性自身の中吊りにこんな見出しが載るのも間近なのかもしれません。


 さておき。
 烏丸のどーしようもないコントローラのコレクションですが、コレクターを気取っているワケではないので割りと箱とかは捨てちゃったり。昨今流行の「ブリスターケース」なんてーと、店頭で飾ってある分には見栄えがいいのですが、いざ自宅に持ち帰ると開けにくいは燃えないゴミになるわで困りんぐ。(いや、自治体にもよると思いますが) 烏丸はコントローラをホームセンターで購入した押入れケースにポンポコ放り込んじゃうので、前述の通りブリスターケースは廃棄確定。よっぽどケースがかっこよくない限りは、なんの未練も無く捨てちゃうワケです。

 まぁ、そーは言っても全部が全部捨てちゃうワケではないので、それなりに箱が大きいものを3つも4つも押入れケースにいれちゃいますと、あっという間にケースの中がいっぱいに。 こればっかりは仕方がないと諦めてはいるんですが・・・そんな中、たまーに店先で「小さいコントローラ」なんかに出会うと嬉しくなってしまうんですな。これならしまう時に安心、と。(←すでに使わないことを前提しているという)


 そんなワケで今回のネタはこれ。
c0004568_23512338.jpg

 買っちゃおうかナ~どうしよっかナ~、なーんて悩んでいるソコのお嬢さん。いやお嬢さんの可能性は低いんでしょーけどもチョット待った。実売価格1980円と高い買い物ではありませんが、烏丸の駄文を読んでから決めても遅くはないでしょう。

 さてお嬢さん(しつこい)が悩ましい思いをしておられる原因は、このコントローラがELECOM製だから。違いますかな? まぁおよそPCでゲームをやるとなると、まず最初にPC専用のコントローラを購入するのが一般的。そーなってくると否が応にも店頭で目に付くのがELECOM製品。しかしながらこのELECOM製品、ユーザーが満足できる製品が少ないのも事実です。
 そんなもんだから、今回のように新しい製品が出ても多くの人は華麗にスルーしちゃうのが現実。ですが今回のこの「JC-U1008T」はスルーするには惜しい目玉要素が。





c0004568_2352321.jpg

 「折りたためる」

 マズい。これはマズいですよ?
 とかく日本人と言うのは小さいものを愛する民族。義務教育で古典なんかを学んだことのある聡明な読者ちゃん諸君はご存知でしょうけれども、古くは清少納言が随筆「枕草子」で「なにもなにも ちひさきものはみなうつくし(かわいい)」と書いています。烏丸もご多分に漏れず小さいものが大好き。しかもそれが折りたためるコントローラだなんて!

 てなワケで、発売日翌日に本業の合間を縫って渋谷のさくらやで大購入。(いやこの場合は小購入か?) ともあれ下手したらグーの中に入っちゃうこのコントローラをゲト。そしてインプレ開始。










 えー、折りたためます。以上。

 って、これだとあんまりなんで一応。
 方向キーに関しては可も無く不可も無く、使いづらいです。 いや、妙な言い回しになりましたけれどもこれが事実でして。折りたたみの邪魔をしないような形状を模索した結果、いわゆる「すり鉢」の底に方向キーが顔を出しているんですな。極端な事を言うと、お茶碗の底に親指だけ突っ込んでいるような。折りたたみ機能を最優先した結果、ということなんでしょーな。
 そしてボタン。こちらは良くも悪くもいつもどおりのELECOM。他の機種でも使われているよーな、先端が若干盛り上がっている例の形。コチラも方向キーと同じく、お茶碗の底配置なので押しにくいことと来たら。 ・・・まあ連射ボタンもついていますし、手連射するなっつーことなんでしょーかね。
 折りたたみというギミックを最優先にした結果なのは、よーくわかるんですが・・・・

 しかし。しかしですよ?

 肝心の折りたたみ。これがまた開いたときにロックする機能がないもんだから、ボタンいじっている間にも~、パカパカパカパカパカパカパカパカ、鬱陶しい!!
 さらにヒンジの部分のフィルムケーブルが剥き出しなもんですから、断線が心配で心配で心配で心配で、別にいいけど。
c0004568_23523974.jpg

 他にも。
 「折りたたんだ」状態の話なんですが、本体の形状はキューブ型でとてもラブリー。なのですがケーブルが接続式。
c0004568_23551469.jpg

 ここまでコンパクト形状になっちゃったらケーブルを収納しろってのが無理な話、なのはわかるのですが、企業努力が足りない。 本体の形状を大きくするとか、ケーブルを巻き取るスリットを設けるとか、最近流行のリール式ケーブルを使うとかあったと思うんですがねえ? 折りたためるってところで満足しちゃったのか、なんかこう、愛か感じられない。

 なんかELECOMのサイトに行きますとこの製品、「モバイル」と書かれているんですな。「小さい」→「折りたたみ出来る」→「モバイル」という超絶短絡思考には辟易とするんですが、確かにこのギミックだけにスポットライトを当てるならば、画期的なコントローラに違いありません。 だがしかし、この詰めの甘さ。どーにもELECOMがHORIになるには随分と時間がかかりそうですなあ・・・。

 デザイン ★★★☆☆ 折りたためる、ってだけ
 操作性  ★☆☆☆☆ パカパカパカパカ断線心配断線心配
 備考   まー記念にひとつ、って程度ですかねぇ
 参考URL メーカーサイト

 あ、そうそう。銀色は止しておいたほうがいいですよ。いつもどおり塗装がハゲます。

 は! スゴい活用方法を思いつきましたゾ!!
 
 彼女を高級レストランに連れ出して、ご飯を食べ終わって、さぁ帰ろうかって時にコレを差し出すんですわけです。 お互いが結婚を意識している時、出来れば彼女があなたからのアプローチを待っているタイミングにこそ効果アリですよ?

 「開けてごらん?」

 で、開けるとコントローラ。

「付けてごらんよシニョリーナ」

 成功した方は烏丸までご連絡ください。
by karasuma_usb | 2005-06-27 23:55 | コントローラ
http://bcnranking.jp/flash/09-00002737.html

 烏丸もトラックボール大好きッ娘。自宅ではCherryキーボードについているトラックボールを日がな一日撫でさすりまくりですよ? みんなもやってみなよ。
by karasuma_usb | 2005-06-21 21:24 | 烏丸の壷

【レビュー】namco neGcon

 最近は公私ともに安定傾向。烏丸です。

 さて拙ブログも気づけば開設からはや7ヶ月が過ぎました。って、この書き出しを何故に半年の節目にやらなかったかと申しますと、単純にそのタイミングに忙しかったからなんですが。いやはや、もー少し計画性のあるブログ進行を考えていかねばならんなあ、なんちて。 ともあれ、古今東西の駄目なコントローラをかいつまんでご紹介さしあげて来た拙ブログですが、一丁前に読者ちゃんの反響なんかを気にしちゃったりなんかして、本当に紹介したくなるよーな良いコントローラを出すのにはチョット、及び腰な烏丸であります。

 本当に紹介したい、なんてーと烏丸が「お気に入り」のコントローラであることに間違いないのですが、これがまたあんまり有名過ぎちゃうとねえ・・・そんなこんなで今回は、拙ブログをご覧になっているよーな読者ちゃんにとっては基本中の基本・・・






c0004568_0153025.jpg

 ネジコンですな。

 思い起こせばこのネジコン、発売元のナムコの紹介ページにある通り、初代が発売されたのが1995年1月1日(!) 初代プレイステーションの発売が、その前年末ですから、実はプレステのサードパーティ製コントローラの先駆け。当時の烏丸、プレステを買ったはいいものの特にやりたいゲームもなく、購入したばかりのネジコンを所在なしに弄っていた記憶があります。

 ほら、友達いませんでしたから。

 さておき、聡明なる読者ちゃん諸君に、今更ネジコンのインターフェースなんて解説するよーなコトでも無いですが・・・これも何かの儀式だと思って。左手親指担当は、いつも通りの方向キーとスタートボタン。右手の親指担当はデジタル入力のA・Bボタンと、アナログ入力のⅠ・Ⅱボタン。そして左右の人差し指にはこれまたアナログ入力のL・Rボタン、と。
 このように、純正のプレステ用コントローラよりもボタンが少ない。少ないなんていってもL・Rが各一個ずつ足りないってーだけなんですが・・・・・・減った代わりに「ネジる」動作がついているんですな。

 「ネジる」
c0004568_0165915.jpg

 これがこのネジコンの醍醐味。人によっては「ヒネる」とも言えるこの動作が、「ハンドル」の挙動を模写しているワケです。中心の軸より右側を奥にネジると右へ、手前へネジると左へハンドルを捻ったことになる、と。 ずいぶん昔に小耳にはさんだんですが、設計した方は「雑巾を絞る」動作から思いついたとか。その雑巾も雑巾冥利に尽きますなあ。

 さてさて、烏丸も最初はどーなのかナーって思いましたけども、触ってみるとこれがまた実に愉快。同時期以降に発売されたアナログ動作を可能にするデバイスのほとんどが、指先一本で操作させられる言わば「神経過敏」なものばかりだったのに対して、これは右利きの人も左利きの人も利き腕を生かしながら操作が可能。 一見、奇をてらっただけに見られがちなコントローラですが、開発者のアイデアと技術力が光ります。あんまりやりすぎると手首の軟骨が無くなりそうですが。
 そもそも、回転軸の方向が90度も異なるのにもかかわらず、これほどまでに「らしい」というか「生きた」操作感覚を生み出したってのは・・・烏丸は盲目的にナムコ万歳できる人間ではないのですが、このネジコンを開発したという点に関しては万歳三唱を送りながら最敬礼したい気持ち。いやいや、本当に日本人で良かった。

 で、このネジコンの発売後、割と各社から発売されるゲームにネジコン対応をうたうものが多かったこともあり、割とこのコントローラの活躍期間は大変長く、マイナーチェンジ版である「ブラックネジコン」まで発売されました。
c0004568_0181016.jpg

 実はこれも単なる色違いというだけでなく、各種ボタンの改良・グリップ感向上という改良がなされておりまして更に素敵。
c0004568_0202591.jpg

 ネジコンに対するナムコの愛を感じちゃったり・・・するのですが残念、プレステ2以降ではナムコからネジコン「そのもの」の後継機種は発売されていないんですな・・・(「ジョグコン」についてはまた、別の機会に)

 こんなことを烏丸が言うのも変なのですが、一般的に単一のゲームのためだけにコントローラを購入する人は少数派です。たとえ購入するにしても、ある程度他のゲームでも使い回せる方が消費者の気持ちとしては当然でしょう。そーいう意味ではネジコンは汎用性を見据えて作られたデバイスではありませんでしたが、その方向性をユーザー側が納得して使ってあげれば、これほど愉快なコントローラは他には存在しないと、烏丸はこの場を借りて明言しておきましょう。(あすかあきお風に)

 今更プレステ、しかもプレステ2ではなく初代のレースゲームを引っ張りだしてネジコン、ってのはこの烏丸からして回数は減りましたが、お持ちでない方/ネジコン未体験の方/ハンドルコントローラを置く場所が無い方には是非是非、ココロの底から薦めていきたい、烏丸なのです。

デザイン  ★★★★★
操作性   ★★★★☆
備考    生産終了になって大分経ちますが、嬉しいような悲しいような、案外手に入りやすい個体です。オススメは後期型(黒)
参考URL 繰り返しますが、公式。

 各社から発売されているハンドルコントローラ、烏丸も一つ所有してはおりますけれども、ペダルの位置を調整したり、背もたれのある椅子を用意したりと、『本腰入れてゲームやりますゾ感』が返って煩わしい。ネジコンの手軽さ、一度ならずとも二度三度、経験していただきたく。
by karasuma_usb | 2005-06-21 00:20 | コントローラ

烏丸とPSP。

 心なしかソニー派。It's a 烏丸です。

 半年ほど生暖かく見守ってはいたのですが、先日辛抱たまらずPSPを犬購入。違った大購入。 いやいや、各方面で話題になっていたUMD射出現象やらロボタンの件、更には液晶には付き物(憑き物?)のドット抜けなど、心配ごとについては枚挙に暇がないハードですが、あら不思議、烏丸の固体にはどの減少も再現されず。やはり日ごろの行いが良かったかしら?

 最近の日ごろの行い:「スマトラ沖地震の救援募金を募る目がロンパった新興宗教女性の呼びかけに舌打ち@渋谷」



 さておき、肝心のソフトのほうは悩んだ結果「アーマードコア・フォーミュラフロント」に決定。
c0004568_17135948.gif

 その昔プレステ2でアーマードコアの続編が出ると言う理由だけでPS2本体の購入に踏み切るほど、同シリーズが大好きだったのですが、年のせいかドンドンついていけなくなりましてな・・・今回購入した「~フォーミュラフロント」はAIの設定と武装のアセンブリだけ決めたら見ているだけという、いささか年寄り向けなシステムに共感を覚えたのは烏丸が大人になったということでしょうか?

 いやースゴいですねPSP。今更ですけど。こんだけのものが携帯機で出来るようになるなんて・・・21世紀ってすばらしい。早くレイバーシステムの方も、ひとつ。


 
by karasuma_usb | 2005-06-13 17:14 | 烏丸の壷

画像掲示板を新設。

 躁でありながら鬱。烏丸です。

 え~、2月に購入した外付けの160ギガハードディスクが、今朝方逝去されました。ああ。 過去3ヶ月分のバックアップやらブログ用の写真やらがパァ。ああ。 まあ諦めてフォーマットしなおして見ますが、最悪買いなおしですかねえ・・・

 λ....




 っていうか気を取り直して。
 画像掲示板を新設してみました。コントローラネタを災禍の中心、いやさ話題の中心とする予定ではありますが、このブログ自身マウスやらキーボードやら扱ってますからねえ・・・まあそこはやんわりと。

 ゲパ地下画像掲示板

 右のメニューからもリンクしてます故。
by karasuma_usb | 2005-06-10 12:38 | コントローラ
 新年度になって二ヶ月が経過しましたが、学生時代とは異なる生活サイクルに精神を病み始めている若人も多いことかと思います。精神を病んで42年! 烏丸でございます。

 先日、岡山の方で職務質問された中国人がバールで警官を殴りつけた上に発砲する事件がありましたが、21世紀にもなって相変わらず世紀末を感じさせる毎日でありますことよ。 中国人。 バール。 職務質問。 ・・・なんかこのキーワードでサラリーマン川柳でも書けませんかね?

 発砲なんていいますと拳銃ですが、およそ「拳銃」なんて単語を耳にすると、男子であれば正常か否かに関わらずあこがれたり血沸き肉踊りすぎてトカレフを個人輸入しちゃったりしていることでしょう。 烏丸もそれに漏れず、学生時代はエアガンやらガスガンやらでサバゲーに夢中になった時期もあったものです。今ではとても体力的にも時間的にも、かつ周囲にサバゲーをやる人間もいないので復帰することはないでしょう。だがしかし、烏丸にはFPSがある。

 『FPS』
 TOBやらGPUやらDDTやら、不明解な略語が跳梁跋扈する世の中に燦然と輝くこの単語。「First Person Shooter」と呼ばれるゲームの1ジャンルであります。烏丸のブログをご覧になっているよーなカテゴリの人には説明する必要もないのですが、有名どころだと「Doom」や「Harf-Life」などの一人称視点のシューティングゲームですな。仕事などで鬱屈した気分を晴らすには持って来い。普段は世間の目を気にして気軽に出来ない大量殺戮も思いのまま。まさに烏丸にうってつけ。

 さてこのFPS。PCゲームの1ジャンルとしては、海外におきまして売上の上位にくることも少なくないのですが、不思議なことに国内だとそうでもない。肌に合わないと言ってしまえばそれまでなのですが、やはり原因は殆どのFPSが、ハードウェアに高いスペックを要求すること、PC独自ののインターフェースをフル活用することに他ならないでしょう。
 初期のFPSはそれほど要求するスペックも高くなく、烏丸の大のお気に入りの「Doom」なんかはスーファミやらメガドラ等にも移植された実績があります。(あ、「Doom」の前身である「ウルフェンシュタイン」もスーファミに移植されてましたな) しかしながらいつのころか、FPSはPCのベンチマークにも使われるほどハイスペック要求するようになってしまいました・・・そのせいか、プレステ2が出る以前はプレステやサターンには数えるほどしかFPSが存在しないのです。

 これは惜しい。

 またスペック以外にも、前述しましたインターフェースの問題があります。初期のFPSはキーボードのみで操作するものが殆どだったのですが、ゲームの自由度が増すにつれ、キーボード+マウスが基本となってしまったのです。キーボードはともかく、そのスタイル故にコントローラ中心の操作形態を基本としているコンシューマには、マウスを要求するゲームは受け入れ難かったのかもしれません。

 これまた惜しい。

 確かに、PCではマウスで操作するFPSも、コンシューマに移植されると、照準移動などをアナログスティック等のデバイスで行なうしかありません。マウスでの緻密な操作が必要だったトコロをアナログスティック・・・これでは面白さも半減してしまいます。

 といったトコロで今回のテーマはマウス。しかもPCでFPSをやるため「だけ」に開発されたという逸品です。これは期待大。



 『なんかイヤな予感がしてきたのう』by.松尾一号生 from 男塾









c0004568_1251268.jpg

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!

・・・って、タイトルに書いちゃってますもんね。烏丸ったら。
( ´∀`)σ)∀`)

 恐らくFPS好きなら誰もが興味を示しながら購入には到らない、そんな製品がこれ、「Monster Gecko PistolMouseFPS」であります。

 いやー、どーですかこのパッケージ。今、世間に出回っているマウスの中でも、これほどまでにブリスターケースの似合うマウスは存在しないのではないでしょうか。とにかく飾って美しいマウス。まさしくコレクターズアイテム・・・って、飾ってどーする。
c0004568_1254951.jpg

c0004568_1262418.jpg

 改めてパッケージを開けてみますと、コレこの通り光学式の有線式マウス。実装されているインターフェースはメイントリガーである左クリックボタン、およびトリガー下にある右クリックボタン。そして実際のオートマチックピストルには存在しないクリック機能付のスクロールホイール。(それをいったらトリガー下のボタンも存在しないですが)

 ま~、なんとも微妙な配置ですなあ。トリガー下の右クリックはともかく、スクロールホイールの位置は正直、そもそもオートマチック型の拳銃のフォルムを踏襲していること自体に問題があったよーな。これがリボルバー型だったらさぞや美しい形状になったんじゃなかろうかと、烏丸は愚考するのですが・・・

 そもそもが「タダの3ボタンマウス」なのですから、機能面については割愛させていただくとして(w、形状についてはもう少し。 この製品、当然グリップの部分を握って操作するのですが、図体がデカい為にグリップを握った右手(左手)が地面から浮きます。これは烏丸の手が平均より小さいってことにも一因だと思うのですが、それでも操作しやすいとは言い難い。なんというか、精密な動きをするのには相当な修練が必要といいますか・・・

 実はこの操作感覚に近い製品が他にもありまして・・・コクヨが発売しておりました、「匠」という製品であります。その製品も同様に「手を浮かせて」操作するのですが、やはり同様に使いづらい。烏丸はものすごく文系の人間なので偉そうなことは言えないのですが、力点と作用点が離れすぎているってことなんでしょうか。

 烏丸のつたない文章だとニュアンスが伝わらないと思うので、読者ちゃんがお持ちのマウスでも簡単にこの使いづらさをお分かりいただく方法があります。お持ちのマウスの上に、縦向きにしたグーをお乗せいただいた状態でマウスポインターを操作していただけますか?

 選択肢.1 「激しく使いづらい」
 選択肢.2 「おお! こんなに使いやすい方法があったとは。まさに目からウロコ!」

 1.を選んだ読者ちゃん。あなたは正常です。これからも無難なマウスをチョイスするのが吉。

 2.を不覚にも選んだ読者ちゃん。ヤヴァイです。末期。来世に期待。



 さてさて。あんまりネガティブな視点でものを見つづけてもせん無き事。
 肝心のFPSでの使用感を・・・って、これがまたなんとも。前述しましたが正確な動きが出来るようになるのに、ずいぶんと時間がかかることが予想されるのですがこれについては時間が解決すると無謀な前提の元に話を進めます。

 が、当然に違和感。

 FPSは画面上の照準を上下左右にコントロールするのは周知ですが、この拳銃をムンズと握り締めて奥へ移動すると照準が上へ、手前に引くと照準が下へいっちゃうワケです。もーリアリティ? 何それ? おおよそゲームの方がリアリティを追求していればしているほど、この製品は足かせ(いや手かせか?)にしかなりません。
 さらに。
 FPSなんていいますとシューティングが基本なワケですけれども、実際のところ白兵戦用の武器を使うこともありますが、これがまた更なる違和感。「Doom」の最強兵器であるチェーンソーも、「大刀」の日本刀も、ぜーんぶ拳銃のトリガー。「Medal of Horner」の手榴弾も、「Thief」の弓矢もぜーんぶ拳銃のトリガー。FPSをやればやるほどに、この違和感はついて回るという・・・

 もー、どうにも惜しい。

 作り手のイメージと実際が乖離してるってのは入力デバイスに限らず、よくあることではありますが、これは行き過ぎている感じがしまくりですなあ。 どうやら後継機種らしい後継機種も出ていないトコロを見ると、やはり一発屋だったということなんでしょうなあ。


 やはり飾って楽しむしかないのかしら。


 デザイン  ★★★★☆ 後継機種が出るならぜひともリボルバーで。
 操作性   ★☆☆☆☆ 練習が必要なマウスって考えると非常にレア。
 備考    烏丸の購入価格は1980円ですが・・・定価は8000円くらいするんですよねえ。
 参考URL 国内代理店

 つまりマウスの代わりが出来る光線銃があればいいのですが。技術的に難しいのかしら?
by karasuma_usb | 2005-06-08 01:28 | コントローラ

京都旅行烏丸。

 毎度おおきに。烏丸ですぅ。

 さーて。先週の土曜日より烏丸、京都に行って参りました。いやー、食べた食べた。八つ橋。朝も昼も夜も八つ橋。もーまんじゅう怖い? みたいな。
c0004568_20542028.jpg

by karasuma_usb | 2005-06-06 20:54 | 烏丸の壷