変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【レビュー】Tiny JPD210

 体調の回復を見ぬままに月曜日を迎えてしまった烏丸であります。

 いやいや、なんかね、咳が止まらないんですよ実際。市販の薬を3日ばかり飲みつづけた結果、どうにか連日の微熱は下がった様子なんですけれども。うーん、プロジェクトの合間なので、休むなら今なんでしょうな。・・・明日、休んじゃおうかしら? なんかフラフラするし。

 さて、そーは行ってもせっかくの土日を隠棲していたかといいますと、さにあらず。土曜日は無理やり単車に乗ったり、後輩の結婚式の二次会、日曜日は家人のお供で吉祥寺と割りと忙しかったり。まーそんな過ごし方してるから、下がるはずの熱も下がらずに翌週に持ち越しちゃう己の愚かさ。とはいえ、日曜日の吉祥寺からの帰り道、これまたいい感じのコントローラをゲトしたので熱っぽい体をおしてご紹介させていただきたいキモチ。








 はいこれ。
c0004568_214741100.jpg

 なんかこう、ピントが合ってないのはあれだ、微熱のせい。
 ご覧の通り(?)のブーメラン型のコントローラであります。インターフェースは今日日使われることの少ないゲームポート。USBやらワイヤレス全盛のこの世の中では、敢えて使う理由が少ないデバイスではあります。
c0004568_21475254.jpg

ロゴには「Tiny」の文字。マイクロソフトのIntelliMouseのOEMで見かけた名前・・・なんだけどこれがまた身元不明。この名前から察するに小さな会社なんですかね?

 しかし筐体は実に大柄。
c0004568_2148844.jpg

 例のプレステ3のコントローラデザインよろしくブーメラン型なのは先見の明があったのかそれとも単なる思い付きなのか。グリップ部分もかなり太めで、日本人相手に商売してる会社の製品じゃないことだけはヒシヒシと感じられます。


c0004568_21482139.jpg

 そして方向キー。
 なんか独特な形。
c0004568_2149355.jpg

 この形状は他のコントローラでも見られない形ですな。上下左右を区別するガイドの役割を果たしている凹凸はあるものの、グリップの太さと筐体の大きさから比較すると、キー自体が小さめ。なんかこの部分だけ国産のコントローラ並に小さいところがアンバランスではありますが、これもデカかったらある意味、黄色人種お断りな感じですからね。

c0004568_21492030.jpg

 で、実際のところ使いやすいかっつーと、はい、普通に使いにくいです。これだけデカいグリップですと、握りのポジションを制限しますからなぁ。ニンともカンとも。


c0004568_21502369.jpg

 ついで各種ボタン類。なんか右手親指担当分の6ボタンが実に独特な形。敢えて丸型にしなかったのは全体のデザインバランスを考慮した結果なのかしら。
c0004568_21503799.jpg

 押し心地はまぁ、当り障りのない感じ。ちょっと寄りすぎなところが気になりますけれども


c0004568_21505173.jpg

 そしてLRボタン。これだけ大きな筐体ですからな。当然、左右に2個づつ配置されている、と。
c0004568_215156.jpg

 LRのポジションにあわせて大きくえぐれている背面。なかなか行き届いてて好印象。
c0004568_21512077.jpg

 小さ目のL1と多い目L2。こちらは明確なクリック感も有り、デカい割りにはドコを押しても反応する作り。なかなか好印象であります。





 さて、と。最後にコントローラ中央部にある、いわゆるセレクト/スタートボタンに指を伸ばして見ましょうか。何しろコレだけ大きなコントローラですからな。ちょっとポジションをズラして親指を・・・って。


c0004568_21514040.jpg

 あれ?
c0004568_21522556.jpg

 あれれ?
c0004568_21532786.jpg

 !?
c0004568_21535357.jpg

 無い!
c0004568_2154877.jpg

 無いですぞ!?

c0004568_21543486.jpg


c0004568_2154484.jpg


c0004568_2155136.jpg


 なんと信じられないことに中央のボタンが絵。 正確に言うと単なる凹凸。ぱっと見、ボタンにしか見えないその姿は、まるで観光地にあるトリックアート美術館。 これが微熱による幻覚でないことをお手元の体温計をご使用いただいた上で、各読者ちゃん自身の目で確認していただきたく。
c0004568_2155289.jpg

 まぁ恐らくはこれと同じ筐体を使用しながら、この凹凸にボタンが配置されているバリエーションが存在するんじゃなかろうかと愚考するワケですけれども。なんかこう、潔くないっつーかなんつーか・・・

 デザイン  ★★★★★ 凹凸の存在で満たされたキモチ(皮肉)
 操作性   ★★☆☆☆ トータルで見てそれほど良くはないです
 備考    こーなってくるとボタンがあるバージョンが欲しい
 参考URL Now Searching...(Tinyブランドについて情報求ム)

 あ、ちなみに購入価格は100円でしかも新品。定価なんぞ不明ではありますが、正直、どうでもいいですな。

 
by karasuma_usb | 2006-01-30 21:55 | コントローラ
 久しぶりに風邪をお召しになっている雰囲気。烏丸です。

 なーんか昨晩から鼻が詰まったり喉が痛かったりで定番の諸症状発現開始、みたいな。朝方は前者だけだったので安心してはいたのですが、今現在職場で後者+虚脱感。 まー虚脱感はプロジェクトの合間なので精神的なモノに起因している感じではありますけれども。

 さてさて、このところ連日語りに入っちゃってるW-ZERO3ちゃん。ワリと周囲の人間から羨ましがられたりして大変痛快なんですけれども、実はまだまだ環境周りの調整ばっかりであんまり面白くなかったり。どーにもネットワーク周りで不安定な感じ? ワリと頻繁に要ソフトウェアリセットのタイミングが発生。 ウェブ上に散見されるWikiを見て解決しまくってるとは言え・・・なーんか初心者向けじゃない感じ。 烏丸も各種PDAをイロイロと乗り歩いてきましたが、このW-ZERO3ほど売れているワリに企業努力の足りてない製品も珍しい。しかも国産なのに。出来の悪いコドモほど可愛いなどという、ある種ゆとり教育に通じちゃう言葉がありますが、毎日使う、増してや仕事でも使おうというモノがこんなことでは・・・うーん、当分はWikiと外部アプリで自分なりにカスタマイズしていくことになりそう。

 ほいでですな。

 実際のところ前述の通り、仕事で使う事が大前提ではあるものの、せっかく見せびらかすのに都合のいいサイズなんですから、内部だけでなく外見もカスタマイズしていきたい・・・って思ってたら案外先人が多い。

 カッティングシートによる着せ替え
 塗装

 塗装は激しくあこがれますが、黒が気に入って買ったワケですし。やはりココはカッティングシートかな、と。実際吊るしの製品とは言え、以前パワブクでその効果は体験済み。傷がついてからでは遅いですからな。早めに着手したいトコロ。

 そいえばこんな製品もあるんですな・・・W-ZERO3向けにどっか、やらないかなー。

 ふわふわしてるのも可愛いカモなー。
c0004568_1728284.jpg

by karasuma_usb | 2006-01-27 17:28 | 烏丸の壷
 種銭が無くとも年がら年中買い気配。物欲の奴隷、烏丸であります。

 いやいや、先日のライブドアショック以来、連日ヒドい平均株価の下がり方でしたが、よーやく持ち直したご様子。同社社長の交代も決まったりして、今後の展開が気になります。 まーそんなこといっても烏丸のような小市民には全くもって縁の無いお話。烏丸は日々、小銭のあふれる財布の中身とニラメッコしながら、小さいようで熱く燃え盛る物欲の炎を満たし続ける日々なんであります。

 さておき。
 先だって高らかに購入しちゃった宣言をしましたW-ZERO3。ようやく最低限の使い方が出来るようになったところで、今回はケースのお話。実は烏丸、ケースやらカバンやらに目が無い気質。デジタルガジェットを買う折にはかならずそれに合う入れ物を物色することを常としている人間なんですな。
 まぁケースに入れたいっつーのは、つまるところ「キレイに使いたい」ってのが要点。昨年発売された「iPod nano」もそうでしたが、どーも最近のデジタルガジェットってのはキズがつきやすい。車でもバイクでもそうなんですが、新品で購入したものにウッカリ傷をつけちゃったりすると、急に愛着が薄れてしまう、なんてことが有りがち。せっかく物欲を昇華しつつ購入した大切なデジタルガジェットです。末永く愛してやりたいなーってんで・・・

 W-ZERO3にシックリくるケースを発見したので大紹介。




c0004568_1421377.jpg

 プロアクションリプレイでお馴染みのサイバーガジェット社から出ている「ART-003」という製品であります。って・・・ものすごくニンテンドーDS用の商品なんですけれども。しかしながらこれがまたW-ZERO3にぴったりときた。
 素材も本革ですし、ベルトループまでついちゃってまあ。W-ZERO3、Yシャツの胸ポケットに入るサイズとは言え、若干大きめ。しかしこれならばベルトにつけるも良し、このままカバンに放り込むも良しで、かなり良い感じ。(まー正直、これを腰にくっつけた自分の姿を想像すると気恥ずかしいものがありますが)



c0004568_14212439.jpg

 実際、W-ZERO3をいれたところ。
c0004568_14213533.jpg

c0004568_1421479.jpg

 じゃーっかん、スミッコがはみ出ますが・・・まー許容範囲で。だって元々、DS用に採寸されているんですから。若干空いちゃう隙間には、お気に入りのスタイラスを入れるってのでお茶を濁すとか。



c0004568_14215990.jpg

 DSのゲームソフトをいれるカードケースもついてます。ここはminiSDメモリカードを入れるのにいいカモ。ただまあ、あんまり重要なデータが入ったモノを入れておくのはちょっと心配。なのでワリとどうでもいいよーなデータが入っているカードを入れるのにいいカモ、と。

 さてこのケース、実はニンテンドーDS用に購入したものだったのですが、肝心のDSが手に入りませんでな。欲しいと思ったその日に手に入らないとなると急速に烏丸の中のDS熱が冷めちゃったりしたもので、このようにW-ZERO3のケースとして使うことにした、と。

 しかしまあ、どうにもピッタリなので驚き。比較的お求め易い価格なのと、家電量販店では大体取り扱いがあるので入手も容易。現在W-ZERO3のケースでお悩みの読者ちゃんにおきましては、是非。(ミヤビックスで扱っている本革ケースも非常にカコイイのですが、ブックカバー型のケースに入れっぱなしだと、電話する時にどーも違和感。いや、良いケースなんですけれども)




 おまけ。

 W-ZERO3、こう見えて実はPHSなので、例によってストラップが取り付け可能。付属のストラップやら洗濯バサミ(?)付きのストラップも良いのですが、W-ZERO3の特性上、縦横の持ち替えが頻繁。なのでこんなストラップにしてみました。



c0004568_14222242.jpg

 持つ際にはこのリングに指を差し込んでおけば、万が一手が滑っても落下の心配は皆無。しかもリング内にベアリングが入っているので、リングの内周だけくるくる回る仕組み。これなら指が痛くなっちゃう心配も軽減? こちらもあわせてオススメ。(楽天で取扱いがあるみたいです。あ、アフェリエイトじゃないので遠慮なくドゾー)
by karasuma_usb | 2006-01-26 14:22 | 烏丸の壷
 ウッカリ八兵衛が原発の所長をやってる、なんてネタが、ほりのぶゆきの漫画であったことを思い出しながら烏丸です。

 烏丸もウッカリ度合いなら余人に負けじと粉骨砕身の思いでウッカリしつづけているワケですけれども、先日ウッカリ「W-ZERO3」を大購入。その瞬間、回線契約がau(G'zOne)+willcom(AH-405C)+willcom(W-ZERO3)持ちという、激しくお財布にマズい状態に。まーおいおいW-ZERO3に統一していく方向で考えておりますけれども。

 で、買ったのは一昨日。あの雪の土曜日の翌日だったもんですから、そりゃあもう道中は大変難儀。だった甲斐があったんですかね、秋葉原ではだいたいどこの店舗にも在庫があったので楽勝で購入できました。帰り道に充電しながらボチボチ触ってみた感触だと・・・って、うーん、キーボードはともかく、フロントのカーソルはどうにもこうにも。シャープの携帯って取り立ててインターフェイスが良い印象が有りませんでしたが、あいにく今回も。やっぱり縦モードの時にはジョグダイヤル見たいなキーが欲しかった・・・フロントのカーソルに親指を当ててると、どうにもホールド感がイマイチ。ストラップを手首に巻くなりして安全策を取らないと心配心配。(いくら烏丸がウッカリでも、ウッカリ落とすのは是非とも避けたいトコロです)
by karasuma_usb | 2006-01-24 07:18 | 烏丸の壷
 夜な夜なネトゲに夢中。社会人ゲーマー烏丸です。

 いやいや、先日より口を酸っぱくして拙ブログで大紹介しちゃってるギルドウォーズですが、実にどーにも面白い。現在会社の人間とギルド「道路族」を結成してプレイしているのですが、なんとも愉快。現在βテスト中なので課金フリーですし、パッケージの購入で課金フリー継続ときた。読者ちゃんも是非。


 ・・・って、ネトゲの紹介にいたずらに行数を費やすだけではアレなので、プレイしていて気になり始めた事。

 それはマウス。
 今回烏丸がプレイしているギルドウォーズ、アクション性がちょっぴり入っているものの、実にマッタリとしたRPG。FPSの用にマウスさばきがモノを言うようなシチュエーションは殆どなく、まー有ってもターゲットとなるキャラクタのカーソルを切り替える程度。しかもこれもキーボードから操作可能、ってんだからマウスの方は暇を持て余すって程でもないにしても、ちょっと手持ち無沙汰。 烏丸としましても、もーちょっとスピーディなゲーム展開を想像してたもんですから、ある程度軽めのマウスを用意したりして準備万端? みたいな気分だったのに少しばかり拍子抜け。とは言えこればっかりは順応する以外に手は無いワケで・・・
 しかしながら実生活でもネット生活においても常に全身全霊をかけて挑みたい、そんなちょっとアレな読者ちゃんのために今回は色々ナニなマウスを大紹介。

 はいこれ。

c0004568_1816634.jpg

 ふーん?

c0004568_18162347.jpg

 ほほー。

c0004568_18163249.jpg

 へー。

c0004568_18202394.jpg

 光るんだー。

 なんか取り立てて見所も無さげなマウス。しかしこの「IFeel MouseMan」こそが全身全霊をかけてゲームに取り組むために作られたマウス・・・っぽいんですな。全身全霊と高らかに掲げている割には「っぽい」などと煮えきらないのにはそれなりのワケがあったり。

 で、この製品、頭文字に「i」なんかつけちゃったりして、いかにもマカー向けっぽいですが普通にウィンドウズ向けの製品だったり。このころの各社の製品は、とりあえず「i」をつけて例の半透明(トランスルーセントですな)にしとけという風潮真っ盛り。Logicoolもちょっと流行病に冒されていたってことでしょうかね。
 流行病の諸症状として前述の半透明ってのがありますが、これはご覧のとおりの玉虫色。最近はマジョーラカラーなんて呼ばれますが、見る角度(正確には光源の角度)によって色が緑~紫に変わるんですな。まーなんとも合わせづらいカラーリング。

 さて妙な色がゲーマー向けかどうかってのは置いといて、このマウスには実にゆかいな特徴が・・・あるらしいんですな。
 マイクロソフトがかつて盛んに提唱したDirectXの機能に、「ForceFeedBack」ってのがあります。拙ブログにも何度も登場しているので今更説明するのもアレですが、いわゆる振動機能。ゲームの状況に応じてコントローラが振動するという、例の。 で、このマウスも実はそれに準じた機能があると来た。これならばゲーマーとしていきり立たずにはいられないワケで。



c0004568_18165993.jpg

 それこそがImmersion社の「TouchSense」テクノロジー。
 いやホントに前述の「ForceFeedBack」にそっくりさんの機能なのですが、ちと違うところが。Force~の方はDirectXベースのゲームでのみ、動作するものであるのに対し、Touch~の方はデスクトップやらエクスプローラなんかでも動作する、らしいんですな。

c0004568_18171466.jpg

 ウィンドウズ上の各種基本機能と振動機能が同期

 マウスポインタがファイルやフォルダ、HTMLリンクに重なることでマウスが震動したり。なんか一見無意味なようでこれはスゴい。これならばゲームのみならず、視覚障害者の方なんかにも効果的かも。
 
 ところでこの製品、烏丸が入手したのは実は結構最近。実際の発売時期は2001年と、実に5年前。そーなってきますと新品ではなく中古での入手なんですけれども、なんと手に入ったのは本体のみなんです。つまりドライバがない。 Logicool自体はつい最近もゲーマー向けマウスの新製品を意欲的に発売しているメーカ。なので最新のドライバ(同社の「MouseWare」)を入れれば簡単にTouchSenseテクノロジーの恩恵に預かれると思いきや・・・

c0004568_18174261.jpg

 翻訳してみますか。
c0004568_1818550.jpg


 
「iFeelネズミは中止されます。 iFeelネズミで出荷されたオリジナルのCDはMouseWare9.41.1Fでした。(そのFはもう利用可能ではありません)。」


 ネズミは中止・・・orz

 つまるところ、ものの見事にサポートが打ちきられてる、と。しかもなんだか分からないバージョンナンバー。なんだ9.41.1「F」って。この製品自体が5年も前の製品だから仕方が無いとはいえ、ユーティリティを含め対応ドライバ自体が自社サイトに置いてないなんて・・・。

 
「オリジナルのCDを見つけることができないなら、あなたは、通常のマウスとしてMouseWare(このページの左下に利用可能な)の最新版をダウンロードすることによって、まだiFeelマウスを使用することができます。」


 見つけるも何も現物のインストーラを持たない無力な烏丸。仕方ないので例によってインターネッティングによって該当バージョンのドライバを探す旅に。

 そして見つけたのがコレ。

c0004568_18182197.jpg

 バージョン9.41.24。なんかもー末尾に「F」もついてない上にドイツ語版って・・・烏丸、こう見えて実は独逸語に堪能・・・なワケねーっつーの。しかしながらそこはフィーリングおよび野生のカンでカバー。 そして設定タブを発見。これだよこれこれ!

c0004568_18183311.jpg

 選択できない・・・・・・orz



 もはや進退きわまった。

 総員退艦!

 私は艦と運命を共にする!



 頬を伝う熱い物をクリネックスで拭いながらリフレインするのは、このドキュメント。

 
「オリジナルのCDを見つけることができないなら、あなたは、通常のマウスとしてMouseWare(このページの左下に利用可能な)の最新版をダウンロードすることによって、まだiFeelマウスを使用することができます。」



 通常のマウスとして

 通常のマウスとして

 通常のマウスとして

 ・

 ・

 ・

 震動しなけりゃタダのクソ重たいマウスだよウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

 デザイン  ★★☆☆☆
 操作性   ★☆☆☆☆
 参考URL ロジクール
 備考    現物のインストーラ持っている方、募集

 実はこれと同じ筐体を使用した震動しないマウスも出てたりして。勤め先のT氏所有のコレ。↓
c0004568_1819459.jpg


 使いまわすほど良い筐体とは思えんのですけども・・・あと「MouseMan」って水木しげるのアレのことみたいだ・・・



c0004568_1821935.jpg

by karasuma_usb | 2006-01-20 18:21 | マウス

空いてる5インチベイ。

 1月の曇天に烏丸です。なんだか烏丸の潜む町田市、一昨日の雨のお陰か、急に暖かくなって過ごし易い。そーはいっても自室の温度は相変わらず10度を切ってるんですが。

 先日、DVDスーパーマルチを購入しましてな。今まで縁の無かった烏丸もDVD-RAMにハードディスク感覚でデータを出し入れしちゃったりして、いよいよ世間並みのコンピュータライフに遅まきながら参入した感じ。フォーマットに若干の時間がかかるとは言え、一枚200円くらいで4ギガを超える領域が簡単に手に入るってのはナカナカ愉快ですな。(つってもあんまり書き込むデータも無いんですけれども)
 そんなワケでスーパーマルチなドライブを5インチベイに配置したところで、さらに下2段に空いているベイがあったりしてなんだかシックリこない。

 で、一般的なベイアイテムを例によってヌラヌラとインターネッティングしながら探してみると、これが実に豊富。定番のファンコントローラにグラフィックイコライザ、単純にUSBをフロントに出すだけのアイテムもあれば、パラレルやらIEEE1394、ゲームポート、挙句の果てにはSATAと4ピン電源をフロント出しにするアイテムまで。うーん自作の醍醐味・・・っていうかそんなにフロントからケーブルが生えてたら、フロントなのかリアなのか分からないよーな気がするんですけど。

 わざわざデザインでチョイスしたPCケースを、そんなことで無残なものにしたくない・・・そーなってくると自ずと選択肢は限られてくるワケで。 烏丸としては現実的な線で、現状使用しているUSB接続の「6in1メモリカードリーダライタ」が激しく気に入らないことから、5インチベイ用のマルチリーダライタを導入することにケテーイ。

 いやそれでもまだ1ベイ余るんで。
 その分も見当しないとなー。


 さておき。
 ココまでのが前フリってつもりではなかったのですが、なんでこう、メモリカードってのは規格が乱立してるんですかね。烏丸がよく利用するデバイスも、なんか共用できないモノが大杉。

 ・PSP → メモリースティックDUO(MS)
 ・デジカメ → スマートメディア(SM)
 ・デジカメ(サブ) → SDメモリカード(SD)
 ・モバイルギア → コンパクトフラッシュ(CF)

 普段よく使うデバイスを並べるだけで4種類。世の中にはもっと多くのメモリが氾濫しているワケですから、たった4種類で済んでいる現状に感謝するべきなのかしら。 なんにせよ、これに加えて今度購入を予定している「W-ZERO3」もminiSDメモリカードを使用していたりするワケで、これまた所持メモリのバリエーションが増加確定。うーん、こうなってくると、もう少し手元のデバイス側の統廃合をしていったほうがいいのもー・・・。

 結局のところ、メーカー側の都合で乱立する規格、このメモリにしろ文頭の記録型DVDにしろ、こーいったスーパーマルチやら「Nin1」みたいな装置が出てくるからまだ何とかなるものの、うっかりマルチドライブが無いままに各規格に手を出しつづけたら


 5インチベイの1段目:CD-ROM
 5インチベイの2段目:DVD-ROM
 5インチベイの3段目:DVD-R
 5インチベイの4段目:DVD+R
 5インチベイの5段目:DVD-RW
 5インチベイの6段目:DVD+RW
 5インチベイの7段目:DVD-RAM
 ・
 ・
 ・

 ・・・フルタワーのケースどころの騒ぎじゃないワケで・・・

 結局のところ、ユーザーの負担ばっかり加速するんですなあ。
by karasuma_usb | 2006-01-16 17:50 | 烏丸の壷
 ココロはモバイラー。烏丸です。

 え~、烏丸ったらワリとモバイル精神が豊富だったりするので、拙ブログのエントリも出先からしちゃったりすることもしばしば。その際、自慢の赤パワブクG4、もしくは単三電池×2でゴリゴリ動作するWindowsCEの名機、モバイルギア2のいずれかを使用しているのですが、昨年末からどーにもこーにも気になるガジェットがあるんですな。




c0004568_18433998.jpg

 そう、WILLCOMのオールインワン端末「W-ZERO3」であります。
 実は昨年末にウッカリ予約購入しそうにはなったのですが、現物の出回りが悪く、どこに行っても納期が1ヶ月先とか。まー慌てて購入するよーなもんでもないのかナ、不具合とかもある程度把握できてからのほうがいいのかしら、なんて思っていたら現時点で即納らしく。

 ヤヴァイ。これはヤヴァイ。

 そーはいっても烏丸、流石に現物をいじったことが無い状態で購入するのはとてもリスキー。シベリアンリスキー↓
c0004568_18464518.jpg



 なので渋谷のビッグカメラにて触ってきました。

 ヤヴァイ。これはマジでヤヴァイ。
 液晶の美しさは流石、シャープ。明度といいフォーカスといい大変くっきり。デモ機で見る限りだとドット抜けとかも無いようで(PSPのデモ機では散見されるんですよね、ドット抜け)、しかもキーボードのギミックが大変愉快。タッチは携帯のキーとどっこいどっこいな感じではありますが、以前所有していたCLIE(PEG-NX73V)よりは大分マシ。慣れればある程度の速度で打てそう。
 しかもPHSどころか無線LANも装備とキタ。11bってのが惜しいところだけれども、これなら出先でホットスポット見つけちゃえばネット閲覧楽勝之介。これならあの重たいパワブクを持って右往左往したりモバギの液晶の見づらさに四苦八苦しなくて済んじゃう予感・・・
 何よりお仕事で使うよーな書類類(←変な言い回しだ)も閲覧可能だったり、Operaが動いちゃうので見れないサイトが殆ど無いところとか、うーん死角無しカモ。

 お値段はどこの店でも39800円。お値段はこんなもんかー、でも今持ってる携帯どーしよー、W-ZERO3って通話プラン外すワケにはいかないのかしら~、データ通信だけでいいのにィ~、なんて左上のgifアニメよろしく身悶える烏丸なのでした。

 (あ、別に太っているワケじゃないですよ。現物の烏丸は。)








 (あ、あと日本人です。)
by karasuma_usb | 2006-01-13 18:47 | 烏丸の壷
 ココロはマカー、烏丸です。

 いやいや、インテルCPU採用のニゥスから半年ほど経ちましたが、ついに製品投入のニゥスが!

【ニューヨーク10日共同】米アップルコンピュータは10日、半導体最大手インテルの超小型演算処理装置(MPU)を搭載したマッキントッシュシリーズのパソコンを初めて発表した。同社は長年IBM製を使用してきたが、インテル製品の採用で低価格化を進めるのが狙い。
 同社によると、インテルのMPUが入ったノート型パソコン「MacBook Pro」は従来製品の4倍、デスクトップパソコン「iMac」は2倍高速化する。
 インターネット上で動画サービスが増えているのを意識し、全機種にビデオカメラを搭載。ビデオ会議やチャットが楽しめて、ビデオの編集も簡単にできる。
 日本での税込み価格はノート型が24万9800円からで、今年2月に出荷開始。デスクトップは15万9800円からで、週内に出荷を始める。


 で、本家サイトを覗いて見たら、すでに販売中とキタ。仕様を見る限り、先だって発表されたPentiumM系のデュアルコア(intelCoreDuo)を採用しているとのこと。しかもビデオチップはATI RADEON X1600と。
c0004568_1113555.jpg

 これまでのPowerBookシリーズは、同程度のハードウェアスペックを持つウィンドウズノートよりも割高感がありましたけれども、インテル製の汎用チップの採用で少しはお安くなるのかしら・・・と思ったらあんまり変わった感じがしなくて(´・ω・`)ショボーン しかも名前がカッコ良すぎて七転八倒しちゃう"PowerBook"から、なんだか冴えない"MacBook"になっちゃって殊更に(´・ω・`)ショボーン

 まー名前の件は置いといて、新採用されたCPU、CoreDuo自体が発売になったばっかりってのもありますし、Mac自体、互換機戦略を捨ててしまって一社寡占ですからなあ。あんまり期待しないほうがいいのかしらん?

 そんなことよりもウィンドウズアプリとの相互乗り入れに期待したいキモチ。このままDirectXをマックで動作させてくれさえすれば・・・いやそれ以前に先立つものがない己を呪う。






c0004568_11192068.jpg

 なんか複雑なキモチだ。
by karasuma_usb | 2006-01-11 11:19 | 烏丸の壷
 年明けから例によって筆不精が再発しちゃってる烏丸にございます。

 いやいや、どーにも昨年末に実施いたしました大掃除、これがいけなかった。押し入れにきれいに整頓されたコントローラ群を引っ張り出すのが面倒で面倒で・・・って、これでは本末転倒。なんと申しますか、部屋の中が若干スッキリしちゃったもんだから、ついついコタツに潜って読書しちゃったりPSPしちゃったりと、目の前に整然と並ぶブログネタから目を逸らしちゃったり。なんかこう、整理整頓によって生産性が下がった感じ? いや、このブログ自体が非生産的な気もしてるのですが。
 こんなことじゃいけない、そう思いながら今日からサービス開始のネトゲのために自室のPCにネトゲのクライアントをインスコする烏丸であります。

 さてネトゲと言えば、国内では相変わらずFFが人気のご様子。昨年末に発売されたXBOX360でもプレイ可能だそうで、果たしてXBOX360を購入してまで新規加入するほどのものなのかはわかりませんが、とにかくコンシューマも含めてプレイヤーの層が厚そうなゲームではありますな。
 コンシューマでネトゲをする、となるとネックになるのは文字入力。烏丸はその昔、ドリームキャストの「PSO」をプレイしたのですが、コントローラの持ち替えが非常に面倒だったという経験の持ち主。
 ロビーで仲間を集う時にチャット(キーボード入力)、いざ戦場に赴いてキャラクター操作(コントローラ入力)、戦闘中にお互いの活躍をたたえるべくチャット(キーボード入力)。ゲーム画面がシンプルに作られているため、一見シームレスに出来そうな操作も、実際はコントローラ←→キーボードを右往左往。なんとも操作性でストレスを感じさせるゲームでした。(PSO自体のゲーム性も大分アレでしたけど)

 そーなってきますと、文字入力とキャラクターの操作を潤滑にするデバイスが欲しくなるってもの。で、こんな製品。
c0004568_1934880.jpg

 サミーの「KEYBOARDPAD mini」であります。

 もー見たまんまの製品ですんで説明するのも面倒(またか)という感じではありますが・・・毎度のことで一応。

 読んで字の如く、コントローラとキーボードを一体型にした製品ですな。インターフェースはPS+USB。ということはターゲットにしているのはその双方をデフォルトで装備しているプレステ2ってことになります。つまり両方挿せ、と。両穴責めってヤツですな。
 カラーリングは本当に呆れるほど真っ赤。どーにもこーにもレッド。何もここまで・・・って赤さはどうだっていい。一応タイアップという位置付けのよーで、カプコンのアウトモデリスタ用とのこと。ははあ、なるほどイタリア車っつーかフェラーリレッドなのね、って上記のリンクを見たらダッジバイパーが赤い。うーんこのコントローラの赤はそれかー。(あ、ちなみにこの製品には黒バージョンがありますが)

c0004568_19342087.jpg

 特に面白みの無いコントローラ部分。デュアルショック2互換なので、○×△□はプチアナログ。かつアナログスティック部分は押下することが出来るタイプなんですな。相変わらず押しづらいですが。
 方向キーは、ちょーっとイヤな形状。アスキーグリップなんかで見た形。なのですが、ストロークが浅いワリにはホド良い硬さ。同じ方向キー形状を持つほかのコントローラより良さげな感じ。
 裏面の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、LRのうちL2とR2はトリガータイプ。一番近いのはドリキャスの純正パッドかサターンのマルコンか。裏面のグリップ部の盛り上がりと相まってこちらも良好。

 しかしながら問題はこちら。
c0004568_19343175.jpg

 どーにもこーにもなキーボード部分。全てのキーがゴム製。
c0004568_19344766.jpg

 なんかヌメりと赤い表面に浮き上がったかのようなキートップ。ちょっと蓮画像ライク。 サイズの都合でミリサイズなのは仕方がないことなんでしょうか、いかに烏丸の手が小さいといってもこれはちと無理。まー注意すれば複数のキーを同時押ししなくて済みますが、結構な鍛錬が必要。タッチタイピングの習得の比ではありません。
 っていうかですね、必要最低限のキー配列にしてせめてリナザウみたいな感じにできなかったんでしょーかって、コストの都合で出来ない罠。そーじゃなかったら携帯の文字入力を踏襲して・・・ってPCみたくドライバを入れたり出来そうにないですからこれもダメか。

 とはいえ、このコントローラとキーボードの融合体で、コンシューマのネトゲのプレイ要件としては満たされてはいる・・・んですがどーなんですかね実際のところ。コンシューマでネトゲをプレイしている人間がPCのそれに比べてライトユーザーってのは当然ではありますが、今日日USBのキーボードなんて500円とかで買えてしまうワケで。冒頭で書きましたコントローラとキーボードの持ち替えさえ億劫でなければ、この製品の出番は無い感じ。商品の企画としてはキレイにまとまっているんですけどねえ。

 デザイン  ★★★☆☆
 操作性   ★★★☆☆(方向キーに関しては★4つ)
 備考    PSのコネクタを変換すればPCでも使えます
 参考URL すっかりパチンコ屋で無念

 サミーといえば烏丸の中ではネオジオの「VIEWPOINT」 未だにサントラを引っ張り出して聞いたりしているのですが、もーあのころのサミーではないんだな、と上記参考URLを見て寂しさもヒトシオ。ゲーム会社がビジネスとしてパチンコやらスロットやらに移行するのは仕方がない、そんなゲーム業界の風潮が悲しいですなあ。
by karasuma_usb | 2006-01-10 19:36 | コントローラ
 ネトゲ人生に逝けゴー。烏丸です。ゴー。

 以前、拙ブログのエントリに書きましたけれども、烏丸が期待しすぎておにんにんがおっきおっきしちゃってるネトゲ、ギルドウォーズのβテストが来週から始まるんですな。実は昨日(5日)からテスターの募集が始まりまして、早速応募しちゃったワケです。

 最新のゲーム、なんていいますとプレイする上で心配になってくるのが動作環境。これがコンシューマのゲームならば単純にそのハードを持っていさえすれば大丈夫なんですけれども、PCゲームとなりますとどーにも推奨スペックをクリアしてるか否かで、そのゲームを楽しめるか楽しめないかってのが決まっちゃうんですな。
 烏丸の自宅のマシンはP4のNorthwood2.8GHzにGeForceFX5700。ともに冬の寒さを利用してオーバークロックしちゃってるので、まーよっぽどの高スペックを要求するゲームをやらない限りは問題なさげ。なのですが、不意に手元にやってきた2万円分の商品券

 商品券、なんて慣れないものを手にしちゃったもんですから烏丸ったら正月早々、ツメを噛みながら小刻みに震えつつ目を泳がせる毎日。 そんなさなかに烏丸のゴーストが耳元で

 『グラボを買い換えれ』

 なんて声を荒げて囁くもんですから、町田ソフマップでウッカリ商品券と大交換してきましたRadeon X800GT

 烏丸のPCったらマザーがSocket478なもんですから、自ずとAGPのグラボしか選択肢が無いのが無念なトコロ。とは言え、これまで使っていたGF5700よりは大分快適にベンチマークも動作している感じで概ね満足。問題はマザーっていうかCPUですが、まぁ2.8GHzも有ればもーしばらくは大丈夫な予感。最悪クロックアップでいけるかしら、なんて。
 しかしあれですな。一昨年8万円とかしてたグラボが今では2万円台。PCを含むデジモノを購入するタイミングって非常に難しいですなあ。
by karasuma_usb | 2006-01-06 18:35 | 烏丸の壷