変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb

<   2006年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 出来の悪い子ほど憎い。烏丸です。

 いやいや週の頭から早速了見の狭いコトを言うようで恐縮ではありますが、読者ちゃんからタレコミ(なんか./J風)を頂戴しました例のELECOMの新作コントローラの話。
c0004568_11474399.jpg

c0004568_1148677.jpg

 既に現物が出回っているとのことなので、入手されちゃっている御仁もおられるかもしれませんが、あいにく烏丸ったら未入手。っていうか金欠でそれどころじゃない? みたいな。

 さておき、モノがモノだけに懐古主義的なものの見方をすれば「古き良き」になり、冷静に見れば当時のデファクトスタンダードでは事足りぬ程にゲームのインターフェースは進歩・・・といってもアナログが多少追加されている程度ではあるのですが若干ボタン・スティックともに少なめで役不足。所詮サンワサプライのアレの二番煎じなのねー、やっぱりELECOMだもんねー。

 しかしこのコントローラに気になる言葉、「i-revoゲーム 公式コントローラ」の文字。なんぞやとその公式サイトまで行ってみるとアラヤダ、レトロゲームのダウンロード販売サイトと来た。

 この手のレトロゲームダウンロード販売ですと先人としては「ProjectEGG」が有名。決済手続きが面倒だとかダウンロード後にアクティベーションしないと起動できないだとか、コピー対策に躍起になっているワリには推奨環境が高めだったりと評判はイマイチな先人ではあります。
 が、ビジネスモデルとしてはブロードバンド全盛で、かつ原点回帰の風潮が間をおかずにやってくるゲーム業界にはマッチしていそう。エミュレータの存在自体がアングラと呼ぶには認知度が高すぎる現代においてはペイが難しそうではあるものの、作り手をリスペクトしたくてしょうがない善人(いや皮肉じゃありませんよ?)にはもろ手を挙げて薦めて行きたいキモチ・・・って、



c0004568_11484272.jpg

 何この値段。





 うーん、権利回りやら運営にお金がかかるってーのは分かるんですが、レンタルはともかくダウンロード販売の価格の設定が渋すぎ。 しかも傑作/駄作問わず一律こんな値段・・・今日日この金額払うなら中古で現物買ってきて実機で遊んだほうが所有欲も満たされて良いような気もするがどうか。

 さ、会員登録した読者ちゃんからのコメントをお待ちします。
by karasuma_usb | 2006-05-29 11:49 | 烏丸の壷
c0004568_2316162.jpg

 予約してもいいですか?

 っていうかこの値段の巨根、いやさ根拠が聞きたいんですがどーか。おそらくは修正なり消去なりされるだろうけどソースはこちら
by karasuma_usb | 2006-05-28 23:17 | 烏丸の壷
 例によって唐突ではありますが、烏丸はジャンクフードが好きです。

 ジャンクフード、なんて申しますとその語感から、ひどくアメリカ的な物を連想しがち。たとえばそれはハンバーガーであったりフライドポテト、大英帝国的に言えばフィッシュアンドチップスなんかもそーですな。なんかとっても、油ギッシュ。

 しかし烏丸が好きなジャンクフードはズバリ「駄菓子」
 高度経済成長もそれなりに落ち着いて、バブルという社会的な幻覚に一喜一憂する大人たちを尻目に、ファミコン世代なんていうステレオタイプなレッテルを貼られつつ、チマチマと受験戦争とファミコンを行ったりきたりしながら昭和後期を謳歌したボクらSPA!世代、いやさ20代後半から30代(ってことはR25世代?)が愛してやまないハズ、の駄菓子であります。

 さてそんな駄菓子。
 烏丸が子供のころは、それこそスーパーなどの大型店舗では置いておらず、やはり駄菓子のホームといえば駄菓子屋でありました。学校の友達、駄菓子屋で意気投合した他の学校の友達などと、やれサキイカやらノシイカ、梅ジャムやらソースせんべいなど、チクロやサッカリンその他合成着色料全開の駄菓子群を頬張りつつ、1ゲーム50円ないし20円のビデオゲームに熱中したもんです。
 ところが最近は、割と大型店舗などでも駄菓子コーナーなどでも見かけるようになったり。見てみると客層は老若男女と幅広く、小さい子供はナケナシの100円で駄菓子数点、元小さい子供は金にモノを言わせて大人買いと。ああ駄菓子は世代を超えて日本に存在する偉大なジャンクフードなんだなぁと感慨。


 で、そんな烏丸のお気に入りの駄菓子に、「コーラ餅」というのがあるんですな。

c0004568_9211545.jpg

 こんなの。
 まー舌が肥えた上流階級に属する高貴な読者ちゃんには、どーにもこれが食べ物に見えないかと思われますが、しかしご賞味いただければ読んで字のごとく、「コーラ味の餅」

 餅、なんて申します以上、原材料には燦然とかがやく「もち粉」の文字。米の減反政策が昭和から平成の今日にかけて施策されているとは言え、やはり日本の心は米にあり、といったところでしょうか。まぁ駄菓子という単価の縛りが恐らくは一般的な食品よりも厳しいカテゴリの中、日本のお百姓さんが額に汗して栽培したお米が使用されているかどーかは、その独特の色合いから判別・・・いやできませんな実際。

 さておき、このコーラ餅。バリエーションが大変豊かでしてな、他にも「シャンパンサイダー味」やら「さくらんぼ味」、「青りんご味」などと大変多彩。
c0004568_9215288.jpg

c0004568_922869.jpg

 なんかアソートになっていてお得なヤツもあります。

 しかしまーアレですな。ちょびっとの香料と着色料でバリエーションが増やせてしまうチープさ。増やそうと思えば考えうる様々な風味が作れそうで夢が広がりんぐ。




c0004568_9224425.jpg

 お? これはまた地味な色合い・・・何味かしら? 最近のヘルシーブームにのっとって海草風味とか?



c0004568_923264.jpg

 おお?



c0004568_92326100.jpg

 おおお?




 さァさァ長い前フリはここまでにして、今回のお題はこれ。
c0004568_9235326.jpg

 QuickShot社製のジョイスティック、「QS-6222」であります。

 さてさて、ジョイスティックなんていいますと、ゲーム用のかつてはゲーム用の入力機器全般を指す言葉でしたな。しかしファミコン以後、誰となしに使い始めた「コントローラ」「ゲームパッド」などの単語が現在では一般的であって、ジョイスティックというと、いわゆるゲーセンのコンパネ然としたレバーを使ったモノという感じ。
 さらにしかし、一方でジョイスティックというと、フライトシミュレータで使用する操縦桿を指す言葉でもあるんですが・・・じゃあこの「QS-6222」はフライトシミュレータ用? かと思いきや。

c0004568_9242355.jpg

 なんと接続はキーボードやらマウスなどでおなじみのPS/2端子。なんとこれ、中身はこの見た目でありながらキーボードなんですな。

 で、キーボードって言う以上、単純にコレだけをPCに接続して使用するなんて考えるのが当たり前なんですがこの製品、一般的なキーボードとPCの間に挟んで使用するとゆー。もちろん挟まずに使用することも可能なんですが、このジョイスティック自体が発売された当時、USBコネクタなんてありませんでしたから、キーボードはキーボードでPS/2端子を占有する必要があった、と。なので端子を共用する作りになっていると。(さらに時代を感じさせるのが、キーボード入力の端子が今は懐かしいATコネクタ。もちろん変換コネクタも同梱しているので、そこは安心なんですけれども)



 キーボードである。ってコトは必然的に全てデジタル入力という図式になるワケで、これはまた扱いの難しそうなアイテム。今日日、PCのゲームといえばマウス(アナログ)+キーボード(デジタル)という操作形態が一般的。しかしこのジョイスティックは、ご覧の通り右側のジョイスティックで左側はコーラ餅ボタンがびっしり。つまりこのジョイスティックだけで操作するデバイスと。

 じゃあこのジョイスティックが何を目指していたのかというと、それはこのジョイスティックに付属するテンプレートで、うかがいい知ることが出来るんですな。
c0004568_927639.jpg

 ジョイスティック上段に貼り付けるテンプレートがこれ。よく見ると当時のゲームの名前がズラリ。
c0004568_927333.jpg

 このラインナップを見れば古参ゲーマーの読者ちゃんにはお分かりいただけるかと思われます。そう、マウスによる視線変更が実装される前のFPS向けのジョイスティックなワケであります。だからマウスの同時使用を考慮していないレイアウト、というワケ。


c0004568_9281742.jpg

c0004568_9283475.jpg

c0004568_9284955.jpg

 なんとも珍妙な形状をした操縦桿。
 現在市場に出回っている操縦桿型ジョイスティックがリアリティを追求した形状をしているのとは違い、これは実にゲーム然。すべての入力がデジタルではあるものの、一丁前に「ひねり」まで実装していて感心。
 で、当時のFPSに合わせてなのかなんなのか、メモ帳を開いた状態で実際にこの操縦桿をぐりぐりと動かして見ると、なんとも不思議な数字の羅列・・・。
c0004568_9291662.jpg

 つまるところデフォルトの設定では操縦桿にテンキーが割り当てられているんですな。このあたりは現在のFPSのように、上下左右がWSAD業界標準じゃなかったころの名残なんでしょうか、ちょっと違和感。とは言え各ゲームのコンフィグなりプリファレンスなりを弄ればいいだけの話。

c0004568_9293647.jpg

 放射状にならんだボタン類。実はちょっとエルゴ? 少々小さめのボタンはストロークが浅くクリック感もはっきり。みっしり詰め込まずに敢えて少し離れているおかげで実に良い使い心地。
c0004568_930444.jpg

 ここぞ? という時に押しやすいように、TabとAltが独立配置。ジャンプだとかランだとか、ここぞ! という時に使用するボタンに割り振るべきか、頻度の高いボタンを割り振るべきか迷うトコロ。
c0004568_934841.jpg

 ウレタン製のパームレストが付属。付属っていっても自由に取り外せるワケではなく、ガッチリ固定されているんですな。アジャスタブルでない代わりに大きめであるため、まー一般人サイズの手の持ち主ならはみ出ることも無いのでは?



 なんとも気遣いがうれしい&触っていて楽しいジョイスティックではありますが、何しろ用途が限定的杉。プロファイルを独自に登録することで汎用性がある、しかも中身はタダのキーボードなのでゲーム側でも融通をつけられる、という大きな利便性が愉快。
 とは言え、やっぱりマウスの同時使用は大きさ的に厳しい感じ。やるならTrackIRなんかの手を使わないアナログデバイスとの併用で、アナタ好みの操作環境を構築できると言えば出来そう。

 に、してもここまでキーボード1つからアレンジするというアイデアはすばらしい。っていうか今日日ニーズが存在し得ないとは言え、こーいうユニークなデバイスはガンガンズンズングイグイ購入していきたい烏丸なのであります。

 デザイン  ★★★★★
 操作性   ★★★☆☆
 備考    プロファイルツールがDOS用ってのが・・・いやWin2kでも動きますが
 参考URL メーカーHP
 



 あ、ところで前段のコーラ餅。インターフェイスは爪楊枝で最初から付属しているので安心です。いやよくわかんないけど。あとよく調べたらですね、なんと複数のメーカーで生産されているんですな、このコーラ餅。深い。
by karasuma_usb | 2006-05-28 09:41 | コントローラ
 いやどー考えてもPS3終わった、と誰もがそう思うこのニゥス。発売時期がPS3のほうが(恐らく)先だとして、ソニー肝いりのブルーレイ専用のコンテンツなりが爆発的に増えでもしない限り、恐らくこれはもーゲーム嗜好消費者は完全にWiiに傾いた感じ・・・ですな。

 色んなところで語られているので今更感アリアリなんで恐縮ですが、PS3自体がPS2から大きく変わった感じがしない、これからのコンシューマゲームで求められるネットワークコンテンツに廉価版が対応していない、かつ廉価版ですら6万円代とゆー敷居の高さ。PS2の時はDVDのコンテンツがそれなりにそろっていたということと、おりしも市場がVHS→DVDへのデバイス移行意欲が高まっていたタイミングだったからこそ、あの爆発的なヒットだったワケで。
 じゃあPS3が売れるには、なんて愚考してみると、いいトコ「地上波デジタルチューナ内蔵」だとか「ブルーレイへの録画機能付き」だとか、それこそソニーが目指す家電への展開が「最初から」見えてないと駄目なのかなー、なんて。

 まぁPS3の話はいいゃ。



 で、25000円とゆーWiiの値段。とりあえず報道では「以下」という言葉が使われてはいますが、まぁ25000円(税抜き)ってトコロじゃないでしょーかね。しかしアレですな、この値段。スーファミが最初に発売されたときの値段だったかロクヨンが最初に発売された時の値段と同じ?
 部品点数やら部品単価、そのあたりで考えてもペイできてるとは思えない値段ですが・・・まー売れるだろうし問題ないんでしょーなぁ。

 しばらくは据え置きハード・携帯ハードともに、任天堂による久々の2リーグ完全制覇な予感。
by karasuma_usb | 2006-05-26 09:58 | 烏丸の壷

烏丸、C21に手を出す?

 咳とロマンチックと切なさが止まらないのが今の烏丸です。

 本日仕事の合間にヌラヌラとウェブを巡回しておりますと、クローズドβ時に華麗にスルーしていたMMOアクションゲーム、「C21」が目についちゃってさァ大変。
c0004568_21294433.jpg

 って、実は相変わらずギルドウォーズをやっているワケなんですけれども、どーも最近ダレ気味。なんかねー、目的が見えないとゆーかなんとゆーか。いやたかだかゲームごときで目標もへったくれもないんですが。

 で、上記のC21。いわばアーマードコアのコミカル版、みたいな雰囲気。とは言えRPGの要素がふんだんに盛り込まれているようで、一般的なMMORPGのように「狩り」の要素もあるそうで、廃人臭がほんのり。まー烏丸のことなので一日のプレイ時間だって小一時間かそこらなので、全ての要素を満喫する前に飽きそうな予感はするんですが・・・気になるのは以下のポイント。
 プレイガイド > ゲームパッド
c0004568_21301989.gif

 どうもコントローラ(ゲームパッド)での操作に公式対応しているご様子。うーん、これはコントローラの実験にも使えていい感じ。ロボゲーだわコントローラ対応だわ基本料金無料だわで若干、そそられちゃってる烏丸なんですなー。

 っていうか読者ちゃんの中にプレイしている人とか、おりませんでしょうか・・・
by karasuma_usb | 2006-05-24 21:15 | 烏丸の壷
 え゙ーーーー。烏丸です。

 いやこの時期に実にありがちなコトなんですけれども、先週の金曜日に会社に傘を忘れた時に限って、地元の駅に戻ると土砂降り。仕方無しにびしょ濡れになりながら家路につきましてな。パンツまでびっしょり。 で、翌日は快晴。最近仕入れたMini-ITXの小型PCを単車の後ろにくくりつけて知人宅にセットアップに。そしたら帰り道にまた土砂降り。パンツまでびっしょり。

 連日そんな具合だったもんで、ばっちりお風邪を召すのに成功。もーダルいのダルくないのって・・・ダルいんですが。


 さてそのMini-ITX。
c0004568_1024466.jpg

 これまでメインマシンのほうで兼用していたエミュレータやら古いゲームやらの環境を独立させる為に入手したんですな。これでゲームポートやらシリアル接続やらの入力デバイスのドライバがHDD内で混沌とすることも避けられる・・・と、思ったらゲームポートが無い。
 って、そりゃあまァ当たり前。じゃあ余ってるSoundBlasterでも増設しちゃおうかしらと思ったらPCIがたった一つ。大体マザー自体が古いもんですから、USBも1.1だしVGAはオンボードで8メガだしで、あいているPCIに何を刺すのかが超重要なワケで・・・うーん、なんて今更考え込んじゃったりしてるんですけれども。

 グラボとゲームポートが一緒になってるボードとかあればいいんですけどねえ・・・需要無いんでしょうなぁ・・・
by karasuma_usb | 2006-05-22 10:27 | 烏丸の壷
 自称ヤンエグ(ヤングエクスキューショナー)、烏丸です。

 さてさて、烏丸ったら久々に新しいPCが欲しくなっちゃう病が発病。要件はいろいろあるんですが、コントローラの動作確認用に古いOSが動いたりコンパクトだったり静音だったり一癖あったりと、どれもこれも相容れない烏丸の要求に見合う「コレ」といった製品が無く、先立つ物も無いままに悩んで悩んで悩みぬく自分を客観視しながら自戒の日々なんであります。

 で、そんな新規購入についてあれこれ考えるよりは、かれこれ5年近くリビングで大活躍しているPowerBookG4。MacBookが出たおかげで市場の中古も値下がり傾向にあるそーで、徐々に市場から姿を消しつつある保守部品の確保についても考え出しちゃったりしてさァ大変。いや悩んでいるうちが一番楽しいんですけれども。



 と、言ったトコロで、なんと待ちに待って待ち焦がれた、MacBookの黒モデルがついに登場とのニゥス
c0004568_12212240.jpg

 そもそもAppleのノートPCといえばグレーか黒。特に黒は他社の黒いノートPCよりもデザイン面で殊更に優れていたのにも係わらず、フラッグシップのCPUがG4になって以来、もー型にはまったかのように銀色筐体ばっかりだったワケですが、ここに来てようやく黒のPowerBookが登場。いやインテルチップなんで「Power」じゃないワケですけれども。

 サイズは13.3インチワイド液晶で重量2.36キロ。現在愛用しているPowerBookG4より500グラム近く軽くて小さくて高性能。しかもお値段が15万ちょい。(烏丸のPowerBookG4は購入価格が30万弱) うーん、減価償却を考えたらどーかんがえても買い替えを考慮してもいいお値段なんですが・・・いや違うんですよ。黒くて15インチワイドで重量1キロチョイのカーボン筐体なら即購入したいんです烏丸は。

 40万まで出す。(60回払いで)

 
by karasuma_usb | 2006-05-17 12:21 | 烏丸の壷
 恐れず~♪ ひるまず~♪ 退かず~♪ 勇気だ~♪ 希望だ~♪ 烏丸です。

 さて烏丸もコンピュータで使用する各種インプットデバイスに傾倒して久しい身の上でありますが、ハードウェアこそ変われどマウスポインタってのは一つってのが当たり前・・・だと思っていたら、こんなフリーウェアを発見。

 マウスカーソルを1つ追加して切り替え「だぶるまうす」@窓の杜

 あれあれ? なんて思っちゃった読者ちゃんはスルドイ。ナイフみたいに尖ってる。実はこれ、韓国ハンファ社(日本ではハンファ・ジャパン)が発売しているデュアルポインタマウス「DCT-DPM1」の機能を一般的なホイールマウスで実現しちゃうアプリ。
 同社のデュアルポインタマウス、上記製品名リンク先で2980円と、それほど懐に痛くないお値段。しかしデュアルポインタの効能も分からず購入するのは、ちょっと怖いとゆー慎重派な御仁にはうってつけのフリーウェアであります。(それよりも何よりもこの絶望的なデザインのマウスに3000円払うことを避けることが出来ると考えれば)





 で、試した感じですが・・・


 Logicool謹製のマウスユーティリティ(SetPoint)とはブツかるらしく、アンインスコしないと動きませんでした・・・少なくとも烏丸の環境では。で、ポインタが2つになって・・・うーん。烏丸の自宅のモニタは23インチCRTなんて、マウスポインタのスピード次第では有効活用できそうな気がするんですが、どうなんですかねえ・・・とは言え、レジストリも弄らないしインストール作業も不要、とりあえず試す価値ありですよ?
c0004568_20592942.jpg

by karasuma_usb | 2006-05-16 20:59 | 烏丸の壷
 いや改めて一流メーカーのものづくりの丁寧さに脱帽。三流企業所属、烏丸です。
 あらやだ三流なんて書いちゃって会社の人間がコレを見たら激昂しそうで剣呑剣呑。とはいえ一流はともかく二流を名乗るにももう少し時間がかかりそうな我が社なんであります。

 さて、前段の一流企業のブツ、ってのは一つ前のエントリで書きました象印製除湿機(Made in Japan)の件。二日使ってみた感じですが、いやーあるのと無いのでは大違いですな除湿機。以前使用していた機種は、まぁモノが古かったせいか、フィルターの掃除がなかなか面倒。しかも取れた湿気、つまり水なんですけれども、それが溜まるタンク自体の掃除も楽チン。これでまた何年かは快適洗濯生活が出来るのかと思うと、無骨なタンク型の筐体も不思議と愛らしく見えるから不思議。うーん、ついでに電気ポットと炊飯器も象印で統一したくなっちゃうー。






 さておき。
 烏丸ももはや自分でも管理できない程に数多くのコントローラを所持しているワケですけれども、実はあんまり「一流」だのなんだのってのは意識してないんですな。まぁ自分がコントローラを購入する際の指標が、いかに「妙か」ってのが第一にあることに起因するんですけれども、とかく一流と呼ばれるメーカーにはコレが無い。
 いやもちろんメーカー自身は革新的なデバイスとして開発したつもりなのに、市場の評価は「妙」だったりするものも多く存在するんですが(例えばDualStrikeとか)、やはり名の知られたメーカーの製品は、大体がスタンダードをその信条としている、言い方を変えれば一般向けな製品、烏丸にしてみればつまらない製品ばっかり。

 と、いうワケで今回は、マウス以外はつまらない製品ばっかり市場に供給しているLogitech、日本名Logicoolのこれ。



 「Logitech Precision GamePad2」であります。
 本来なら購入することもなくスルーしちゃう製品なんですけれども、税込み315円とかで烏丸の手元に。パッケージを開けてみてビックリ、ドライバディスクもマニュアルも無しw なんとも潔い製品であります。
 さてマウス以外は~、なんて書きましたとおり、正直烏丸としましては同社の製品っつーとマウス以外に食指をそそるモノがあんまり無かったり。マウスに関してはココ最近、レーザーエンコーディングやら錘の微調整が出来るゲーマー向け仕様だとか花盛りな同社ですが、どーもこんとろーらは昔から不調。
 そーいう意味でこのコントローラというカテゴリでは決して一流ではない同社の比較的最近のコントローラであるこの製品、さてそのお味は?



c0004568_2185562.jpg

 まースタンダードらしいっつーか全くと言っていいほど冒険していないプレステ準拠なフォルム。若干異なると言えばグリップですが、先端にいくにつれて鋭くなっていく本家プレステコントローラとは異なり、緩やかなアールをした形状

c0004568_2192291.jpg

 案外厚みがあるのは、やはり欧米人向けだから? でしょうか。握り心地は可も無く不可も無く・・・あーなんかいきなり自分のレビューに意義が見出せなくて欝。

c0004568_2110553.jpg

 ボタンの感覚も同様。押し心地も普通・・・連射が無いと困るほど硬いわけでもなくストロークが深いワケでも無く。

c0004568_2113487.jpg

 ガイドライン通り(?)2個づつ配置されたLRボタン。ストロークもクリック感もプレステのそれにかなり近い、ってのはいいんですが妙にガタつく。隅っこを押しても真ん中を押しても認識はされるんですが、どーにもしっくりこない。んー。

c0004568_21132772.jpg

 ここは流石にプレステ準拠な分割十字キーではなく、コマ型のキー。敢えて似ているモノと言えばHORI系? しかし残念、方向キーの真ん中を押すと全方向同時押し状態・・・なワケはなく、ちゃんと中央をキープしてるんですが、ほんの少し力を加えるとワタワタとアッチコッチソッチ。うーん、やっぱりゲームのコントローラには力を入れてないとゆー同社の姿勢のあらわれでしょうか。少し手を入れればどーにか改良できそうですが、つい親指に力が入っちゃう人には不向きな感じ・・・あ、これはプレステ純正の分割十字キーにも言えますな。

c0004568_21183667.jpg

 なーんか上の方に寄っているセレクト(9)とスタートボタン(10)。どうも同社の他のコントローラと比較して見ると、この「Precision GamePad2」はアナログが無い分、本来アナログが有るべき場所を考慮した配置が災いしちゃってる感じ。
 お手元のプレステ純正デュアルショックでご確認いただけます通り、デュアルショックのセレクトとスタートボタンは左右のアナログスティックのせいで実に不親切な位置に配置されている・・・というのが烏丸の感想。それをLogitechならば回避出来たはず・・・なんですが廉価版であるこのコントローラは、単にアナログスティックが無くなっただけで、セレクトとスタートの位置が補正されていないとゆーワケであります。んー、キーボードやマウスなんかでは得意のエルゴノミクスを振りかざしているにもかかわらずこの体たらく。 まーほんの少しグリップを緩めて親指を伸ばせばいいんですけれども・・・




 って、まーこのくらいのコト、敢えてあげませんが他の三流メーカーのコントローラでは枚挙に暇が無い欠点なんですけどね。やはり入力デバイスに関しては世界的にも一流企業の同社なだけに、例え廉価製品であっても作りこんで欲しいトコロであります。


 デザイン  ★☆☆☆☆ 中身が透けて見えるってのもなー・・
 操作性   ★★☆☆☆ もう一声
 備考    "G-cluster"って・・・ゲームのオンデマンドサービスのこと?
 参考URL メーカーHP(US)


 で、上記参考URLをご覧いただくと分かりますが、本国でも9.99USドルと、本当に廉価版。国内でも取り扱いがありそーですが、探してまで買うような物でもありませんな。あと補足なんですけれども、一応わが社が一流になれるように個人的企業努力は惜しんでませんよ? 念のため。
by karasuma_usb | 2006-05-15 21:22 | コントローラ

除湿機とコントローラ。

 よーやく天候が回復して一人安堵。烏丸です。

 いやいや、連日の悪天候っていうかプチ梅雨に悩まされて悩まされてもー、って洗濯物が乾かないって点なんですけれども。と、言うのも烏丸のお家には、かれこれ8年くらい動作している除湿機があったんですが、先日謎のエラーコードを吐いて昇天。まー減価償却って点ではそこらのパソコン並みに大往生と言えるのですが、なにしろ鬼籍に入る時期が悪い。
 これから露まっしぐらってーのに何故にこの時期? と、死因を解明するより先に、新しい除湿機を近所のリサイクル屋で物色したんですな、土曜日に。まーリサイクル屋なんで「新しい」なんて申しましてもバッチリ中古なんですけれども、比較的発売時期の新し目の機種が2機種あったんですが・・・


 両方ともメーカーは「象印」
 烏丸も驚いたのですが、同社は電気魔法瓶、まぁいわゆる電気ポットの一流メーカー。にも係わらず除湿機なんてカテゴリの製品も取り扱いがあるんですなあ・・・で、その購入候補の2機種なんですが、

 1)2004年製で除湿容量2リットルも薄型で静穏

 2)2002年製で除湿容量6リットルでドラム型

 あんまり悩んでも仕方がないなーなんて思いながら両機種を吟味。
 前任の除湿機が古いなりに薄型だったこと、しかも爆音だったことを考えると、薄型で静穏の1)をチョイスしたくなる気持ち。まー2リットルって点で微妙と言えば微妙ですが、前任が1.5リットルであったことを考えれば全然許容範囲・・・うーむ。じゃあ1)かしら?


 なーんて思って両機種の型番シールに目をやると・・・


 1)Made in Korea

 2)Made in Japan


 じゃあ2)だろ



 象印、たしかに一流メーカーですから、生産拠点を海外に移したとしても品質管理の点では、なんら心配する必要はないのですが・・・やはり経験則からいって、"Made in Japan"と刻印されたHORIの初代ファイティングスティックは10年経っても現役ですからねえ。って、うまいことコントローラの話につなげることが出来て愉快。

 ところでアレですな。"Made in Korea" のコントローラやらジョイスティックってのはトンと見かけませんが・・・存在するのかしら・・・
by karasuma_usb | 2006-05-15 11:08 | 烏丸の壷