変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー

<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 聡明なる読者ちゃんならばすでに聞き及んでいるかもしれませんが、コントローラ業界の世界的老舗、ThrustMasterより珍妙なコントローラが。(→ソース)

c0004568_20582957.jpg

 上記リンク先はおなじみengadget。メーカーサイトには複数のイメージが掲載されているんですが、どーも斜めからのアングルに絶大なる自信をお持ちのようで背面からの画像は無し。

 さてこの方向キー周囲のステアリング上のホイール。わりと昔から見かけるギミックですな。拙ブログでも大昔に「PS SAKKARA AI」なんてーのをご紹介しましたけれども、どーもあれと同じインターフェースっぽい感じ。
 もっともThrustMasterの方は前述のとおり光学式、となると比較的スムーズな動き? かつ精度も高め? ではありそう。

 対応プラットフォームはPC・PS2そしてPS3。例の特許訴訟への問題なのか、はたまたPS3側でDualShockへの対応が(本体側で)出来ていないのか、PS3では振動機能が動作しないとのこと。なんかしばらくは面倒な話が続きそうですなー。


 なんにせよ購入リストに直行。

 しかしそれ以外には見所がなさそうだな・・・
by karasuma_usb | 2007-03-29 21:04 | 烏丸の壷

【レビュー】LOAS JOP-U238BK

買ってはいけない、ならぬ
 「買ってはいけない」なんて名前のベストセラー本がありましたが、読者ちゃんはご存知でしょうか。

 烏丸も「かいつまんで」読んだ程度なんですが、内容としましては(上記のリンク先をご覧頂くとして)、まー昔はやった"トンデモ本"の一種なんであります。で、ショッキングな内容とタイトルおよび宣伝の効果なのか、これがまた売れに売れた、と。(やはりマーケティングってのは重要なんだなーなんて、同書の思惑とは違ったところで感心しちゃったり)
 売れるものには反論がつき物なんでしょーか、恐ろしい数の反論本(または検証サイト)が出ているところが、同書の面白いトコロ。こちらも合わせて読んでいただくと余計な知識をつけることが出来て、読者ちゃんの人生を彩り豊かなものにしてくれること請け合い。

 さて本日はその「買ってはいけない」を踏まえた上でこんなコントローラ。


c0004568_20555633.jpg

 LOASの「JOP-U238BK」であります。購入価格は秋葉だかどこだかで300円前後。定価、というか一般的な量販店でのお値段は1280円、だそーです。(リンク先のGoogleの気遣い、「もしかして:JOB-U238」ってのが面白いですな)

 さておきインターフェースはUSB、10ボタンでドライバはWindows標準(一応製品に添付しますが)。実にフツー、フツーのUSBコントローラであります。独特な(されど特徴的ってほどでもない)デザインではありますが、ボタンの配置はDualShockライク。フォースフィードバックで(アプリ側が対応していれば)動作するタイプ。
c0004568_20561748.jpg

c0004568_2122666.jpg

 凹凸の主張が薄い"ノッペリ"とした形状の方向キー。タッチ自体も良くも悪くもフツー(の粗悪品)。 で、例によって全方向同時押し可能。またか・・・。


c0004568_2057348.jpg

 どうしようもなく塩味なデザインのレタリングが施された右手親指担当4ボタン。押し心地は良くも悪くも(粗悪品)。で、烏丸の個体だけなのかもしれませんが、ボタン1の反応が最悪。3・4度連打してよーやく1度認識、みたいな。なんかもー(粗悪品の)王道。


c0004568_20572429.jpg

 DualShockよろしく配置されてるLRボタン。こっちの押し心地は悪くない感じ。押しても反応しないだとか、意図せず押されっぱなしのよーな(粗悪品にありがちな)反応も無し。

c0004568_2057525.jpg

 中央に縦配置されてるのが小振りな9ボタンと10ボタン。TURBOとAUTO、CLEARによる連射設定とオート連射って点も安物(粗悪品)らしー感じ。


 いやいやホントに見所が無いっつー。お値段的なところで言えば、それこそ定価(?)の1280円には納得できないですが、300円とかなら・・・ねぇ?



 って、今日日300円も出せば一食分の食費くらいにはなるわけで、そーなってくると食事を抜いて購入したとシミュレーションするならば(どんな貧相な生活だよ)、この粗悪品のステレオタイプみたいな操作性の悪さを甘んじて受け入れるのもちょっと。
 と、いうワケで粗悪の原因を探るべく、珍しく分解。


c0004568_20581081.jpg

 グリップ部分には振動用のモーター×2。ってーコトはやっぱり振動はするのねぇ、って対応ソフトで検証してないのが丸分かりで恐縮。
 さておき、パッと見た感じではボタンの反応の悪さの原因は基板部分には無さそう。ってことはボタン自体に問題が?

c0004568_2059237.jpg

 ボタン部分の内部にバリ。うーん、成型の精度が低い。これこそが原因、ってワケでも無さそうですが、遠因にはなっていそう。とりあえず接点部分を磨いてみることに。

 もう一点、気になるのは方向キーの全押し。
 LOASに限らず国内ペリフェラルメーカー各社に見られる要素ですが、実はLogitech(Logicool)なんかの大手でも全押しできるダメなゲームパッドが多いのも事実。まーとりあえずLOASのこれの原因は?

c0004568_20592827.jpg

 案の定、方向キーの裏側中心部に支柱になるべきモノが無い。つまり方向キーを支えているのは、上下左右についているメンブレン(の反発力)のみ。メンブレンのバランス次第では、全押しをうまく回避できるツクリに出来そうなんですけどねぇ。そんなところまで気が回らないか、300円じゃ。

 じゃあ改良に向けて出来ること。とゆーワケで支柱を自作。自作、つってもプラスチックの成型をどーこーしようとなると敷居が高いので、今ある部品を再利用。


c0004568_20594955.jpg

 キリを使用して方向キー裏の中心部に当たりをつけて・・・

c0004568_2104886.jpg

 本体をとめているネジを埋め込み。
 たった2コマで完成、のように見えますが実はこのプラスチックが硬いのなんのって。途中からルーターを使って穴を掘らないとネジが入りませんでした。(30分くらいかかりましたかね・・・何やってるんだ300円に)

 あ、そうそう埋め込んだネジが基板と擦れるので、基板側はアルミテープで簡易保護してます。(写真忘れた)



 で、なんどかネジの深度を微調整してよーやく全押し回避。(ボタンのほうも接点を磨いたお陰か反応向上) と、ここまでやってもそれほど快適とは言えず。方向キー自体の上下左右感は明らかに向上してはいるんですが、サタパに代表される"真っ当な"方向キーに遠く及ばず。うーん、メンブレンの部分から見直さないとダメか・・・いやそこまでの手間をかけて改良したくなるよーなコントローラでも無いんですが。所詮・・・粗悪品ってーことなんでしょうけども。


 デザイン  ★★☆☆☆ 取り立てて見所も無く
 操作性   ★☆☆☆☆ 粗悪品のステレオタイプ
 備考    後述
 参考URL メーカーHPは左に


 300円で購入したことを考えるとあんまり文句もいえないんですが、とりあえず言えることは、1280円とかでは買ってはいけない。 更に自戒を込めて言うなら300円であっても買わなくていい。

 そんなコントローラであります。
by karasuma_usb | 2007-03-28 21:02 | コントローラ
 実は夜勤明け。烏丸です。

 いあー、眠い。ホントーに眠い。 昨夜の23時から朝の8時までお仕事。10時半くらいに帰宅して3~4時間程度、午睡する予定だったのですが、寝入りばなにエホバの商人が来訪。 久々に本気で殺意。オマイラ以上に独自の終末思想を刷り込んでやろうかと思いましたが、適当にあしらうのがやっとでありました。

 さて昨晩は手持ちの死蔵マウスの実地試験を行うべく、職場に持ち込んだんですが・・・どーにもこーにもマウスパッドとの相性が最悪でして。やっぱり100均のマウスパッドじゃ駄目かしらー、なんて思ったら、どーも100均店(ダイソーやらSeriaなど)ごとに扱っているマウスパッドにわずかながら特徴があるようで。職場に持ち込んだマウスパッドだとどーにもマウスポインタが微動だにしやがらねーときた。
 タダでさえローテンションなのに、動かぬポインタのせいで鬱が多重起動。鬱のマルチタスク、みたいな。(普段はシングルタスクでしか動けないのにねぇ)

 ところが、自宅のマウスパッド(こちらも100均)だと多少マシ。 うーん、やっぱり相性なんですかねぇ・・・って、自宅では無線光学式だとかも併用してるので、使うマウスごとにマウスパッドを変えるのは非常に面倒。 どーやらここいらでオールマイティなマウスパッドを購入しないといけないのかもしれません。

 って、今日日ボールマウスを使っている人自体が少ないんですよね・・・どうしようかしら。


c0004568_17173671.jpg

 最近のゲーミングマウス用のマウスパッドはボールマウスのコトなんて考慮してないだろーし・・・。
by karasuma_usb | 2007-03-27 17:18 | 烏丸の壷
 振り返ってみると今月の更新頻度はワリと少なめ。烏丸です。

 いやいやすいません。なんか買うだけ買って放置、という例のパターンに丸ハマリ。今月もそれなりの数のコントローラを回収(もはや目的ですらないような気さえ)してるんですが、どーもメインPCの具合悪ループから抜け出せない感じ。やはりそろそろ買い換えの時、なんでしょうかねぇ。ウーム。

 で、先日購入したWiiのために大き目のブラウン管(液晶だと光線銃使えないでしょ?)を購入予定だった、んですがなぜかこんなものを購入してしまいました。

c0004568_2023852.jpg

 novacの"EntaVisionML"なるアップスキャンコンバータ。入力はコンポジットとS端子の排他選択式。ちなみにテレビチューナ(もちろんアナログ)がついてます。

 とりあえず、ってんで手持ちのコンポジット(黄・赤・白)でPS2を接続してみたんですが・・・これがまたすげー汚い。汚いっつーか目に悪いギザニジミ。うーん、やはりテレビとCRTの解像度の違いなのか、それともこのアップスキャンコンバータがハズレだったのか?






 そんなに高い買い物ではないとは言え、肝心のアップスキャン機能がお粗末、じゃあ売却して改めて高いのを買うかやっぱりテレビを買い換えるか、って選択の前に・・・ケーブルを変えて様子を見ることに。
 ってんで購入したのがこれ。

c0004568_20122647.jpg

 フジワーク社のS端子ケーブル、「技」
 お値段はamazonで2100円。高いのか安いのか良く分かりませんが、こーいう値段だっけ? ケーブルって。

 で、早速PS2→アップスキャンコンバータ間をつないでいたコンポジットケーブルと交換してみますと・・・アラヤダ全然違う。なんかスゴーイキレイ。ケーブルでこんなに違うんだーなんて感心しましたーなんて感想を述べているワリには画質比較のスクリーンショットのひとつも載せられない烏丸。


 やっぱりPC買い換えて、そーいうことも自在に出来るようにしたほうがいいのかしらん?
by karasuma_usb | 2007-03-24 20:21 | 烏丸の壷

モバイルWii。

 外人の奇妙なバイタリティには毎度驚かされるワケですけれども、なんとWiiをモバイル化したとゆーお話。(→ソース)

c0004568_5513621.jpg

 ファミコン店にあるよーな試遊台を連想させるこの物体、中身はWiiとゲートウェイの24インチHD液晶モニタ。で、上に乗っかってるのが太陽電池。 消費電力が他の次世代機(もー次世代ではないですが)よりも小さいWii。ひょっとしてソーラーパネルごときで電力供給できるほどエコロジカルなのー? って思ったんですが、冷静に考えるとゲートウェイの24インチに対しても電力供給してるはずなんで、オイオイどーなの実際。

 って、実はWii本体と液晶の消費電力計170wのうち、太陽電池は20wまでしか供給できないそーで、実はこのタイヤつきアップライト筐体の中のバッテリーを充電する、って仕組み。つまり日中は直射日光の下をさまよいあるいて充電、日が沈んだころに(バッテリーが満充電になってれば)よーやくWiiで遊べる(かもしれない)という。

 いやーこれは流行らんわ。
by karasuma_usb | 2007-03-23 06:06 | 烏丸の壷
 本来なら昨年の11月に出ていなければおかしい、例のSplitFish社製FPS用コントローラ「edgeFX(こんな名前だったっけ?)」がPS3版として発売される、って話。(→ソース)


c0004568_20434757.jpg

c0004568_20435659.jpg

 米国ではあまりの人気に市場在庫がほとんど見つからない(ただしソースはソニー)、なんて話の出てるPS3のカラーリングに合わせてPS3版は黒ベース。なのはいいんですが冷静に考えるとPS2だってデフォルトカラーは黒だったワケでまーいいや。

 ともあれ、本家SplitFishのサイトでは”Available Now!"なんて誇らしげに書いているワリにネット上で販売店がちーとも見つからないのに早くもバリエーションモデルが出てしまう不思議。もーどっかが代理店でもやってくれるのを気長に待つか、改めて本腰を入れて探すか悩みどころ。

 ちなみにPS3版でお値段は69.99ドル。日本経済のことを考えると円安を希望しますが、買うタイミングでだけ円高になってほしくなるのは一国民として恥ずべきことなのかしら?
by karasuma_usb | 2007-03-21 20:49 | 烏丸の壷

ヌンチャクも光る。

 毎度。烏丸です。テンション↓

 金曜日くらいからヤヴァイなーって思ってたんですが、予想通りの38度。昨日はまるまる寝てたのに熱が下がる気配なし。ウーヌ
 しかし3度の食事はしっかり採っているにもかかわらず、便通無し。出しちゃえば熱も下がりそうな気がするんですが・・・浣腸か? 浣腸なのか?

 インフルエンザではないと信じてますが、読者ちゃん諸兄もご注意あれ。

 って、烏丸の近況を報告するだけなのもアレなので、おなじみengadgetよりこんなMod。
c0004568_9354790.jpg

 Wiiのヌンチャクコントローラに青色LEDを埋め込んで青く光りますよー、なんてワリかし地味目なMod。(→ソース
 つってもヌンチャクコントローラも昨日のワリには見た目が地味なので、こーいうオシャレもアリなのカナ、と。

 そーいえば触ってないやWii・・・
by karasuma_usb | 2007-03-18 09:43 | 烏丸の壷
初代セガマウス。
 日中の春めいた陽気とは裏腹に、夜及び明け方の寒さに早寝早起きを余儀なくされている烏丸です。いやークシャミで目がさめるとかって厳しいですな。しかも目覚ましが鳴る40分前とかだったりすると二度寝するワケにもいかず・・・季節の変わり目ってーと体を壊しやすい時期。読者ちゃんもお体、ご自愛くださいまし。

 とは言え、この冬と春の境目。
 烏丸が潜む東京都町田市のはずれでは、梅と桜がコラボレーション。梅にしろ桜にしろ、その品種によっては開花時期が重なることもあるんですが、今年は冬が長引いたせいか梅の開花が遅れたせいか同時咲き。結果、拙宅の眼前では桜、裏山では梅と、なんとも見目麗しい感じに色づいているんですな。うーん、こーいうコラボレーションは大歓迎~みたいな。


 さて"コラボレーション"なんて単語。マーケティングの結果、双方にとってメリットがある・相乗効果が見込めるなどの場合に立てられる、いわゆる"共同企画"のコト。一昔前までは普通に"共同企画"という言葉で呼ばれていましたが、なんだか気が付いたら横文字。(日本語の将来を憂いてしまいますな・・・)
 Wikipediaの記述を見る限り、最近では企業間よりもアーティストだとかのコラボの方が活発なご様子。しかし烏丸が印象に残ってるコラボといえば・・・










c0004568_2119512.jpg

 "SEGA TERADRIVE"
 なんとSEGAとIBMのコラボレーションPC。"SErvice & GAmes"と"International Business Machine"! 一目で娯楽業界に一途だとわかる前者、実直を地で行くハードウェアベンダであるコトが分かる後者。社名の略語を日本語に直訳するだけでも、両企業の路線と目的・信条に嘘が無いことがわかりますな。なんていうか、"股ぐら"を"ビキニライン"と読み替えるような卑劣さとは無縁。いや全然ダメだこの比較対象。
 さておき、名前だけでも相対している両社がガッチリとタッグを組んで発売したこのPC互換機、それがTERADRIVEなんですな。



 しかし残念、ご存知の通り後継機も出ることなく、スペック違いの3モデルで終了、しちゃったとゆー。

 今となっては図りかねるところではありますが、

 SEGA :メガドラファミリー製品拡充+PC市場に食指
 IBM :ゲーム業界への足がかり

 とかそんな思惑だったんですかね。

 ふと考えるとこの両企業。大企業である・その道のエキスパートであるという共通点のほかに、非常に似た境遇。

 SEGA :ドリームキャストを最後にコンシューマハード撤退
 IBM :コンシューマ向けPC部門をLenovoに売却して撤退

 ああ、なんか悲壮。その後の話は現在の通り。

 SEGA :ソフトウェアベンダーとしてかつてのライバルにゲーム供給
 IBM :ハードウェアはサーバー部門に注力

 まーIBMに関しては、WiiやらXBOX360のCPUを担っていると言う点で、コンシューマゲーム機に大きな市場を持っている=思惑の一部は成功しているとも言えますな。(思惑、ってのが烏丸の想像と一致していれば、ですけども)



 さておき、この"TERADRIVE"。
 一応(失礼)PCなのでキーボードとマウスを装備してるんですが、これがまたいい感じにノスタルジーなんで、本日はそのマウスをご紹介。









c0004568_21202932.jpg

 ズーン。

 あぁ、"ズーン"なんて申しますとちっとも盛り上がってないMicrosoftの"Zune"を連想させますがあれもフェードアウトしそう、って話は置いといて、これがそのTERADRIVE付属のマウス「HTR-2300」であります。いや型番を書いたところでピンとこないですが。

c0004568_21205650.jpg

c0004568_21211376.jpg

 当然と言えばそれまでなんですが、2ボタン。メガドラと互換機だからって3ボタンだったりしないんですな。しかしメガドラ純正パッドがエルゴノミクス(自称)を標榜していたのにもかかわらず、全然エルゴらしくないデザイン。このあたりのデザインはIBM担当だったのかしらん?

c0004568_21213262.jpg

 ボールマウスゆえにちょっと甲高。
 さておきこのカラーリングはなんとも微妙。メガドラに合わせた黒・金・赤のカラーリングではなく黒一色。IBMよりな落ち着いたビジネス寄りデザイン、と一瞬考えたんですが、当時のSEGAとIBMのブランドカラーですな。


c0004568_21215328.jpg

 コネクタは時代的にシリアルかと思いきや、普通にPS/2。シリアルならシリアルで、PS/2に変換するアダプタなんて今でも入手可能なんでどーとでもなるんですが、面倒は少ない方が嬉しいキモチ。(しかしIntelの次世代規格ではPS/2が除外されるという噂ですが)

c0004568_21221591.jpg

 ボタンの押し心地は「コチコチ」という感じ。「カチカチ」ではなく「コチコチ」。硬派がウリ(いや本人?は否定するでしょーが)のSEGAと質実剛健のIBMのコラボレーションらしいタッチなんであります。


 でもって。

c0004568_21223785.jpg

 当然のようにボールマウス。
 で、これが非常に重量感のあるボールでして。一般的な、というか粗悪かつ廉価なマウスだとこれがまた軽ゥいボールが採用されていたりしますな。ちと比較してみますか。

c0004568_21251788.jpg

 粗悪代表PackardBellのマウス、

c0004568_21235188.jpg

 のボールと比較。アララ大きさがぜんぜん違う。
 残念ながら烏丸、精密秤を持っていないんで正確なところはわからないんですが、もー明らかに重量も倍近く違う感じ。材質もPackardBellのほうはなんだかカサカサした材質。TERADRIVEのは金属球にゴムの外装。
 PackardBellのそれに比べて、TERADRIVEのマウスはなんというか安心感というか頼もしいとゆーか。これは完全にボールの重さと材質の違いってコトなんでしょーね。

 そー言えば国内でも普及初期のマウスはまんま鉄球だったりしたこともありましたが、なるほど重い方がよろしい、ってのは作り手も当然理解していたんでしょーな。(まーコストとの兼ね合いもあるんでしょうけど) 最近のゲーム用マウスなんかだと軽さがウリだったり、錘を変更してお好みの重量に変えられたりしますが、昔のマウスは重いほど動かしやすかったという。

 問題はマウスパッドを選ぶ、ってコトですかね。やっぱり机の上に直、ってのはどーも苦手なようで、明らかにポインタの追従性が悪くなります。ホコリを巻き込みやすい、ってのも心配だし。しかし今日日、ボールマウス向けのマウスパッドなんてトンと見かけませんからねぇ・・・



 何はともあれ、普通に使いやすいマウスではあります。カウント数なんかは恐らく400dpiがいいトコだと思うんですが、マウスパッド次第でなかなかの追従性。それはもう、800dpiを超える/もしくはそれ以上のゲーミングマウスなんかと比べるのは気の毒ってもんで。そこはほら、SEGAのロゴが入ってかつIBM設計(じゃあないかもしれませんが)ってだけで、相当に萌えるマウスだと思うんですな。
c0004568_21254633.jpg

 まー常用するにはアレですけど、見つけ次第お手にとっていただきたく。


 デザイン  ★★★★★ ブランド勝ち
 操作性   ★★★☆☆ ボタンの少なさはアプリでカバー
 備考    TERADRIVE自体は改造ベースとして人気なご様子
 参考URL Wikipedia TERADRIVE




 "歴史にIFは無い"のは重々承知ノ助なんですけれども、もしこのTERADRIVEが商業的な成功を収めていたら、なんて想像するといささか興奮。例えばサターンのCPUがPowerPCベースだったり、ドリキャスのカラーが黒い上に"Powered By OS/2 Warp"だったり、最終的にIBM-SEGAなんて合併? ああ。



 いやOS/2はねーな・・・
by karasuma_usb | 2007-03-15 21:26 | マウス

Wii、きたる。

 先週の金曜日の話で恐縮ですが、ついに烏丸家にもWiiが。

 ブラりと立ち寄ったヨドバシカメラ新宿西口。ゲームを売っている店舗にて、目前の店員さんが

 『ただ今よりWiiの限定販売を行いまーす。3番レジにお並びくださーい』

 奇しくも烏丸の立ち位置は3番レジから距離にして1メートル。アラヤダ。
 ってんで当然並んでゲトー。本体+WiiSports+ファイヤーエムブレム+クラシックコントローラ(5000ポイント付き)+SDメモリカードで締めて44000円。うーん、本体が安いとはいえ、このくらいの値段になっちゃうのねー。

 気になったのはお会計中、横のレジで買い物していた中国人女性が、烏丸の購入しているWiiの箱を指でつつきながら店員さんにガナり立てていたこと。どーも他のレジで購入手続きをしている最中に"限定販売"が始まってしまったことにご立腹のご様子。まーキモチは分かるんですよ。アソコのレジは毎週待つに長蛇の列。さんざん並んで先頭にたったら隣のレジでWii販売開始・・・烏丸が同じ立場だったら泣ける。 でもね。



 Wiiが買えないことを盾に値切り交渉って何?





 で、重い思いをしながら持ち帰ったんですなWii。いやー面白いですねWiiSports。うっかりリモコン投げる人の気持ちがわかるくらい白熱します。この調子でリモコンを生かしたコンテンツを出しつづけて欲しい気持ち。

 とりあえず14インチのテレビだと厳しいことも分かりましたが・・・
by karasuma_usb | 2007-03-12 21:39 | 烏丸の壷
 ここのところ拙ブログで新製品情報をリンクしてなかったんですが、久々に。

 AkibaPCHotlineでご覧になった読者ちゃんもいらっしゃるかも知れませんが、左手用コントローラの新作が。

c0004568_21352888.jpg

"Belkin Nostromo SpeedPad n52"にかなりクリソツなこの製品。
 安物マウスの老舗、台湾Genius(KYE)社の新製品。11個のマクロ対応キーと方向キーにホイール、ゲーム毎のキーマッピング切り替えボタンと、やっぱりn52にそっくりねーという印象。パームレストの形状が確かにエルゴライクな感じではありますが、本当にエルゴなのかどーかは使う人次第ですからねぇ。アジャスタ機能とかあるのかしら?

 ちと気になるのは若干ボタン数が少ないかなーって点。3+4+4で11のレイアウトは、まぁいいとして、FPSなんかで左手用コントローラを使う場合、武装の切り替えは大概数字キーをダイレクトに押すワケで。そーなってくるとWASDを方向キーに割り当てないと数が足りない予感。そこらへんはマーケティング不足なんじゃないかナーと思う次第。
 あとキータッチ。n52のキータッチは劣化が早かったのでその辺が考慮されているのかどーか。やっぱり現物触ってみないと何とも言えませんなー。

 お値段が少々高め(10000円ちょっと)なのは、国内取扱が今のところUser'sSideだから? n52やSaitekの"CommandUnit"みたく流通してくれることを祈りますけども。

 メーカーサイトはコチラ
 
by karasuma_usb | 2007-03-12 21:35 | 烏丸の壷