変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb

<   2007年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 アーケードゲーム・・・っていうかゲーセン、チィとも行かなくなりましたなぁ・・・って、読者ちゃんはいかが?

 烏丸は学生時代に遊ぶ・働く共にゲーセンで過ごしすぎた反動なのか、どーも社会人になってからは足が遠のきがち。まーあの頃と違って個人的に他にも娯楽が氾濫しているから、なのかもしれませんけれどもー。

 さておき、いつぞやカプコンが「ゲーセン・ドットコム」なるオンラインサービスを発表したのを憶えていらっしゃるでしょーか。

c0004568_21342058.jpg

 現時点では、リンク先および上記の画像をご覧いただければ分かりますとおり、サービス開始は今年中「予定」。 単なるゲーセンのオンライン版、ではなくSNSヨロシクコミュニティ的なシステムを併せ持つサービスを目指している、かつローンチ時点の対応ゲームタイトルの拡充を図ってるそーで、まー気長に待ちましょうかねぇ・・・

 って思ったら、既に米国では似たようなシステムのサービスが開始していたんですな。





c0004568_21135413.gif

c0004568_21243963.jpg

GAMETAP


 2005年以来、米国で現在ベータテスト中のこのサービス名は「GAMETAP」
 専用のクライアントをPC上で起動して対応ゲームをダウンロードして手元でプレイというシステム、このあたりはおそらくカプコンのゲーセン・ドットコムとは異なる予感(特にダウンロード)。現時点ではフリーでプレイできるゲームが44タイトル、99セントかかるゲームが919タイトルというナカナカのタイトル数。日本国内での最初のニュースから2年・・・まだベータとは・・・。

 とは言え烏丸、早速アカウントを取得して・・・




c0004568_21234466.jpg

 って思ったら残念、現時点では米国内のみプレイ可能。
 まープロクシを経由してどーにかすれば日本国内からもアカウントを取得して参加できそうではあるんですが、2007年内にサービス地域を各国に拡大予定だそーで、じゃあそれを待って・・・って日本だと難しそうな予感。

 何しろ「ネットげーせん」事件なんてのもありましたからねぇ・・・ああ、あと「オレたちゲーセン族」もMAME盗用疑惑"確定"だったっけ・・・両方とも韓国がらみなのが泣けます。

 とりあえず「GAMETAP」、韓国が絡んでないだろうとは思うんですが、なんとなーく経験上、色眼鏡。
 やっぱりカプコン待ち、かしらねぇ。
by karasuma_usb | 2007-07-31 21:37 | 烏丸の壷
 打ちひしがれてますか。打ちひしがれてませんか。烏丸です。

 本日、行きずりの殿方と一夜限りの関係を結んだんですな。いわゆるプレイ、いやなんか足りてないなアレだ、パーティプレイ。(これもなんかマンションの一室で行われてそうな言い回しですが)

 で、まー味方の攻撃はダメージならずとも判定自体は存在するそーで、仲間の攻撃で吹き飛ばされたりなんなりと面倒らしい、と聞いていた烏丸は他の方のプレイから少々離れていたところで見学。スキあらば御自ら攻撃に参加、というキモチだったんですが・・・なんかこーターゲット以外のモンスターにボテくりまわされてワリと村八分状態。


 よーしおまえら二人組み作れー。


 なんて心無い担任教師に言われて一人余るタイプ、それが烏丸。
 なんですかねぇ、現実でも非現実でも・・・


 まー面白かったですよ。 ええ。


 ワーイ













c0004568_22505487.jpg

右が筆者。














c0004568_23385555.jpg

答え

by karasuma_usb | 2007-07-30 22:51 | 烏丸の壷
 今年はおよーふく、ほとんど購入しないままに夏に突入。烏丸です。

 いや毎度毎度古着ばっかり購入してるんで、あんまりブランド系にはキョーミが無いんですけれども・・・ご存知でした、「ジョイスティック」なるブランドが存在することを?








c0004568_19523386.jpg

 ヤフオクで発見したアイテムの一つ、ブラウス。

c0004568_19582274.jpg

 ホラホラ、「JOYSTICK」って書いてあるでしょ? うーん、こんな名前のブランドが・・・しかも信じられないくらい烏丸ごのみのデザインなんですけども・・・
 お値段が・・・




c0004568_19541665.jpg

 
16000円。


 たたたた、高いッ! せめてボーナス直後にその存在に気づいていれば・・・って、




c0004568_19561724.jpg

 
女性用。


 無念。どーも女性向けのブランドのご様子。
 うーん、寸法さえ合えばイケるかなーなんて思うんですが、着丈やらなんやらの具体的な数値を見るともー無理。

 しかしなんでまた女性用のブランド名がジョイスティック? 日本語にすると「お楽しみ棒」ですよ?
by karasuma_usb | 2007-07-29 20:01 | 烏丸の壷

PSP+SIXAXISが、合体。

 ソニーの行き詰まりっぷりに諦観に似た気持ちをお持ちの読者ちゃん、コンニチハ。松下かソニーか聞かれればソニー派。任天堂かソニーかと聞かれればソニー派。セガかソニーかと聞かれれば残念、セガ派。 烏丸です。

 (まーセガの今のポジションも相当泣けるものがありますが)

 さてここに来て迷走しまくりのソニーから面白い特許の話。(→ソース)

c0004568_11415670.jpg

 ソースは御馴染み、engadget。
 米国特許庁に出願されていた、SIXAXISとPSP Liteをドッキングして使用するアイデア。接続方式は有線または無線と明確に決定されていない様子ではあるものの、こーなると新型PSPは単なるバージョンアップというより、本格的にPS3との親和性を向上させてDSにブツけ・・・いや最初からDSに負ける目算ではなかったハズですけれども。

 さておき、いざドッキングさせてからどーしようかってのが気になるところですが、engadget管理人殿がおっしゃっているよーに、PSPで6軸操作、PS3のゲームプレイ中のサブディスプレイといった想定?
 個人的には前者はPSPの純正付属オプション(GPSユニットのよーな)で実現してもらったほうがスマートだと思うんですけどもねぇ。

 っていうかPSPが薄くなったのはそもそもこーいう予定だったの?
 
by karasuma_usb | 2007-07-28 11:59 | 烏丸の壷

シュウォッチ、復刻。

 「時の人」ってのは、どのくらいのサイクルでローテーションしてるんでしょうか。時の人に慣れるなら犯罪者以外での採用希望。烏丸です。

 烏丸が生きた昭和という時代。セピア色、というよりは固定16色な色合いで鮮明に思い出される当時の記憶は主に黒歴史で塗り固められているわけですけれども、そんな烏丸が鮮明に覚えている当時の「時の人」といえば、言わずと知れた高橋名人。現在はハドソン社内での役職は"名人(部長待遇)"だそうですが、各所で精力的に活動されている、まさに「現役」な方であらせられます。

 さてそんな名人を「時の人」にしたキッカケと言えば左様、"16連打(※)"のキーワード。(※"16連射"というのは誤用だそーです)
 当時メディアミックスという言葉こそ使われないものの、様々な商品展開の元となったこのキーワードですが、その商品群の中でもこれ、覚えていらっしゃるでしょーか。

 連射能力測定機能付き時計、シュウォッチであります。

c0004568_20422779.jpg

 
シューティングウォッチ略してシュウォッチ


 いやー懐かしいというかすいません、烏丸は持っていなかったもので特に感慨もないんですがなんと、この度数量限定(1万個)で復刻されるそーで。(→ソース)

c0004568_20393817.jpg

 基本的な仕様の変更はないものの、ちょっと前から携帯なんかで流行っているパネルの着せ替えが可能、しかも最初から着せ替え用のステッカーが1枚同梱。

c0004568_20405811.jpg

 ステッカーは1枚付属と書きましたが、実は上記3種類の絵柄(ボンバーマン・スターソルジャー・冒険島)からランダムで1枚。スターソルジャー以外は連射いらなくね? って疑問が頭をもたげますが気にしないのが団塊ジュニアの大人の対応。

 限定1万個、ってあたりでプレミアがつく可能性は少ないものの、いざ購入してみたらスターソルジャーのステッカーじゃなかったら少々悲しくなる人が多そうな予感。

 とりあえず3個購入して様子見、なんてテも有ります。(3個ともスターソルジャーじゃなかったら発狂もんですが)
by karasuma_usb | 2007-07-27 20:42 | 烏丸の壷
個人的にMHF向け。
 国産MOでは近年まれに見る盛り上がりを見せているモンスターハンターフロンティア、例によって略してMHFですけれども・・・読者ちゃん諸君は本業を忘れて熱中しているのかしらん?
 烏丸はといいますと、なんとなーく惰性で課金してみたものの、課金後2週間ほど経過して元が取れているのか微妙な状態。残りの2週間で来月も課金すべきか悩みどころ・・・なんですけれども。

 さておき、PS2やらPSPからプラットフォームを移してPCのみとなったMHFですが、なかなか商売上手な運営。クライアントフリーとは言うものの、特殊イベントに参加できるイベントコード付きのパッケージ、アイスやらクレジットカードとのコラボと、なるほどメディアを超えたマルチな商品展開に脱帽。

 そんな"コラボレーション"の中に、"MHF推奨"と銘打っていくつかのコントローラが発売されてますな。何しろこのゲーム、プラットフォームがPC、しかも基本的な操作がPS2からの移植=コントローラで操作が前提。一応キーボードとマウスでも操作できるものの、なるほどコントローラ買わなくちゃと思わせる残念な操作性。これもまた商売の一環なんでしょうか。

 ところがこれらの一連の推奨コントローラ、単なるUSB多ボタンの一般的なもの。中にはキーボードのファンクションキーをコントローラ上に実装することで特徴を持たせたモノもあるものの、わざわざ購入しなくても適当なPC用コントローラでも代用可能・・・。

 となると烏丸みたいな自宅にコントローラがそれこそ産廃レベルで山積している人間はまず手元にあるのでプレイ、となるワケで。

 で、今回のお題はこれ。










c0004568_20363972.jpg

 香港はBLAZE社製「Viper 魅影」であります。

 なーんか見たことあるなーと思われた読者ちゃんはヤヴァイ。鋭い。ナイフみたいに尖っては触るもの皆傷つけるレベル。10年ちょっと前の初代DualShock登場時に、これのプレイステーション版が"Viper"なる商品名で秋葉原あたりで流通していたことがありました。
 実は当時、香港旅行中に現地で発見していたんですが、これなら秋葉でも買えるなーって華麗にスルーしたものの、いざ秋葉に赴いてみると売り切れ。しかもその後、縁が無いのかトンと見かけなくなったなんとも小憎らしい製品とゆー。世の中って非情ねぇ。
 まぁ結局PC(USB)版を入手出来たので許してあげられそうなんですが。世の中を。


 さてよーやく入手出来たのに1年近く寝かせた上で、特に熟成するワケでもないので追々開封・・・する機会となったのが前段のMHF。DualShock2互換でUSB、付属のドライバを入れなくても標準HIDで動くこの「魅影」、の各部位は以下のとおり。





c0004568_20371983.jpg

c0004568_2038967.jpg

 烏丸が記憶しているところのプレイステーション版では当然、各ボタンにはPS準拠なボタンロゴ(○×△□・LR)がプリントだったか刻印だったかされていたはずですが、USB版である魅影では無念、陳腐な数字のプリント。

c0004568_2040270.jpg

 当然と言えば当然ですが、これらの数字はコントロールパネル上の表示に一致。ついでに言うとJoyToKeyの表示とも一致しているのでアレアレこのボタンってば何番? みたいにならないのが当たり前とは言え良心的なトコロ。(でもモー少しデザインに凝って欲しかったと思うのですが)
 しかしながら感触の方は、若干デザインが災いしたのかイマイチ。
 どーイマイチなのかと申しますと、各ボタンのエッジが盛り上がっているせいで、押し込んだ際に指がボタンのエッジに触れるんですな。好みの問題なんでしょうが、ボタンの直径が小さめなこともあって、連射した時に少々違和感というか不愉快・・・いや言い過ぎか。


c0004568_20413575.jpg

 可もなく不可もなく、なアナログスティック。
 表面の処理も純正DualShock"2"と同様にラバーコーティング。そもそもの設計の問題なのか、はたまた潤滑剤分が足りないのか、下ろしたての状態から若干の"きしみ"が。まー悪化するよーならシリコン系潤滑剤、かなと。
 もちろんDualShock2と同様に、押し込み時にもボタンとして反応。とりあえず、アナログスティックを酷使するMHFでは問題なく使用出来てはいます。


c0004568_20423717.jpg

 SELECTとSTART、連射設定にスローボタンはゴム製。
 お世辞にも良心的な配置とは言えない上にゴム製ってところで押し心地だとかはアレ。
 しかしスローボタンの配置が4ボタンよりなのは、咄嗟の時に即スロー開始出来るように配慮してるんでしょうか。(烏丸はスロー、全然使わないんですけど・・・世間一般では使う方、多いのかしら)


c0004568_20443093.jpg

 アラ懐かしいネオジオCD付属コントローラの方向キー、かと思いきや若干タッチが違う感じ。どちらかと言えば操縦桿型ジョイスティックに付いているハットスイッチのタッチ。なので中身はアーケードスティックのようなタクトスイッチ×4、ではなくマイクロスイッチ×4。おのずとストロークも短め。

c0004568_20444652.jpg

 カチカチとした音が非常に耳障り。
 なれどもMHFではメニュー選択やカメラ移動などのアクション性のいらない操作にしか使用しないので、逆にカチカチとした音は"ちゃんと操作できている"感じがして個人的には好印象。


c0004568_20451294.jpg

 グリップ部は一般的なコントローラよりも大分分厚い作り。
c0004568_20454423.jpg

 しかもアナログスティック同様、ラバーコーティング処理されているので実にしっとりとした感触。コントローラ自体の重量はその他のメーカーのものと大差ないと思われますが、この厚みとラバーの感触で、なんとも高級感が・・・


c0004568_20462045.jpg

 でもまーそこは中国製。ちんまりと残るバリに少々悲しいキモチに。まー気に食わないならカッターなりでそぎ落とすのもテでしょうけど。このグリップが一番お気に入りのポイント、なんだけどなー。




 と、まぁふたを開けてみれば思ったより地味な一品。
 まー今時DualShock2互換のボタン数でコントローラを作った場合、よっぽどな特徴を盛り込まない限りは、どれも似たような製品になってしまうのも仕方が無いことなのかもしれません。
 しかしながら同業他社がこぞって適当な設計もしくは安易な流用の結果、全方向同時押し可能だったり劣化サタパだったりすることを考えれば、こーいう特色のある方向キーのほうが烏丸、使う喜びが見出せて嬉しいといいますか。

 こーいう探究心、国内のコントローラメーカーにも欲しいですねぇ。



 デザイン  ★★★★☆ バリだのボタンのエッジだのを除いても好き
 操作性   ★★★☆☆ 方向キーの使い方次第で+★
 備考    ともあれ、引き続きPS版も探していたり。乗りかかった船。
 参考URL メーカーHPは左から、なんですが有名無実化して久しいです


 ところで読者ちゃんはどんなコントローラでMHF、プレイしてるのかしら。
by karasuma_usb | 2007-07-26 20:48 | 烏丸の壷
 徐々に。徐々にというには余りにも牛歩的に面白さが分かってきたよーな気がするものの、未だ気のせいではないかとゆー疑念が頭をよぎりつつも烏丸です。

 で、まーその面白さが分かってきたよーな気がするってのはモンスターハンターフロンティア、略してMHFの件。例によって他のユーザーとパーティなんぞを組むことも無く黙々とキノコ狩りやら石ころ掘りやらを繰り返した結果、プレイ開始から約10日経過してよーやくハンターランクという体たらく。

c0004568_20551317.jpg

マタンゴというキノコは 人に寄生いたします


 どうも周囲の話では、ハンターランクが2になってからがMHF本来の面白さが分かるそうで、なるほどランクが上がってからは平和にキノコ狩りにいそしむ烏丸に襲い掛かる"キノコ狩り狩り"を生業にする凶悪な顔つきの爬虫類やら、男の哀愁を漂わせながら石ころを掘りつづける烏丸の背中にリビドーを感じたらしい巨大イノシシ(推定:オス)などに文字通り掘られることも多々。



 さておき、腰を据えてMHFをする、という"とりあえずの"命題におきまして先日、死蔵していたコントローラを下ろしてみたりしたんで次回はコントローラネタで。

c0004568_20563723.jpg

 つってもあれですね、MHFをプレイされているご同輩からしてみたら、たかだかハンターランク2ごときで文字通り喘いでいる人間が使っているコントローラなんて何の参考にもならなそうではありますが。
by karasuma_usb | 2007-07-25 20:56
 「ラジコンシミュレータ」というジャンルが確固たる地位を築いている、というコトに関しては非常に疎いと言わざるを得ない烏丸ですが、こんな製品があるそーです。(→ソース)

c0004568_2041794.jpg

 製品名は「ハイテック USBシミュレーターインターフェイスケーブルSIC-HE 」・・・って凄まじい長さなんですが製品名。
 さておきどーいった製品かと申しますと、市販のプロポ(DIN6ピンコネクタ要搭載)をラジコンシミュレータ用のデバイスとして使用することが出来るようにするアダプタ、なんだそうで。

 リンク先では「ラジコンはシミュレーターで練習する時代」なんて書いてありまして、なるほどヘタすると何十万もするよーなラジコン飛行機も一瞬の操作ミスでバラバラになることを考えると、事前にシミュレーションしておいて本番に備える、というのも理にかなった話だなーなんて思ったり。

 しかし相変わらず高い遊びですねぇ・・・。

c0004568_20412781.jpg

by karasuma_usb | 2007-07-24 20:41 | 烏丸の壷
 よーやく。帰省から帰宅。烏丸です。

 いやー疲れました。道路が混まない時間帯を最大限に駆使して帰って来たものの、結局那須から町田まで5時間ちょっと。首都高が・・・もーすこし空いていれば・・・って平日なりの混み方なんだもんニャー。

 さて今回の帰省では現地でも車を駆使しまくりで移動したもんですが、実走行距離が800キロ超とナカナカの距離。で、これまであまり行かなかったトコロにまで足を伸ばしてみたら・・・




c0004568_178309.jpg

 とある観光地でアラヤダ懐かしい、アイレムの「怪傑ヤンチャ丸」のエレメカが。いまちょっとググったら1987年の作品だとか。ってーことはこのエレメカもその辺りの年代なのかしら。

 どんなエレメカか、っつーとコイン投入後下後にパネル下部(あ、見切れてる)の3種類のボタンを選択、その後ランダムに選択される"アミダ"のルートをタイミングよく選択。で、最初に選択されたボタンの絵柄とアミダの結果が一致すると景品がもらえるとゆー。

 まー1ゲーム20円と大変リーズナブルなプレイ設定である代わりに景品も恐ろしくチープ。もーなんかゴム風船1コとか。他にも君の悪い色をしたクリップとかもー、20円で等価交換するにはミクロな意味で金銭感覚が破綻してないと駄目ーみたいな。





 で、1プレイしたんですがハズレました。
 もーなんかなんとも言えない敗北感。




 っていうか帰省中にやることだろうか・・・
by karasuma_usb | 2007-07-23 17:10 | 烏丸の壷
 いあー毎度。烏丸です。

 先月だかにご紹介いたしましたMadCatzの壮絶なジョイスティックですが、User'sSideで取り扱いが始まったようなのでチェケラ。(→ソース

c0004568_9475753.jpg

 お値段は7329円と、ちょっとたじろぐお値段。まーリンク先には"アーケード感覚"なんて書いてありますが、これが"アーケード感覚"なジョイスティックでないことは異次元人(ポドリムス?)でもない限り一目瞭然なワケで、いわば好事家向けの価格設定だと思えば納得・・・できますか?

 さて実は本日より少々早い? 夏休みを取得しまして実家へ。
 な、もんですから週明けくらいまでは更新がないと思っていただいて結構です・・・といいつつ、W-ZERO3餅なんだから更新できるじゃーんと思いながら、3~4日情報化社会から離れるのも脳に良いのではないかなんて思ってみたり。(最近ひどいんですよね・・・眼精疲労からくる頭痛が)

 ではまーそんなこんなで。
by karasuma_usb | 2007-07-20 09:52 | 烏丸の壷