変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

車内でHack、アンドSlash。

 詰む詰まぬ、っていかにも進退極まった感じがうかがえる烏丸の人生ですが字が違う、ってつまり"積む積まぬ"。つまり"積みゲー"の話題。

 何等将来の展望に基づかず、思い付き・衝動によるものばかりだった烏丸の購買活動でしたが、コト携帯プラットフォームの"RPG"に関してだけは、4月に購入してプレイ時間40時間を越えて尚一度目のエンディングすら拝めていない、そう


c0004568_23173158.jpg

"ヘラクレスの栄光 ~魂の証明"

※画像はイメージです

 の、せいで心理的なタガが存在していた、んですが次・・・用に買っちゃった。




"バウンティ・ハウンズ"

 プラットフォームは久々の"PSP"。
 よくよく考えると最後にPSP用のゲームを買ったのは昨年夏。およそ年1回のペースでしか同プラットフォームのゲームを購入してないコトを考えると、拙宅で最も元が取れてないハードなんですなPSPって。

 さておきこの"バウンティ・ハウンズも"最新ゲームに在らず。発売自体はおととし、その存在は"Gamewatch"の記事で知っていて、かつこれまた先日購入して現在絶賛プレイ中の"ロードス島戦記 ~邪神降臨"よろしくHack&Slash。烏丸が愛して止まないジャンルなだけに発売当時に飛びついてもおかしくなかったんですが、例によってのタイムラグ。やっぱり当時に人生何度目かの"ディアブロ2"再プレイに埋もれてしまった、と。

 で、件の"ヘラクレス~"がいよいよ佳境、とはいえまだあんな状況なのでマニュアルを眺めてはプレイ後の成長計画を想像してニヤつく日々。自宅では"ロードス"、通勤の移動時間には"バウンティ・ハウンズ(何て略すんでしょ。バウハウ?)"と、まさに"Hack&Slash"な日常。



 で、気付いた。



 これ、ストーリーモードはシングルプレイのみなのね。



 よかったートモダチいなくってー
by karasuma_usb | 2009-06-30 23:22 | 烏丸の壷
 『さよならだけが、人生だ』

 とは、唐の詩人である于武陵(うぶりょう)の言葉だそうなんですが、いやはや1年半苦楽を共にした面子とお別れ。感慨、というものは特にこみ上げてはこないのだけれども、ふと自分の半生を振り返ってみて、別れよりも出会いの方がキオクに残っているよーな気がするのは、弛緩状態とも言える日常にポンと出てくる"別れ"よりも、"出会い"のほとんどが、有る種の緊張と常に同居してる・・・からなのカナ、なんて。





 っていうか感慨にふけるよりもヒトが減ったコトによりわが身に降りかかる重責を、どうにかモチベーションという魔法の言葉に転換せねば・・・という自己暗示でどうにか、こうにか。












c0004568_0224783.jpg

 でも何となくヤリ場の無い怒り(のようなもの)が外に向いてしまいそうな自分も、いる。
by karasuma_usb | 2009-06-30 00:24 | 烏丸の壷
 金曜日から3連休を取得したハズが何故か中日に仕事。企業戦士(一兵卒)、烏丸です。

 仕事、つっても今日はオフィスがある市ヶ谷、ではなく秋葉原で打ち合わせ、だったのでついでにワリと有名なファミコン店、"スーパーポテト"へ。



画像は借り物

 たまーに寄る、だけで同店ではほとんど買い物をしたことがない烏丸なのですが、うっかり見つけたドリームキャスト版"ロードス島戦記 ~邪神降臨~"を980円というお値打ち価格で購入。

c0004568_21131724.jpg

"ロードス島戦記 ~邪神降臨~"

 言ってしまえばディアブロクローン、なアクションRPG。
 購入に踏み切るまで10年近い"間"、ってのは発売同時にその存在を知らなかった、ってのもありますが、どうしても本家、っていうか元になった"ディアブロ"の"2"が同じ年に発売になってちゃ眼中に入らなかったお気の毒さ加減。

 で、プレイしてみた感想はマウス+キーボードじゃなくてもどーにかプレイできるよーにチューニングされてるんだなーという感心。(そうはいってもマウスでプレイしたいんですが・・・ドリキャスのマウスとキーボードを併用してプレイ、って対応してないのね) 魔法の装備にルーン(のようなモノ)を埋め込んで好きなようにステータスアップできるのは面白いなーとは思うものの、ユニークアイテムだとかそーいう存在が無いのかとココでもやはり、ディアブロ2と比較してしまう烏丸。


 さてお値段がどーも購入に踏み切れなかった平均価格3000円前後、ではなく前述しましたとおりの980円、だったんですがもちろんそれにはワケが。


c0004568_21222444.jpg

"ディスクキズ 説イタミ「大」"

 なるほど。
 っていうかどーいう保管方法をしていたらココまで説明書が痛むんだか、というステータス。なんかこう、


c0004568_21261125.jpg

形兆の考え方は一般的じゃないんだな、という感想。
by karasuma_usb | 2009-06-27 21:29 | 烏丸の壷

【レビュー】OHM OMO-MP32

 ゲーミングマウスを軸に高性能化が著しいマウス業界を横目に愛用品はフツーの5ボタン光学式(しかも2ボタンしか使用してない)。烏丸です。

 さてさて新作マウスが発売になる度に、店頭で現物を触って見ては、闇雲に増えるボタンの数やら多機能、といってもお仕着せのドライバユーティリティを入れる必要が有るコトに少々抵抗を感じたりしているココ最近。一応"好きは好き"、なんだけど"最近高性能マウスを要求されるよーなゲームもやってないしー"、みたいな個人的状況も加味すると、どうも今一歩購入に踏み切れないっつーか。

 とゆーワケで、コントローラに関しても最近のモノってうーん、マウスもそんなこんなでうーん、と購買意欲がなんとなく萎え気味な今日この頃、だったりするんですが、いやーそうは言っても見た目の印象が強い製品にはどうも、弱いようで。



c0004568_19311370.jpg

「その男の鼻の横には ぶどうほどの・・・」




c0004568_19313439.jpg

 秋葉原のジャンク屋さん通りで発見、一瞬の迷いもなくレジに持って言ったマウスがこちら。ご覧の通り右ボタン上に謎の黒い円盤


c0004568_1931572.jpg

 ボタンなのか? しかし天板から少々ハミ出ているトコロを見るとダイヤル? それとも? それに左右に配置された謎の丸い突起の正体は?


c0004568_19321437.jpg

 気になる風体、のワリにはパッケージに書かれているのは、今日日売り文句になりえない"800カウント"という解像度表記、それに短い命に終わったVistaを筆頭にWindowsのみ対応の表記。
 ってコトは特殊なドライバーユーティリティで広がる黒い丸のヒミツ。ああ、もうッ! ってんで大購入(800円で)。



 さて持ってかえって早速パッケージを改めてみると、パッケージには"DigitalSupplyFactory"という社名なのかブランド名なのかもわからない言葉、
c0004568_19412128.jpg

 それに"SQR'er(スクアーズ)"という製品名。そして気になるのが、


c0004568_19324467.jpg

何故の墨入れ

 "ススメ ススメ ヘイタイ ススメ"だとか、何か戦後教育チックなコトが書いてあったのかしら・・・それとも漏らしてはならない極秘情報が?


 ついでにパッケージの中にはドライバディスク不在。つまりドライバはネットで入手? まぁコスト削減厳しい折、そーいう流通にシフトしてるってコトかしらヤーね不景気ってヤーねぇ。


 そう思いつつも一先ずは現物を見直し、って現物を取り出してまず気づいたのは、

c0004568_1933790.jpg

 材質が壮絶なまでにプラスチックなこと。表面の様子から一瞬でも金属の可能性を期待しなかったワケではないのですが、想像以上にライトなツクリに少々唖然。加えて、


c0004568_19332667.jpg

 よくよく見ると、アーチ状ではなくアゲ底。
 パッと見ではELECOMの"M-D13UR"に似ている印象、だったんですが"M-D13UR"みたいな回転ギミックなんかもなく、ああつまりはフツー。しかも、


c0004568_19342498.jpg

 背面にはシリアルや型番を表記するシールが貼られるハズだったであろう謎の空間。なんだかドンドコ不安になってきたんですが・・・


 ともあれ接続、そして判明した驚愕の事実。


c0004568_19352175.jpg

実はタダの3ボタンマウス。

 であるとゆー。
 つまりどーいうレイアウトなのかというと、


c0004568_19354325.jpg



c0004568_19355664.jpg



 デザイン  ★☆☆☆☆ 心地よい騙されっぷり
 操作性   ★★☆☆☆ 右ボタンの位置ですが、大変使いづらく・・・
 参考URL "スクアーズ マウス"で検索すると、どうもOHM電気が発売元の様子。ただ、同社のHPには商品詳細が現時点で見当たらず・・・
 備考    後述


 なんのコトは無いシンプルなオチ。っていうか錯誤を利用した巧みなデザイン、だとすれば世間ではどうあれ烏丸的には評価・・・したく・・・どうなんだろ。あ、最後になりましたが件の"謎の丸い突起"の正体は飾りでした。
by karasuma_usb | 2009-06-21 19:44 | マウス
 最新技術へのアンテナは常日頃から伸ばしつつも、心は昭和。烏丸です。

 先日の話。近所のコドモがDSを持ち寄ってポケモンだか何だかに興じてる横を通り過ぎると・・・なんだか耳慣れた、なんとも懐かしい言葉、"カセット"。
c0004568_171945.jpg

 思えば烏丸がコドモの頃はゲームソフトの供給形態はカセット。
 つってもカセット"テープ"だったころも合わせて経験しているので、単に"カセット"って言われると"カートリッジ"との差別化がヤヤこしいんですけれども。

 ともあれ、現在のゲーム供給形態は"カセット"というよりは"ディスク"、DSであれば"カード"、あとはバーチャルコンソールに代表されるダウンロード"データ"。 にもかかわらず近所のコドモから"カセット"という言葉が出てくる、ってのはその親の世代から連綿と受け継がれているゲームソフトの一般呼称、なんでしょうねぃ。烏丸もマネ、しよーっと。


 話は変わるんですが、前述のカセット"テープ"に関してプラットフォームをMSXと限定しているものの、大変タメになるコンテンツを取り扱っているブログが。(→"TAPE-LOAD") 世の中の最新情報は決して手に入れられない、のは拙ブログと同様。なれど平成の世から昭和を嗜みたくなった際には是非、ご覧いただきたく。
by karasuma_usb | 2009-06-14 17:28 | 烏丸の壷

【レビュー】NYKO ALPHA>64

 陰々鬱々した日常を宇宙にぶつけて。烏丸です。

 宇宙、なんて申しましても読者ちゃんがお住まいの太陽系でも銀河系でもなくライラット星系、つまるところ・・・


c0004568_2053318.jpg

"スターフォックス64"

 語るべきことが無いくらい傑作
 いやー"バーチャルコンソール"版登場でいよいよロクヨン引退かと思われましたがVC版は振動非対応、ってんで拙宅のロクヨンは未だ安泰。引退と見せかけて安泰。


 さて聡明な読者ちゃんにおかれましては"スターフォックス64"、未プレイなんてーことはなかろう、とは思いますのでゲーム内容については割愛させていただきますが拙ブログのスタンスとしては語るべき軸は左様、コントローラ。


c0004568_20592338.jpg

ピカチュウVer.

 実に純正コントローラでのプレイがしっくり。
 任天堂製ハードとソフトの組み合わせなので当然といえばそれまで。なのですが声を大にしたくなるくらいにこの"サンディスティック"こと中央のアナログスティックが、とりわけよろしい。


c0004568_20594435.jpg

 硬すぎず柔らかすぎず。
 同時期の製品であるプレステやサターンの"マルコン"のそれ、と比較すると好みが別れるでしょうが、実は烏丸、アナログスティックだけにスコープを当てるならロクヨンのこれが一番スキ。軸の根元がケズれて出て来る粉末を手の甲の上に乗せて鼻から吸いたくなるほど、スキ。


 とは言えご存知の通りロクヨン世代のコンシューマの覇者はプレステ。なのでスキスキ言ってても所詮はマイノリティ。


c0004568_2101094.jpg

 数々のアナログ操作ゲーをプレイしてきた烏丸ですが、"スターフォックス64"にロクヨンの"サンディスティック"。ここまでピンときた組み合わせはプレステやサターン、その他多くのアナログ操作ゲーを含めてもなし。ひょっとして思い出補正がかかってるんじゃないかと思ったモノの、ここ数日改めてプレイした結果、確信を得た、という。


 もちろんご意見は有ると思うんですな。軸が長すぎるとか、またそのせいでセンシティブすぎるとか、2本のほうが汎用性に優れる、とか・・・


c0004568_2104172.jpg

て。



c0004568_211624.jpg

お?



c0004568_2112481.jpg



c0004568_2114549.jpg

増えたッ!



 歴史の"IF"を楽しみたしなむ読者ちゃん、再びコニチワ。
 プレステにそしてサターンに敗北を喫したロクヨンですが、じゃあコントローラが今日のデファクトスタンダードな形状だったら? そんな"IF"を具現化した逸品が、こちら。



c0004568_212662.jpg

"NYKO ALPHA>64"

 相変わらず何て発音するんだか判らない海外ペリフェラルベンダー、"NYKO"から発売された製品。
 あまりにも見慣れた形状、ですがアナログスティックの形状とボタンの色合いから対応プラットフォームがロクヨンであることが想像想されて興奮。何しろデフォルトで1本しか存在しないし必要ともされていないハズのアナログスティックが2本。増やすのはいいけど対応ゲームって?


 まァまァ慌てなさんな(偉そう)、ホラ例によって順番に。


c0004568_212375.jpg

フラットかつ同サイズ。

 が、自然じゃないのがロクヨン。
 ご存じの通り、ロクヨンのタイトルの多くが黄色のボタンを"視点切替"だとかのオプション的役割に割り振り。


c0004568_213055.jpg

"スターフォックス64"のマニュアルより

 加えて各ゲームのマニュアル上でも、黄色ボタンそれぞれに刻印された"△"でどの黄色ボタンなのかを指定。一応"Cボタン"って名前なんですが、何故か"△"で表記しているゲームが多め。(ガイドラインみたいなモノがあったのカモ)


c0004568_2143513.jpg

 しかしながらこのコントローラの黄色ボタンは無刻印。
 もちろんボタン脇には刻印されてはいますし、かつ配列は純正同様にひし形なので、あえてどのボタンがどの"△"に該当するのかを表記する必要がなかった、ってのは解るんですが・・・具合が悪いのは、"A・Bボタン"と同サイズなコト。

 純正のボタンが"A・Bボタン"と"△ボタン"とサイズ分けすることで、指先で各ボタンを特定出来たのに対し、これはそれが不可。いや不可っつったって中央のボタン、この場合"▽"の位置を把握出来れば問題ないんですけれども、サタパのようにホームポジションを指示するポッチくらいおごって欲しかったキモチ。
 ※ロクヨンの場合はホームポジションが"A・Bボタン"でしょうけど

 ほんの少し、配慮してくれたらなーという感想は持ちつつも、押し心地は悪くない、のがことさら惜しい。ただ、ロクヨン→ゲームキューブと純正コントローラが歩んだ過剰なエルゴの方が据え置きコンシューマでは結果的にマイノリティだったコトを考えると、ボタンの金型を共通化してコスト削減を心がけたメーカーの企業努力にケチをつけるのもアレか。※NYKOが主流派とは言いませんが


 さて目に入る位置にあるということで"START"ボタン。
c0004568_216679.jpg

独立形状

 6ボタンの金型を共通化することでコスト削減を図った、なんて語ったそばから独立形状。舌の根も乾かぬ、ってコレか。純正が"A・Bボタン"と共通サイズ、でデザインのある程度の統一感を図っている(かに見えますがホントのトコロはどーなのかしら)けれどもあえて選んだこの形状。なるほど右手の親指でも左手の親指でも届く様に、って配慮?
 ですが何しろ気になるのは手前に生えてるアナログスティック×2。ソニーの"DualShock"も"START"ボタンの操作にアナログスティックが邪魔でしたが、これはアナログ間の距離が短すぎて尚更。横長にしたのはそういう理由?


 で、ゲームパッドでもっとも大事な要素でもある方向キー。


c0004568_21332812.jpg

 形状はどっかでみた・・・って、ああ、大分以前にご紹介した"ESEL"社のコントローラに印象が似ている感じ。(→"【レビュー】ESEL PS CONTROL PAD") ひょっとして何か関連?

c0004568_21382853.jpg

 ともあれ、タッチはよくあるタイプ。耐久性に不安を感じるものの、そもそもロクヨンのゲームで方向キーを多様するゲームって手持ちにあんまり無いしなー。


c0004568_2165228.jpg

 さてお待ちかねのアナログスティック、つまり"サンディスティック"の件。
 まず気になるのはなんでまた2本生やしたのかって点ですが、これにはマニュアルに回答が。


c0004568_2172551.jpg

"Selectable left or right 3D Analog Control Sticks for more comfort"

 コンフォタボォ、つまり快適さの得べく2本化したという。
 ちなみに紙っぺら1枚のマニュアルには上記以外にも追記が。

c0004568_2174619.jpg

"Only one of the analog sticks can be used at any given time."
"Select the stick that is most comfortable by using the switch on the bottom of the controller.You can change sticks at any time before ore during game play."

 つまり、

c0004568_218251.jpg

 コントローラ背面にあるスイッチにより任意切り替え! 要は排他使用!
 ・・・ひどくガッカリ、なようで予想通りの展開。(もう慣れてますよね?) つまり左はそのままに右を"△"ボタンの変わりにするだとか、実は海外では専用ソフトが発売されているだとかの夢の有る話しも無し。

 ともあれいずれか快適に感じることが出来そうな方を選択しろと言われても、件の"スターフォックス64"は乗り物こそ変われど左親指アナログポジション一択。なので自ずと左のグリップを握るすなわち2本のアナログのうち左側しか使わないワケで。(っていうか右アナログで自機を操作するとショットが撃てない)


 じゃあ、ってんで手持ちのロクヨンタイトルをさらって見ると・・・おお、

c0004568_21171546.jpg

"罪と罰"

 任天堂印のトレジャー製アクションシューティングの雄、罪罰が。
 マニュアルによると、左手でアナログスティック操作(照準)、"△"ボタンでキャラの移動がデフォルトなモノの、アナログを右手で操作した場合は方向キーが"△ボタン"の代替になるとか。なるほどジェンダーフリー。


c0004568_21214376.jpg

 だがしかし、スゴイ違和感。
 いやこの違和感は"罪罰"そのものの操作方法にも一因が有るのですが、今更気付いたのは"ALPHA>64"自体のアナログスティックの固いこと固いことッ!

c0004568_21223655.jpg

 純正のコントローラを未使用で確保してないので比較が難しいですが、実にアメリカンなヘビーさ加減。 試しに"罪罰"デフォルトの持ち方、つまり左アナログで照準を操作したんですが定まらない定まらない(w これはオーディオで言うところの"エージング"、というか慣らしが必要? ですが・・・それまでにウンザリしそうな予感。ロクヨンのコントローラで最大の「肝心」ポイントである"サンディスティック"が、これでは、ねぇ。


 とは言え、ヒトツ感心したのは"LR"と、ロクヨンなのでこれに加えて"Z"が有るんですが、


c0004568_2124458.jpg

ボタン×4

 ヒトツ、多い。
 聡明な読者ちゃんはお気付きのコトかと思いますがそーなの、2本のアナログスティックそれぞれに対応する"Z"ボタンが実装されている、という。なるほど利にかなっている・・・ような気がするも、なんとなく他の機種向けの製品の金型を流用しただけなんじゃないかしら、なんて邪推してみたり。
 ※この工夫はHORIも同社製ロクヨンコントローラでやってますな


 んですが、肝心のアナログスティックが"Confortable"じゃないんだよなー。繰り返しになりますが"慣らして"、"Confortable"なのかなー。


 国内ペリフェラルベンダーならば任天堂ガイドラインが恐くて出せない、かつ2本生えている、というともすればヒワイなコトを想起しそーな(しねーよ)デザインで後先考えずにゲト、してみたものの無念の意外性のみ。
 このコントローラを触って思うのは、改めて純正ロクヨンパッドの完成度の高さ。もちろんコントローラに合わせたゲームデザインを要求される制約、結果としてプレステに敗北を喫したものの、今回の"IF"は"IF"のままで良かったんじゃなかろうか、とチラシの裏。


 デザイン  ★★★★★ ロクヨンというプラットフォームだけで許される意外性に
 操作性   ★★★☆☆ アナログを無視すればフツー
 参考URL メーカーHPは左の柱から
 備考    後述


 ところでこの製品、Ebayオークションで入手したんですがその到着時に。


c0004568_21294837.jpg


c0004568_21301940.jpg

伝票上は'Joystrick"

 ジョイストリック。 アナログスティックが1本多いだけでなく、小ネタまで。
by karasuma_usb | 2009-06-13 21:44 | コントローラ
 週刊化どころか隔週刊化の可能性も。などと考えるもどーにか踏み留まって。烏丸です。

 いやいやどーにもすいません、作者急病の為、だとか取材により休載、なんて業界によっては定型化したキーワードが甘えによるモノではない事はよーく解ってるつもりなんですが烏丸の遅筆はただの甘え、なんですな。あいすみません。


 で、いい訳じゃないんですが水面下では地道な購買活動だとか検証作業という名の下に自宅でゲームに興じたりしてるんですが、ふと思いつきで普段はまず購入しないカテゴリのゲームが大変面白く。


c0004568_218451.jpg

"GEAR戦士 電童"

 Wikipediaによると9年くらい前に放映していたというロボットアニメ、を原作としたアクションゲーム。ロボットアニメは"ジェイデッカー"で卒業したと嘯(うそぶ)く烏丸なのであいにく未見。何しろその存在を知ったのがファミ通のクロスレビューってんだから呆れるほどに門外漢なんですけれども、近所の中古店で100円だったので購入。
 ※ちなみにクロスレビューの得点が、7・8・7・6ってんだからキャラゲーとしては高得点


c0004568_21144172.jpg

 "ファイナルファイト"から奥行きをとっ払ったような道中ステージ。

c0004568_21145747.jpg

 に、加えて発売当時の2001年でも小数派だったであろう秒間30フレームのポリゴン格闘なボス戦。
 後者はともかく前者が良作に"限りなく近い"佳作。
 使用するボタンの数も少なく簡便な操作体系、投げを軸とした爽快感あふれるアクションはもう二声三声で某トレジャー。キャラゲーでなければもー少し評価されていたのカモ、なんて今更な想像。 とは言え、いあー100円で良い買い物。


 って、一応目的から乖離しないようにコントローラの検証も兼ねたプレイ、だったんですが本気用のコントローラを出しかけた次第。読者ちゃんも未プレイでしたら話しのタネに。


 ※原作の評価も高いそーですな。DVD借りてまではいきませんけど個人的に
by karasuma_usb | 2009-06-10 21:18 | 烏丸の壷
 なんのかんの言っても稼働率が一番高いのは(残念ながら)DS。烏丸です。

 以前から気にはなっていたものの、なかなか"ヘラクレスの栄光~魂の証明※"が終わらず他のタイトルに手をつけることが出来ずにいるもどかしさ、

c0004568_2239611.jpg

 なんですが、とあるスジから"ダン←ダム"を入手。
 ダンジョンとダムの融合という、どういう精神状態で編み出したコンセプトなのか気にはなっていたのですが、よくよく中身を見てみるとシミュレーションRPG風。うぐぅ、烏丸が苦手なジャンル。


 って思ったらひとまず相方がプレイする、という方向。フィードバックを聞いてプレイしたつもり、になるのもアレなので折を見てプレイ予定(な、つもり)。


 ※ところで"ヘラクレス~"のプレイ時間がよーやく40時間を突破したところなんですが、いあー涙腺が緩むストーリー展開というか演出に脱帽。未プレイの方は是非~
by karasuma_usb | 2009-06-05 22:49 | 烏丸の壷
 収入は目減りしてるのに購買意欲だけは増えて。烏丸です。

 最近ゲーム系のニュースに対して「おお」って思うことがあんまり無くなってきてああこれが"ゲームED"なのだと寂しさを感じていたんですが・・・やっと出るんですな、「罪と罰2」。(→ソース



 ゲーム性は前作ロクヨン版と変わってなさそう、コントローラもWiiリモコン+ヌンチャクで操作だそうで、それほど抵抗なくプレイ出来そうな予感。っていうか久々に発売日買いしそーな予感、ですが現時点では発売日未定。(上記のリンクだと北米は2010Q1だそーなので、国内が先だとしても秋?)
 とは言えとても楽しみ。

 なんだけど、画像がキレー過ぎてオブジェクトが判別しづらいなー。どーなんだろう。


 って、ココ数日"PSP Go"だとかPS3のコケシだとかXBOX360の"Project Natal"、Wiiの"指紋バイタリティセンサ"だとか興味深い話がゴロゴロしてますな。

 活況、何より。
by karasuma_usb | 2009-06-04 08:39 | 烏丸の壷