変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

【レビュー】ELECOM JC-500

 某巨大掲示板群、では結構な悪評判、しかしながらPC向けのゲームコントローラに関しては老舗中の老舗「ELECOM」。

 ここ数年はPC向け、もしくはインターフェースがUSBである、という共通項でもってPS3向けのアーケードスティックなんかをリリースしている同社。前述の悪評判をそのまま持ってくるならば拙ブログのテーマ、"ダメなコントローラを~"に見事に即しているかに見えますが、その悪評の根源が"低い耐久性 "だけだとなーんか、烏丸的な"ダメ"に当たらない気がしてここ最近、【レビュー】してないんですな同社の製品。


 で、じゃあ同社の製品の中から烏丸的に"これはダメだー"って思える製品を無理矢理出す、ってのも面倒難しいので、少々クラシカルな一品をば。


c0004568_2251551.jpg

 もう、見栄えからしてクラシカル。
c0004568_2254197.jpg

 な、こちら。ボタン構成からご想像いただけます通り、


c0004568_2261683.jpg

 
ATARI 9pin

 アタリ仕様。まだ家庭用PCのデファクトスタンダードがMSXだったころの製品であります。※MSXが果たしてデファクトスタンダードだったかどうかについては異論を認めません

 ATARI仕様! しかもメガドラ以後の改良ATARI仕様じゃないってことで当然の2ボタン。最初期のATARI仕様が1ボタンだと考えれば2ボタンは潤沢なインターフェースと考えるコトが可能。※これについても有る程度のマインドセットが必要ですが


c0004568_2263878.jpg

 と、"クラシカルである"という言葉からご想像に堅くない、左様ジョイスティック部分は当然のグンニャリ方式。 つまりメカニカルスイッチだったりしないワケで、ああご家庭用のアーケードスティックの当時そのままの姿、っつーか正に当時モノ。


c0004568_2271590.jpg

 ボタンもご想像の通り、ゴム接点。
 っていうかこんなものに期待を寄せるのもお門違いなんじゃないかと思うのですが言い過ぎかしら。しかしながら幸い、なコトに各ボタンに対応した連射ボタンを完備。つってもこれがないとどーにもならない位に、良い感じに粗悪なタッチなんですけれども。


 ・
 ・・
 ・・・

 あ、終わった。
 そう、もう終わり。時代的に考えてもそれほど多機能なアーケードスティックは存在しない時代、っていうか今でもアーケードスティックはそりゃあもうJAMMA準拠なワケで、大した多機能さは期待できないんですけれどもね。
 恐らくは同時期に"まともな"アーケードスティックを探すとなると、電波新聞社のアレとか、それこそ基板屋さんに置いてあるコントロールボックス用の高級品を購入するとかしかなかった、んですな。
 ※MSX用に初代アスキースティックが出ていれば、って思った人も多いんじゃないかしら


 とは言え、なーんでまたこんなモノを引っ張り出したか、ってーとここのところアーケードスティックの【レビュー】が連続してたからついでに。そしてその"ついで"の中からここ数年の国内アーケードスティック市場がどれほどまでに恵まれているか、ってコトを再認識したり啓蒙したり、そんな壮大なテーマ(壮大か?)・・・かと思ったんですが、後述。


 さて面倒なので先に総括。


 デザイン  ★★☆☆☆ ★1コにしよーかと思ったんですが、オレンジ色の玉に免じて
 操作性   ★★☆☆☆ ★1コにしよーかと思ったんですが、TURBOに免じて
 参考URL メーカーHPは左の柱から・・・って掲載されてませんよ本家にも
 備考    後述


 で、確認しておきたいのはOEM元。
 これについては裏返すまで諸説、いやさ諸想像出来たのですが、これがまた烏丸も全然知らないメーカー。


c0004568_22103075.jpg

"Talent Electronics Ltd VG-929"

 いきなりの解答。台湾・・・製、で台湾のメーカー?
 で、同社名でググると何か韓国の企業だかが出てくるんですが果たして? そんなコトよりも収穫だったのは、本日時点でeBayに同名の商品が出品中。

c0004568_22154514.jpg

"Super Stick"?

 しかも、


c0004568_22164359.jpg

 メガドラ用。
 大した製品じゃない、というかメガドラにはSEGA均整の良質なスティックがある、ということを考えると全然必要じゃない、んですがこのデザインでメガドラ用を標榜しちゃう適当さに興奮。っていうかパッケージが使いまわし、なところに外人の適当さが滲み出てますなぁ。


 と、本ドキュメントを書いている最中の発見で話がそれましたが、次回は恐らく同じ"Talent Electronics"社の他の製品をば。


c0004568_22233861.jpg

by karasuma_usb | 2009-08-31 22:25 | コントローラ

イヤな高級、ラーメン。

 なんだか先週は中華率が高め、だったなと振り返りつつも今日の昼食もラーメン。烏丸です。

 "消費の低迷"、なんてここ最近ずーっと寂しい景況感、なんですがオタ向けのマーケは何故か強気。(→"ラーメン2杯+ソーセージ3本で4200円…マクロスF「娘娘セット」が話題に(痛いニュース)"


「超時空☆娘娘ラーメン お肌がキラッ☆とんこつ味」


 ラーメン2食分とソーセージ3本、とこっちが恐らく主役なんでしょーけど、割り箸の袋が6種類のガラ(の内2種類が封入)、おまけのシールが4種類(の内1種類が封入)。アタシはこの"マクロスF"ってアニメは全然知らないっつーか未見なので視聴者層がこーいうのに飛びつく方々なのかどーかが皆目見当付かないんですが・・・高すぎね? っていうかいいところ1000円台とかそんななんじゃないかなーと思うが、どうか。

 そー考えるとHORIのRAPなんて良心的、ねぇ・・・



 ※今思い出したんですが、人生で一番最後の作ったプラモは"マクロス7"の"ファイアーバルキリー"でした。変形の時に頭をハズさないといけないことが仮組みの段階でよーやく分かって捨てた、んですけど。
 ※ちなみにアニメは見たこと無かったという
by karasuma_usb | 2009-08-30 10:10 | 烏丸の壷
 偉人。
 国語辞典で字引いてみれば、『世のためになるような立派なことを成し遂げた人。偉大な人。』とあって思いのほか淡白、なれども左様、遠い存在。

 とあるゲーム会社に一時期籍を置いていた人。訳有ってその社名をここに記載できないんですが、現存するゲーム会社の中では結構老舗。無理くりヒントを出すのだとすれば、まぁアレです烏丸はこの会社、大好き・・・って先んじてフォロー。(おまじないのよーな)


 で、打ち合わせが一段落ついて、ひょんなコトから同社の話題。まーいろんなエピソードが多方面から聞こえてくる同社なのですが、名物とも言える同社のキーパーソンについて、その籍を置いていた方が"一言で表すならば"と前置いて出てきたのが"狂人"


 いあー、久々にリアルで聞いたよ狂人・・・っていうか"ビデオゲーム"というここ半世紀でよーやく"文化"と呼べるようになったカテゴリ、横井氏を始めそろそろ"偉人"と呼んでも大丈夫なお歴々にばかり目が向いてましたが・・そんな負の言葉で置き換えられる人物ってのもスゴイ。なんかある意味、神格化しちゃった感じ。


 ※くれぐれもコメントで核心に迫るよーな発言はお控えいただきたく


c0004568_21181041.jpg

 ※付録で壁紙を置いておきますね
by karasuma_usb | 2009-08-24 21:24 | 烏丸の壷
 栄光と挫折、のうち後者の経験しかない悲しさよ。烏丸です。

 さて例によって唐突ですが、本日8月22日は急遽、

c0004568_19351452.gif

"マイティボンジャック"

 記念日、と。
 いや例によって当時の関係者とお仕事で縁があった、ってだけなんですけれども。

 挫折、ってのはそうなの、このゲームをご存知の方も多かれと思うのですが、アホみたいに難しいんですなこれ。なんかこう、時代的にセーブ機能が無いのは仕方が無いとは言え、相当長い道中(ショートカットできるらしーけど)に狂ったような敵のアルゴリズム、如何にもゲームのリリース感覚が短かったあのころの様相。
 で、クリアした経験が無い、っていうか途中で投げた、という。

 って、今思うとこれまで手をつけたゲームのうち、最後まで堪能したゲームって案外数えるほどかも。"飽きっぽい"という言葉に甘えるのはアレなのですが、当時も今も上昇志向が足りないなーなんて自分。
by karasuma_usb | 2009-08-22 19:39 | 烏丸の壷

OFF会、無事に完遂。

 夜な夜な烏丸です。

 例によってグダグダな状態で実施された2009年のOFF会、無事にグダグダに完了。アレほどまでに声高に叫んでいたにもかかわらず、女子不在。 それはいいとしてもコントローラの話題が殆ど出ない不思議さ加減。っていうかコントローラの話題だけで3時間はどう考えても無理なのでああ、こーいうもんかと昨年度に引き続き。






 OFF会の様子を、と思ったんですが参加者が全員シャイなのでイメージ映像で。





c0004568_23474095.jpg

しかし終戦記念日にこんなものにモザイクを書ける人生って。



 ともあれ・・・参加者諸兄、お疲れ様でありました。
by karasuma_usb | 2009-08-15 23:49 | 烏丸の壷
 烏丸です。

 なかなか購入に踏ん切りの付かないXBOX360の件。本体を買うだけならばいいものの、周辺環境を整えるとなると結構な出費を予想、でも面白そうなタイトルがイパーイ。どうしようどうしよう、しかもああ、そいえばあったっけ、"Super Street Fighter II Turbo HD Remix"。

 と、ふと思い出して検索してみると、アラヤダ"Remix"なだけに細かい変更点というか調整点があるようでヴァー、これの為に買うコトになるのカナ? カナ? なんてキモチになったんです、


 が。




 思いの外、見た目がキレイじゃない感じ。
 いや、解像度は確かに"HD"、細かいドットが素敵なのですが、オリジナルとアニメーションパターンが同様、って10数年前の作品なのでアニメの中割が少なくて今見ると結構ゲンナリ。この動画だと速度も"3"設定なのか、やったら速いばっかりで余計にアニメーションパターンの粗さが如実、に感じちゃう烏丸。
 追記:何かFlashで作ったゲームみたい・・・に見えるんだが、どうか。

 日本国内では正式リリースしてないそうですが、何となく日本の市場感だと結果よろしくない評判になって晩節、汚してしまうコトになったのかもなーなんて。でも調整内容を見る限り、バランスが良さそう・・・に見えるんだけどどうなんでしょ。見た目よりもゲーム性、な烏丸ですが、知らず知らずのうちに最近のゲームに目が慣れていたんですなぁ。


 とはいえ実際のところ。
 プレイされている読者ちゃんの感想をば、お伺い、したく。
by karasuma_usb | 2009-08-11 19:12 | 烏丸の壷
 不景気! ウンザリするほど不景気!

 って、あんまり景気を実感するよーな社会人人生じゃなかったんですが、現職ではその不景気のアオリをモロに受ける商売をしてるので殊更。 烏丸です。


 「物が売れない時代」、だそうでなるほど物欲のぶつけ先も心なしか低コスト、しかしながらその低コストも積もり積もってエラい額になっている烏丸の"ぶつけ先"、左様コントローラコレクションの件。
 先日の【レビュー】エントリでも書いたとおり、なんとなくアーケードスティックに関しては、なんやかや言っておきながらも常用してるのは(額はたかが知れてるものの)高級品。

 とは言えそれでは拙ブログの存在意義、ひいては烏丸のアイデンティティがどうのこうのというコトにもなりかねない感じ。なので今回は敢えて高級品に立ち向かうべく中途半端な一品をば。



c0004568_22164448.jpg

"ASCII FighterStick V Jr."

 HORIの"FightingStick"に似た名前が既に懐かしい、"アスキー"印のアーケードスティックであります。(※HORIは"棒自体が主体"で、アスキーのは"使う側が主体"っぽいネーミングですな)
 発売年はこの外見の通り初代プレイステーション時代、となると10年ちょっと前。スーファミ後の次世代機群雄割拠に向けて、サードパーティ各社が市場のニーズを計るコトなく周辺機器を一斉に投入していた時期の製品。

 さて同時代のライバルとなるとHORI。
 ファミコン時代にパテントも取得せずに任天堂向けの周辺機器をボコボコ発売して育ったHORIですが、やはり同時代にPS向けに製品を続々投入。前段の"高級品"へと至るプロスペックな色を出して・・・いたのに対し、どうもアスキーは比較的廉価品というか何かこう、おもちゃ然とした製品群、だったんですな。
 ※事実、初代アスキースティックこそアーケードと同様の部品を使用していたものの、後継品では


c0004568_22172528.jpg

 こちらの製品もやはり位置づけ的には廉価品。
 廉価品、と申しますのも上位製品である"FighterStick V"に対して各ボタンの連射機能などがオミットされていることを除けば、スティック部分はメカニカル(つまり炭素接点スイッチじゃなくマイクロスイッチ)だったりしてワリとフツー。若干上下左右の入力時の角度が浅い印象。


c0004568_22182586.jpg

 とは言え、アスキーが周辺機器事業から撤退後に成熟しきった現行製品群と比較するのも気の毒。何しろ、アーケードスティックの"アーケードらしさ"に執着するユーザーが増えたのはここ数年のお話。メカニカルと言えども「確かに"カチカチ"言う程度」に止まるコトをお許しいただきたく。(でも一丁前に、ボールが取れないように軸にカバーが付いているという)

 ちなみに中身ですが、

c0004568_22192275.jpg

 他社製のスティックにリプレイスするのは難しそう。


c0004568_2219552.jpg

 ボタンは予想外、こちらもスライダーを使用したしっかりとしたツクリ。
 大方炭素接点だけのメンブレンだけかと思ったのですが、流石にボタンの径(後述しますが)が大きめなだけに、部品こそ独自にコストダウンしたモノとは言え、コストダウンと品質のラインはユーザー寄りな感じ。


c0004568_22201866.jpg

 でもやっぱり他社製のボタンにリプレイスするのは難しそう。


 さてそのボタンの径はアーケードのそれに一致してる、かの用に見えますが実際は最近のボタンと比較して一回りくらい大きめ。加えてセイミツやら三和のような高級部品と異なり、筐体自体がボタンの可動部分と直接触れ合う仕組み。


c0004568_22203463.jpg

 と、なるとボタンの材質および筐体側の接触部分の材質がそれなりであって欲しいところ・・・ですが望むべくも無く。


 ボタンの大きさに関しては(結果が功を奏したかどうかは別として)アーケードライクな当製品ですが、「ボタンのハウジング=筐体」なばっかりに押下した時の音は大きめ。筐体の中に音が響くので夜間の使用は一般的なアーケードスティックよりも気を使いそう。


 最後に、

c0004568_22205295.jpg

 何故かSELECTとSTARTに当たる部品までもが常軌を逸したサイズ。
 しかもボタン自体が専用部品だったりして、ここでかかっているコストを他に回した方が良かったんじゃなかろうかなんて今更。(流石にこっちのボタンはメンブレン直押しですけれども)



 でで。
 実際のところこのテの"当時物"の製品、しかも当時ですら廉価品として微妙だったモノを引っ張り出してみてどうなるの、って拙ブログの主旨通りな気がするので強行しますが・・・使ってみて。



 実は使用感、というかスティックの感覚も"安さ"からくる耐久性"難"の予感こそするものの、使えるレベル。いやもちろん、値段相応(※)なスティックの"遊び"には違和感、でも「ああ、廉価品ってこんな感じー」と納得してしまえば見えなくなるよーな。
 ボタンも"R1"と"R2"が除け者になっているよーな配列のせいで、いざ6ボタンとして使用するのに"弱パンチ=L1"、"弱キック=L2"固定になるけれども、ストロークも適度、同時押しも苦労しないレベル。

 なんですが


 と に か く う る せ ぇ 。


 日本の住宅事情を考えると、一番気を使うべきポイントは案外静穏性なのかも・・・


 デザイン  ★★★☆☆ オモチャっぽい、ですが薄くて好き
 操作性   ★★★☆☆ 値段相応
 参考URL メーカーHP ※つっても当時とは資本も業態も違いますが
 備考    後述


 で、本製品の箱の中に、当時のカタログがあったので画像をば。

c0004568_2230280.jpg

c0004568_22301946.jpg

 こうしてみると、アスキーの製品は全部廉価版に見える不思議。
by karasuma_usb | 2009-08-10 22:34 | 烏丸の壷

もうヒトツの、収集癖。

 夜な夜な、格闘技。烏丸です。

 買おうか買うまいか、でも持ってた方がいいかしらーどうしよーかしらー、って悩んでいた"ストリートファイターIV"のいわゆる攻略本をよーやくゲト。

c0004568_2351417.jpg

 近所や職場付近の書店では見つからず、よーやく例によってAmazonで入荷を待って大購入。
 格闘ゲームの攻略本、というかガイドブックやらムックですと、どーしてもゲーメストムックのような内容の濃いモノを想像してたんですが妙に淡白。っていうか使用キャラ(※)のページも4ページくらいしかなくってうーん、どうなんだろ買う必要あったんだろうか、ってな具合。

 ※ルーファスです


 とはいえ、ひとまず手元にあるゲームの攻略本やら関連書籍は、、そのゲームをプレイするかどーかは置いといて、同じく手元に置いて置きたい習性があるもんですから、まー遅かれ早かれ購入してたんだろうなー、と自分を納得させる方向。


 って、そうなの。
 ひとまず手元にあるゲームに関してはそのテの本を購入しておきたい、ってんで。


c0004568_2356650.jpg
c0004568_23562299.jpg
c0004568_23563721.jpg

 150冊以上あるのな。


 だから、


c0004568_23554741.jpg

 タマにダブって買うという。(左端に大注目)
by karasuma_usb | 2009-08-09 00:00 | 烏丸の壷
 『俺より強い奴に会いに行く』
 なんて申しまして会うヒト会うヒト全員が自分よりも強い現実に打ちのめされて。烏丸です。

 サァサァ冒頭から何の話かと申しますとまんま、左様"ストリートファイターIV"のお話。購入依頼、スキあらば1戦2戦とインターネッツという大海に漂う他のプレイヤーに挑んで来た数週間なのですが、これがもー絶望的に勝てないっつー。何勝率18%? BPが800? 何だか自分の可能性よりも先に限界を予感させて大分、鬱。

 さてそんな人間の"ストリートファイターIV"プレイ環境を晒したところで、何の参考になるやら? というお話なのですが・・・ご参考までに、というか【レビュー】も兼ねて。


 先日、といっても大分前のエントリにて"慣れに勝るモノ無し"、なんて昨今の三和だのセイミツだの部品主導のアーケードスティック論に物申してみたりした烏丸でありましたが・・・



c0004568_20292382.jpg

"HORI REAL ARCADE Pro."

 何のことはない、HORIが現在注力しているアーケードスティックのフラグシップモデル初代、であります。
 アレほど使い慣れたスティックで有れば使用機器による不利は無い、みたいな言い回しをしておきながらも、なオチ。とは言え、手元にあるにも関わらず使うタイミングが無い(※)、ってのも気の毒なので使っている現状。(※ソレを言ったら拙宅にあるコントローラの99%が使われずに放置されているんですが)

 で、使用感については全く良好と言わざるを得ない感じ。
 つっても、ご覧の通り・・・


c0004568_20294561.jpg

c0004568_2030529.jpg

 これこの通り、実際には使用するにあたり若干のメンテナンス込みで通常使用に至っている、という。扱いが乱暴、というワケではないのですが、購入してから殆ど未使用だっただけに、再度各種スイッチ類を分解して注油した都合、であります。ちなみに注油にはCRCではなく、


c0004568_20302188.jpg

"Holts REDEX"

 実はバイク用のケミカルを使用。
 プラスチックを劣化させないワリと安心して使用できるケミカル。(※しかしこのテの製品って1缶使い切ったためしがないんですよね・・・) ともあれ、ちょくちょくメンテすることを考えると必然的に・・・


c0004568_20305517.jpg

 左様、底板に当たる金属板をハズして常用。と、なると今度は安定性について疑問符、なのですが今回使用するにあたり少々の工夫。


c0004568_2032535.jpg

 100円ショップ、だかどこぞで購入してきた"滑り止め"のゴム足シール。本来取り付けられている底板、

c0004568_20332945.jpg

 にもゴム製の足がついているのでそれの代用として。
 底板取り外しにより、その底板分の重みによる恩恵が薄らぐものの、前述の代用ゴム足により少しでも安定性を確保したい、という。


 で、不足した安定感をフォローしつつ、快適なプレイ環境をお約束するアイテム、ってのが・・・


c0004568_20341764.jpg

IKEA ラップトップサポート"BRÄDA"

 拙ブログ2回目の登場、"BRÄDA"。
 座卓の上にPC、そして膝の上にはこれ、という環境においては重量の不足感は皆無。というか逆に膝上が軽くなってかなり快適。("BRÄDA"の構造上、若干蒸れますが)


 あ、スゴイ。もう書きたいこと終わったー



 って、いくらなんでもアレなので周辺環境についても少々言及しながら、拙宅での"ストリートファイターIV"環境についてもう少し。



 同ゲームをネット対戦している他のプレイヤーの方々には申し訳ないのですが、使用しているPCはDELLの"Vostro 1500"と少々厳し目。メモリは2ギガ、GPUは"nVidia GeForce8600GM(512メガ)"、OSはXPのSP3と実にギリギリ、なのですがGPUのドライバを最新化、各種コンフィグをかなり低いセンまでいじくり倒して平均FPSが50~60前後。

 上記に加え、更に問題なのは通信環境。そうなの拙宅、LANは全て無線


c0004568_20361225.jpg

"Buffalo WZR2-G300N"

 なのですが、これまた対戦してても特に不都合無く。というのも、初めてラグを実感したのは香港のプレイヤーと接続且つ、重いと評判の背景オブジェクト多めのステージで対戦した時のコマ送り現象、韓国のガン待ちサガットと対戦した時の水中戦以外は快適。

 日本国内のユーザーとは知り合いの、これまた無線LAN接続している大阪の知人と対戦してもお互いラグの実感無し。案外、無線LANって平気カモしれません。※もちろん、周辺環境にもよるんでしょーが


 さて話を戻しながら総括。
 恐らくは国内で"アーケードスティック"とカテゴライズされている製品では高いシェアを誇る今回の"REAL ARCADE Pro.(リアルアーケードプロ)"シリーズですが、その品質の高さを最大限に生かすにしては厚みがありすぎ。恐らく多くのユーザーは膝の上で使用中、かと思うのですが今回再度ご紹介した件の"BRÄDA"を併用、ってのが恐らくオススメ。
 つっても唯一の販売店である"IKEA"が通販していないこと、加えてそれほど店舗数も(現時点では)無いことを考えると、何某かの代用品で膝上での安定を図るのが吉、なのかなと。ある程度の厚みと適度な弾性を持つウレタンやらそのテの素材+プラ板、各自工夫して"RAP"、最大限に活用していただきたく。


 デザイン  ★★★☆☆ それにしても初代の天板が鏡面加工なのは・・
 操作性   ★★★★☆ "BRÄDA"を併用で+1、ですかね
 参考URL メーカーHP
 備考    後述


 ところで環境面での補足ですが、PCへの接続には変換器を使用してるんですがこれの型番が、"JY-PSUAD1"。メーカーは"SANWA-SUPPLY"。遅延も無くフツーに使用可能。ご参考、までに。
by karasuma_usb | 2009-08-05 20:39 | コントローラ
 先週、ワリと本業がポジティブな形に一段落してホッと胸をなでおろして完全弛緩。烏丸です。

 よーやく本業のペースを緩めるコトができそう、ってんでようやく余計なコトに目を向けることが、ってその"余計なコト"の一環ってワケではないのですが、近所の中古ファミコン店にて少々良いお買い物。

c0004568_17421100.jpg

c0004568_17522048.jpg

c0004568_17424276.jpg
c0004568_17425945.jpg

 セガマーク3用の"ファンタシースター(初代)"と"覇邪の封印"、それぞれお値段はご覧のとおりの100円300円
 4メガロムの前者が100円、対して2メガロムの後者が300円。グラムいくら、ではないですが不思議な逆転・・・って、ふと思ったんですが"覇邪の封印"には攻略に不可欠な布製マップと、主人公を模したメタルフィギュアが付いていた記憶。 なるほど布製マップはともかくフィギュア代が上乗せ?


 と、思って帰宅後に開封してみたらメタルフィギュアが見事に欠品。
 しかしながら文句を言いに行くにしても高々300円で目くじら立てるのも。。。



 ところで購入しておいてアレですが、SRAMの電池・・・交換できるのかしら。
by karasuma_usb | 2009-08-02 17:53 | 烏丸の壷