変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 "コントローラを収集している"、という人間は案外世の中に少ないようで、よく聞かれる

 
『どんなコントローラがおすすめですか??』


 という質問に毎度困って。
 烏丸です。なんですかねぃ、おすすめ、とか言われてもこの烏丸の回答なんて全然参考にならない予感なんですが、ともあれ聞かれたらとりあえず当たり障りの無いトコロを回答しておこうかしらー、なんてのは失礼なんでしょうか。(っていうか、社交辞令として聞くにしても、プラットフォームやら用途やらあるでしょーに、ねぃ)

 さて本日は個人的におすすめしたい、地味ながらプチ便利な特徴を持つ、んだけれども特に使い道が思いつかない・・・そんなコントローラをば。


c0004568_221938100.jpg

SANWA SUPPLY JY-P64UM

 コントローラを買おうと思うのですが、どこのメーカーがおすすめですか?
 という問に対してまっさきにやめておけ、と親切な人にアドバイスされるコトが多めなメーカー、サンワサプライのUSBコントローラであります。

 この場合、"親切な人"が「やめておけ」と言う最大の理由は耐久性、だったりするんですが、まぁ所詮市場価格が300円とかなのであんまり気にしすぎても~というのは甘え? かしら?


 さて久しぶりに登場、なサンワサプライ製品。いや烏丸も最近はすっかりサンワサプライとかってスルー対象だったり~、とか思ったんですが、電気が通わないPCペリフェラル、とかUSBハブとかだったらブッチャケどこの製品だろうがそれほど気にしなくてもいいので良いんじゃないでしょーかサンワサプライ、ってんで購入したのがこれまた結構最近。近所の電器店のワゴン、ではなくスーパーによくある買い物カゴ、一見

 『ご自由にお取りください』

 かと思ったら一応値札が付いていて左様、300円。じゃあ買うかーみたいな。


 というコトで購入したんですが、これが思いの外素敵。では各、部位。


c0004568_22292450.jpg

 格安粗悪、な大陸製ゲームパッドなんかによく見る例の形状、な方向キー。
 なんだっけあれあれ、あの製品と同じヤツですよー、とか思ったんですが思い出すのが面倒なので割愛。

c0004568_22313493.jpg

 本体にベッタリと張り付いているのではなく、サタパなんかでおなじみの"コマ型"構造。
 ストロークは深め、で親指の触感で上下左右にかろうじて迷わないガイド付き、でなかなか。いや触れる前から安っぽさが滲み出ているんですが、触ってみると「おお、やっぱり」安っぽい、という感想が得られる実に素直な方向キー、なんであります。
 (いや下手な十字キーよりよっぽどマシですけどねホントに)


c0004568_22343853.jpg

 比較的小さめな径のボタンが6コ。

c0004568_2236162.jpg

 メガドラやサターンのコントローラみたく、中央のボタンにポッチがついてて~みたいな配慮はなく、って流石に6ボタンもコモディティ化して久しい(ワリに選択肢が少ない)ですからねぇ。


c0004568_22375829.jpg

 中央には"SELECT"・"START"にアサインすればいいじゃないみたいに投げやりな2ボタン、押しながら任意のボタンを押すと連射、といういつもの"TURBO"ボタンが。
 いや実際、単なるUSBコントローラなので、アプリ側でお好きなように、ってんで用意されているだけ、なのはいいんですがPC側で認識させた時に何番になるのかが一切不明な突き放し具合。 かと言って全部のボタンの横に一切のデザイン性を放棄したレタリングとかされるよりは、ナンボかマシなのかもしれませんが。


c0004568_22423692.jpg

 一応付いてるLRは、左右に1コずつ。


 というコトで各部位のご紹介は終了、ってんで本題に。


c0004568_22455299.jpg

 前述のLRの中央にあるボタン。
 このボタンが味噌でして、押すとこれこの通り、


c0004568_22475373.jpg

ご開帳

 ダライアスで言うところの"キラーヒジア"よろしく開く仕組み。
 で、なかにはUSBケーブル。つまりケーブルを収納出来るっつー。ほら、地味でしょう?


c0004568_22495548.jpg

製品の型番も何故か中に

 やれ"2.4GHz"だ"BlueTooth"だ、と無線全盛のこの時代に、って烏丸が購入したのは昨年秋だか、とはいえ本製品を最初に見たのは4年くらい前? なのでワリと無線製品が当たり前になってた時期・・・なのですが、無線は遅延が・・・とか電池が・・・とか余計なコトに気を回さなくて済むのはメリットなのかも。まぁこの内部のケーブル巻き取りスペースを、『ケーブル巻き取り機能』と称するのはいかがなものか、と思ったりはしますけれども。


 さてこのケーブル巻き取りスペース、煩わしいケーブルを収納出来る単純な喜び、も有るんですがどうにも気になるのが・・・


c0004568_22585086.jpg

 開閉ギミックの蝶番(ちょうつがい)のシンプルさ。

c0004568_22595260.jpg

 金属部品ではなく延べられたプラスチックだけで、この蝶番を構成しているという・・・このコントローラが気に入って毎日使う、しかも毎日キチっとケーブルを巻きとって片付ける、そんな几帳面な方、よりもケーブルを一度出したら出しっ放し、というガサツな人間向きの仕様。

 っていうか烏丸も数回開閉しただけで、なんだか開閉の仕方が当初よりもクイッキーになっているんですが・・・うーん、結構好きな製品なので、自力で補強するとかした方がいいのかなぁ、なんて。


 デザイン  ★★★☆☆ しかし冷静に考えると、"何向け"に意識してるんだろうコレ
 操作性   ★★★★☆ 案外サタパの代わりになるカモ
 参考URL メーカーHP
 備考    ケーブルが巻き取れない姉妹品、ってのもあります。


 しかし毎度のコトですが、サンワサプライは廃盤製品がちゃんと検索出来て便利。廃盤製品を検索→あーこれ持ってないワー→買う、ってルーチンが成立しやすくて。つい買っちゃうんですよねぇ、サンワサプライの製品。


 必要、ないのに。
by karasuma_usb | 2011-01-23 23:20 | コントローラ
 筆不精の原因をキーボードに押し付けて。烏丸です。
 デュアルディスプレイの便利さ、にキーボードの腐り加減が優ってしまったせいか、気がつけば拙宅のメインPCに昇格しているのが・・・工人舎DZ。


c0004568_18131512.jpg

気が狂うほど便利、なんだけど縦方向の解像度が・・・

 なんですが、やはりどーにも許せないのがアイソレーションタイプのキーボードの取りこぼしっぷり。
 どうにか手の方を慣れさせることで~とか思っていたんですが断念しまして、近所のハードオフでトラックパッド付きの薄っぺらいキーボードを、購入。


c0004568_19202976.jpg

c0004568_19245971.jpg

メーカー不明。しかし全部中国語って・・・

 お値段315円。
 なんだか見た目がWindows95とか98世代。おまけに烏丸が苦手とする日本語配列・・・とは言え価格には勝てず。

 で、ジャンク箱に放りこまれていただけあってキートップの隙間から見えるホコリに毛髪、とこれはバラして掃除したほうが良さそう。 パンタグラフ式のキーボードは分解に気を使うのが面倒だなぁ、とか思いながらひとまずこれまた近所の電気店でエアダスターを購入、したんですがこっちが630円・・・掃除する対象よりお値段が張る不条理。


c0004568_19263748.jpg

 ひとまず分解(している最中に爪が割れまして、タイトルの通りになったという)、予想外の毛髪量。これは前オーナー、そうとうストレスを貯めこんでいたんじゃないかしら・・・(シャーシがグレーなのが幸いですな、絵面的に) さて予想、というか心配してたんですがやっぱり、

c0004568_19285790.jpg

 
中央のパンタが左右対称になっていないのがお分かりでしょーか

 以前PowerBookのパンタをことごとく破損した苦い思い出、とかいって反省してても壊れやすいですからねぃ、これ。


c0004568_19361782.jpg

 で、かなり熱心にお掃除して、組み立てなおしてこの文章をそのキーボードで書いている、という。しかしなんだかハイフンのキーがうまくはまってないらしく、ああこのあとまたキートップを外すことになりそう。


 ※余談ですがエアダスター、使っているうちに缶の内圧が下がるから? でしょうかものすごく冷たくなってきてまるで拷問の様相。次使うなら夏、ですな
by karasuma_usb | 2011-01-23 19:37 | 烏丸の壷
 年初に結構苦労しながらPS1のゲームを索引順に整理、した話をいたしましたが、まーた買ってきてしまったんですな、


c0004568_18343152.jpg

 なーんか持ってたような持ってなかったような、いやプレイしたことはあるけどあれってPCエンジン版だったっけ? いやx68kか? とか曖昧な記憶の招待を探るよりも先にとりあえずレジへ。お値段は"マッドストーカー"が500円、"コットンオリジナル"が100円(!)。

 "ファミリーソフト"、"フィルインカフェ"というキーワードが懐かしくも甘酸っぱい"マッドストーカー"は、横スクロールのアクションゲーム。ながらもVSモードで主人公と各ボスを使って対戦出来るという、ああ当時そんな感じのゲームが他にもイロイロあったけねぇ、とかいいながら「そんな感じ」のタイトルが果たして何だったのか思い出せない不思議。
 ともあれ、簡単操作、っていうかある程度のガチャプレイと無限コンティニューでサクサク進んじゃう良作。

 "コットン~"は・・・実は今回初プレイ? なんだかアーケードで見た時にプレイしそびれて今更、なのか、サターン版の続編は面白かったけどキャラゲーが苦手な烏丸なので早い段階で遊ばなくなったんだっけー、みたいな。
 ともあれ、シンプル操作で初見殺し多めなトコロが実に楽しい。横シューだけに背景の演出も面白いしー。



 で。冒頭で索引順に整理した棚に詰め込もうと思ったんですが・・・


c0004568_18415876.jpg

c0004568_18421963.jpg

 「コ」も「マ」もいっぱいいっぱいっつー。
 さてどーすっか、ってそろそろ収納家具を本格的に増やさないとどーにもなんない雰囲気。


 読者ちゃんはどーしてるのかしら?
by karasuma_usb | 2011-01-22 18:45 | 烏丸の壷
 "切込隊長"こと山本一郎氏のブログを定期的に読んでいるんですが、その中にワーイと飛びつきたくなる話題があったもんだから、今回。
 →切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog

 ~ Wizardryの濃いファン数名から、日本のwizardryのリメイクはけしからん!とか言われて、はて何のことやら、と思ったところ、どうやら最近wizがまたリメイクされてシリーズ化していたらしい。(中略)
 ~ すでに日本においてもwizardryというタイトル自体は過去のものであってユーザーの注目するところではなく、どのような作品が現代風にリファインされようともオールドユーザーはそこで得られる新しいユーザーを受け入れ続けることを宿命付けられているのではないか、というような話をした。


 幼少の折、Apple][(この表記w)版のWizardryを見てショック、学生時代にMSX版・ファミコン版初代を経験し、こう言ってはなんですが厨二病的に海外製RPG、ひいては洋ゲーマンセーになった時代を振り返るといささか赤面、するんですがなるほど今日でも同作の原理主義、いやさ熱心なファンからすると・・・
 「今の」Wizardryには納得がいかないそうで。


c0004568_13394218.jpg

現時点の最新作、"Wizardry 囚われし魂の迷宮"

 なるほどコンピュータの表現力が相当不足していたあの時代、想像力をかきたてる線画にドキュメント、とテーブルトークからコンピュータRPGに入り込んだ当時の世代には今の"Wiz"は納得いかないのかしら?

 烏丸と言えば、その赤面せざるを得ないあの頃、を振り返ると確かに、日本向けに、もちろん日本のコアなファンによるアレンジには驚いたり失望したりしましたけれども・・・そもそものSirtech社による"ダンジョンマスター"リスペクトな"Bane of The Cosmic Forge(日本版タイトル:『禁断の魔筆』)"しかり、"Crusaders of the Dark Savant(日本版タイトル:『ガーディアの宝珠』)しかり、本家最終作になってしまったのと、単体RPGとして素晴らしい出来栄え(だけどこれWizじゃなくてもいいよね)な"Wizardry 8"などなど、なーんか本家自身によるシリーズも相当アレだったじゃーん、と思うんだけどどうか、みたいな。

 Wizardryにしても、あのシビアなゲームバランスというのは他にあの手のRPGがなく比較対象が少なかったから許された、ということもできるし、UOにしてもEQにしてもROにしてもFFにしても、ブランドへの支持だけではやっていけなくなったときの「転換」に失敗すると文字通りブランドが死んじゃうわけである。


 「転換」しようとしてダメにしたのは他ならぬ本家、であってGB版の"外伝"シリーズなんて原点回帰として素晴らしい作品(IIIはどーかと思うけど。バランス的にもストーリー的にも)だと思うし、その後"Wiz"を作りたいけど権利的にアレなのでリスペクト作品を、ってのも現在残っている代表的な作品はどれもこれも「本家の良さ」を残しながら、面白いアレンジを施していて素敵、って思うんですがねぃ。
 もっとこう、"Wizardry原理主義"の方には、国産の続編、そしてリスペクト作品をもっとプレイしてもらいたいキモチだ。


 ところでDS版の"エルミナージュ2"をプレイ開始から早65時間。
 "世界樹~"から久しぶりのダンジョンRPGなんですが、やっぱり携帯ゲーム機との相性はすげーよね3Dダンジョン。中級職、という位置づけがよく分かりませんが、転職前提の職業に育てるだけの旨みがしっかり作られているところとか、クエストの概念が一般的なRPGよろしく盛り込まれているところとか。(ちょっとギャグ要素が余計だけど)

 これでリアルタイムセーブだったらいいのにー。


 (石の中に埋め込まれて)時間をドブに捨てる恐怖、と隣り合わせの灰と青春、みたいな。
by karasuma_usb | 2011-01-17 13:54 | 烏丸の壷
 周囲の想像では相当に烏丸の部屋は、コレクションは産卵、いやさ散乱しているという共通見解が有る。

 とか先日の飲み会で言われて弁解したんだけどあんまり聞いてもらえなかったので・・・久々にコントローラ棚を記念撮影。


c0004568_2012360.jpg

 ここ1~2年くらい、新品で購入するコントローラはなんかいつもブリスターケース。
 なので開封すると化粧ケースはゴミ箱へ、でコントローラ本体は適当に触った後にジップロックの親戚みたいな袋に入れて押入れのクリアケース行き、なので箱物の増加は少なめ。(ブリスターっぽいけどもとに戻せるケースは部屋の内壁に飾れるんですけどねぃ)

 なんですけれども、どういうワケか昨年秋くらいからアケステづいてまして、なんとなーく"買う→床の間に積む→買う→床の間に積む"、とかやってたら結構な数に。 なので年始の整理の際に、小さめの箱をテトリスよろしく詰め込むとかしてどーにかアケステもコントローラ棚に収まった感じ。

 しかしこの棚の状況を鑑みるに、近々収納家具を追加で購入しないとどーにもなんねぇカモなぁ、とかとか。(ああ、タイトルが"晒すスレ"になっていますがお気になさらず)
by karasuma_usb | 2011-01-15 20:36 | 烏丸の壷
 いよいよ近づいてきた話題の"ニンテンドー3DS"発売、そして先日の体験会でローンチの発表。
 と賑わってますが何だか現物を触った人からはポジティブな意見、触ってない人からはネガティブな意見、とキレイに別れているところにネット風評時代を痛感したりして。略してネット痛風。ああ、略せてないや。

 烏丸です。
 ともあれ次世代機の登場の裏では当然のコトながら世代交代が行われているワケで、3DSの初回生産分を担保するべくDSiが生産終了とか。ああ良かった買っておいて~と胸を撫で下ろす烏丸の後に是非、DSliteのオーナー諸兄は続いていただきたく。(いやLLでもいいけどアレ、大きすぎるでしょう?)
 で、世代交代といえば時代の移り変わりと同義語。なので唯物論主義者であってもなくても無関係でいられないんですが、って変なカタチの枕を風呂敷ライクに拡げてみたんですがアレだ要するに旧世代の遺物にまた余計な投資をした、話。


c0004568_21545426.jpg

 昨年末、押し入れの整理をしていたところ、アラヤダしばらく使ってなかったワンダースワンクリスタルが。
 思えば「初代モノクロ」→「カラー」→「クリスタル(液晶がTFT!)」と、一通りの本体を購入、したにも関わらず殆ど対応ゲームを買わなかった不思議な存在。ちなみに拙宅に現存するタイトルは、


c0004568_21563981.jpg

 ご覧の有り様。(あ、"モノアイガンダム"がどっかいった)
 掘り起こしたら面白いタイトル、ってのもあったんでしょーけど、どうタイミングにゲームボーイカラーとかネオジオポケットとか有ったんでねぇ・・・当時は可処分所得が少なくてねぇ・・・とかとか。


しかしながらこの邂逅を大事にしたい、そう思うや否や(as soon as)こんなものをゲトー。


c0004568_22103390.jpg

 ワンダースワン用のキャリングケース。お値段350円。
 おー、こんなものあったんだー、という素直な感想を独り言ちつつ、何故今までこのケースの存在を知らなかったんだろう、という改めてワンダースワンのマイノリティさ加減に嘆息。


c0004568_22201233.jpg

 で、開けてみるとこんな具合。
 フタ部分にはカートリッジが、下にはおそらく周辺機器。押入れの中を漁ったら二つ三つ出てくるだろう充電池、とか

c0004568_22225563.jpg

 イヤホンアダプタとか? が入るみたい。(しかしこのアダプタは不親切でしたねぃ)

 ともあれ、少々ケース自体が大きいものの、このケースが有ればまだ見ぬワンダースワン仲間に会う時も安心。 とか言って、


c0004568_22283152.jpg

c0004568_22285273.jpg

c0004568_22291524.jpg


 ・・・

c0004568_22294360.jpg

 クリスタル入らねぇ。


 はい、500円から。
by karasuma_usb | 2011-01-12 22:31 | 烏丸の壷
 なんとなしにスーファミ版の"龍虎の拳2"を引っ張り出してプレイ、したのはいいんですが発狂できるほどの難易度にイラついたりして烏丸です。寒い。CPSファイターの軸が冷たくて本当に、寒い。

 さて今時"龍虎"、とかいって先日のエントリでご紹介しました"ネオジオステーション"、あれに触発されてああそういえばザウルスが移植したSFC版も良かったっけなー、見た目が。 とか思ったのが発端。で、今プレイしてみたらモノすごい難易度に往生している、という。(まぁ年齢的なものもあるんでしょうが)

 で、発売から15年も経ってたそうで、ほいだら今現在の"龍虎シーン"(あるのか)はどうなっているのかしらー、と検索してみますとなんと、つい最近隠し技が見つかったそうで。



 ディップスイッチを操作、という手順を踏まなくてはいけないそうでなるほどオリジナル、つまりMVS版の話。だそうなんですが、なんだか冗談みたいな技ばっかりでしてともあれご覧あれ。っていうかよくもまぁここまで隠蔽され続けてましたなぁこんなのが。

 肝心の動画ですが、なんかこう、新規のグラフィックを起こしたもの、ではなく既存の技を切り貼りした感じ。中には採用されてても不思議じゃないものも。。。なんですが、ミッキーの隠し技がほんとに思いつかなかったんだなぁと思わせる出来。大注目。

 是非ネオジオステーション版ではこの辺りを選択式にしていただいて、みたいな。
by karasuma_usb | 2011-01-10 18:03 | 烏丸の壷
 人差し指と中指と薬指。

 これに加えて親指、とアケステを使用する時にはこの3+1くらいが必要最低限だよなーとか思いながらかといって小指は不要なのではなかろうかこのまま人類は進化したら小指は退化して無くなっちゃうんじゃないかしらいやでもEnterキーって小指で押すもんなぁ、とかどうでもいいコトを考えながら年末年始を過ごしていたら本業が営業開始。
 今年も忙しくなりそう。烏丸です。


 さて地球外生命体との出会いも無いままに2010年は寂しく終わってしまったんですが、振り返ってみると2010年は年末にかなりいい話題があったのをご存知かしら?


c0004568_18524033.jpg

 左用、"ネオジオステーション"。
 タイトル1本あたり900円! しかも(少なくとも現時点では)ネット対戦無料! つまり買い切り! で実現した、"ネオジステーション"が12月からダウンロード販売開始、という。

 これまでも非公式、というか限りなく黒に近い灰色な方法では、インターネッツを超えた対戦・協力プレイが可能だったワケですが、長い年月を超えてようやく公式に、しかもリーズナブルな価格でこういう製品が出た、というのは大変喜ばしい限り。
 初期ラインナップは10本、"NeoGeo"というと対戦格闘ゲーム、みたいなイメージがありますが、初期ラインナップから既に"非"格闘ゲームなタイトルが多め、というのが期待値。対戦だけじゃなく協力プレイも、しかも殆どラグが無いっつーのはスゴイ。ありがとうSNKプレイモア。 みたいな。


 御礼、の意味も込めてじゃあ、って拙ブログの方でも何か、とか思ったんですがそりゃあそうよねコントローラよねー、というコトで今回はこちら。


c0004568_1856629.jpg

"エクサー NEOGEO STICK 2+"

 やはり最高の環境には最高の環境で、ってな気分で大購入。
 実はこの"NEOGEO STICK"、本製品の名前からも推測できますようにシリーズ物。"PS2"用で販売開始されたのが"NEOGEO STICK 2"、その後発売された"同 3"ではスティックのボールの径が35mmに変更されたりラバーコーティングされたり重量増で安定感が増したり、ってんでこれまで5種類。んでもって、


c0004568_1857322.jpg

 拙宅にあるのは今回ご紹介する"2+"の他に、初代(っていうと変ですが)"2"、同じく"2"なんだけどPlayStation2版"餓狼~MARK OF THE WOLVES"同時発売の限定版、の3コ。(何故か元祖、つまりNeoGeo純正は手元に無かったりー。 就職の折に処分したコトを今更大後悔)


c0004568_19352883.jpg

 今回の"ネオジオステーション"のプラットフォームは"PS3"(と"PSP")。この製品は前者、"PlayStation3"用を謳うべく、インターフェースを"USB"に変更、ってのと"PS"ボタンが追加されたってのが主な変更点、というか正に"ネオジオステーション"にうってつけなアーケードスティック、なんですな。
 ※しかし"NEOGEO STICK 3"まで出たのに"2+"と先祖帰りしたのは何故なのかしらん


 さて四の五のは置いといて、各部位を観察してまいりましょう。


c0004568_19362284.jpg

 はい、例の。
 という言葉で濁してしまいたくなるくらい、お馴染みの・・・って、拙ブログの読者ちゃん層におかれましては当時、NEOGEO本体は購入してますよね当然の如く。
 当時との明確な違いはボールのサイズ。烏丸が並行して絶賛使用中の"HORI Real Arcade Stick"なんかでも使われている一般的な"35mm"サイズ。オリジナルのネオジオスティックは確か30mmとかだったハズなので少し小さかった・・・ような気がしているんですが生憎手元に無いので比較出来ず。

 なので、ひとまず手元にある"NEOGEO STICK 2"と比較してみましょうか。

c0004568_1939119.jpg

 こんな具合。
 "RAP"にすっかり慣れた、ってのもあるんですがやはり"35mm"というサイズはベスト。逆に言うと当時の純正はなんで"30mm"だったのかしら。


c0004568_19365535.jpg

 内部のガイドは4角。これも今時の主流ですな。
 (一時期、格闘ゲームは4角ガイド、シューティングとかは8角~とか持論してたんですが、一度どっちかに寄っちゃうと切り替えにくいですよねガイド。昔の電波新聞社の製品が4←→8方向切替を実装してましたが、あれはガイドの切り替えじゃなかったしなぁ)
 タッチは良好。バラしてないのでアレですが、多分セイミツ? あったりまえですがガチャガチャとハードなサウンドを奏でるので夜間使用は留意。


c0004568_19425866.jpg

 バコバコといい音がするボタン。
 ストロークは当時のものと変わらない感じ。そいえばNEOGEO本体についてるリセットボタンもこれと同じ部品で、子供心に「コストダウン」ってこういうコトなんだゼ? って教えてくれたんですなNEOGEO。


c0004568_19433651.jpg

 さてこのシリーズではお馴染みの、信じられない形状と場所に備え付けられたLR。
 オリジナルの"NEOGEO STICK"には無かった場所に左右それぞれ2ボタンを追加。これはもう・・・なんだろう無くてもいい・・・とは思うものの、ひょっとしたらこのスティックを"NEOGEO"以外のゲームでも使うかもしれないしーとかそういう配慮? にしても位置とデザインが強烈。

 じゃあ元々のデザインに2×2ボタンを追加するとして・・・とか考えると、オリジナルの配列を壊すことになりかねない、予感。次善策、だったのかしらん。


c0004568_19444733.jpg

 写真を撮っていてふと思ったのが、あれれNEOGEOって"SELECT"ボタンってあんまり使った記憶が無く~、ってああ、PAUSEか。

 ともあれ、この"NEOGEO STICK 2+"で実装されたのが、この


c0004568_19452244.jpg

 "PlayStation3"にPS2以前のコントローラなんかを変換して利用している方はご承知かと思うのですが、何しろこの"PS"ボタンが無いと"XMB"のホームに戻ったり電源をOFFにしたり出来ないので大変、不便。
 なので前述のLRの配列が少々アレな感じこそすれ、ひとまずこの"NEOGEO STICK 2+"1コで、PS3の操作が可能になるんですなこのボタンで。


 さてここいらで実際の使用感をば・・・正直、恐ろしいくらい当時のテイスト。
 ひとまず"ネオジオステーション"で現物ROMを手放した後で信じられないくらい市場価格が高騰したので世を儚んだ"メタルスラッグ"をダウンロード購入。 昨年秋にゲハ板を中心にネットを騒然とさせた入力遅延、あれも感じずに快適プレイ。

c0004568_20113855.jpg

 普段、"PS3"に接続しっぱなしになっているRAPとこの"~2+"の両方で試してみましたが、なんだろう"NEOGEO"のタイトルをプレイするならこのボタン配置(と確度)で俄然「それっぽさ」が急上昇、みたいな。

 もちろん、アーケードで、つまりMVS筐体でのプレイ感覚を求めるならばRAPの方が感覚的に近いのでしょうが、烏丸のように"アーケードでちょっとプレイ → ROM版発売日に即ゲトー"で家ゲー環境を構築してからが本腰、だった人間にはこの"NEOGEO STICK 2+"と"ネオジオステーション"はベストバイ。
 プレイ中に当時の思い出が蘇ってアルバムを開いたり学生時代の友人に電話してみたり切ない人間関係を思い出してSNSを検索して当時の友人の誹謗中傷を書き込んだり、とああこれすごいわ、ノスタルジックパワーが。


 と、褒めてばっかりなのもアレなんで、少々気になるポイントをば。


c0004568_1944156.jpg

c0004568_20152683.jpg

 左が今回ご紹介しております"2+"、右が"2"。
 拡大率が若干異なるんですがボタンの直径は同じ、なんですけれどもボタンホールの周囲のくり抜きがなーんか、雑なんですな"2+"。 これはボタンのガタつきにも出てたりして、"2"そしてオリジナルである純正と比較してもボタンが少しブレる。 と、もうヒトツ。


c0004568_19371565.jpg

 レバーの軸の話。
 純正も"2"も、レバーの軸がだったんですがこの"2+"は金属然とした無塗装。ホントに細かいところなんですが気になる感じ。前述のボタンホールといい、コストダウンなのかそれとも(前者は)金型の劣化なのか成形技術の退化、なのか。うーん?

 ともあれ、


 デザイン  ★★★★☆ PS3ボタンのおかげでPS3がネオステ専用機に
 操作性   ★★★★★ ネオステやることを前提に
 参考URL メーカーHP
 備考    後述


 "ネオジオステーション"登場以前、にもXBLA("XBox Live Arcade")なんかでNEOGEOタイトルの通信対戦は可能、ではありましたが移植タイトルは格闘ゲーム中心。加えて、月額課金と、そもそもの国内ユーザー数の差なんかも災いして今ヒトツな感じがありましたが今回の"ネオジオステーション"は期待できそう。
 ネットワーク周りの同期性もそうなんですが、協力プレイのユーザーを探す機能やら各種コンフィグ、サウンドテストと至れり尽くせり。これで900円・・・ゲーム1本買うのに3万円、とかだったあの当時を体験した身としてはああ長生きはするもんだなぁ、みたいな。


 ということで『NAM-1975』と『あしたのジョー伝説』と『エイトマン』を、早く早くゥ。
by karasuma_usb | 2011-01-09 20:28 | コントローラ
 そろそろデスクトップPCかしらー、とか思うものの置く場所を作れそうにないので今年もまた、座卓PC。烏丸です。

 "ゲーミングPC"という言葉が一般的になって随分と経過しますが、"ゲーミングPC"を名乗るコンピゥターってなんだかキーボードが仰々しいよねぇ、とか思っていたんですがなんだか決定版な仰々しさ、な製品が登場。



"ROCCAT Valo"

 去年くらいからドスパラで見かけるようになったドイツのゲーミングアクセサリブランドの新製品。
 最初は珍しくてONにするんだけど徐々に鬱陶しくなってOFFにする定番、イルミネーションキー、Co-opに必須なマイク(しかもノイズキャンセリング)、ゲーム中にインパネで確認する必要があるのか甚だ疑問なCPU使用率表示液晶、など実にまぁゲーミングキーボード然。

 なんですが、さすがにマクロキー41コはすごい。数えだと本厄ですな、男性ならば。
 マクロ禁止のオンラインゲームが多いようですが、ハードウェア側でサポートしてれば大丈夫なんです? かねぇ?


 ともあれこの数は面白い、とか思ったんですがこれ、肝心のスイッチについて説明がないんだよなぁ。。。


 やっぱりメンブレンなんだろうなぁ。。。しかもヘッポコな。。。


 →製品販売ページ(なんか100コ限定らしーですよ?)
by karasuma_usb | 2011-01-09 10:19 | 烏丸の壷
 ・・・なんかこのテのネタが出てくる度にネタにするには・・・

 とか思っていたらスンゴイ既視感を感じたので、またもや。



"JOYSTICK-IT iPad Arcade Stick"

 またもや、iPad/iPhone/iPod Touchのタッチパネル上に貼り付ける、ジョイスティック。
 リンク先ではさも「アーケード」とか書いちゃってますが、上記の写真の通り「親指で」操作。親指で・・・スティック状の・・・このカタチを・・・


 あ。


c0004568_211546100.jpg

 これだ。
 狙った、ワケじゃないんでしょーがスンゴイ既視感の源泉はこれ。いあー、方向キーの硬さ、そしてこのスティック状のアタッチメントのおかげで親指がヘコんでヘコんで・・・という経験を持つ読者ちゃんも多かれ、な予感。

 アケステを名乗るならばワイン持ち出来るくらいのモノを、とか思うんですがそれはまぁ22型のタブレットPCが出るまで我慢するとして、ともあれこの製品有りきでSEGAには公式エミュレータを・・・!

 とか、妄想。
by karasuma_usb | 2011-01-06 21:20 | 烏丸の壷