変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
小は大を兼ねる
 米粒に絵とか描いちゃう老人がいる。極細の筆で、絵どころか文字までも。すごいなーあんなに小さいお米になー、って。 とかく日本人って小さくて細かいものに心を惹かれる人種なんだと思う。 烏丸の好むカテゴリだとダウンサイジングって言う。 最近のDVカメラなんてスゴいね。手のひらより小さいもん。(でも操作しづらくないの?)

c0004568_2256962.jpg
 
 で、極限まで小さくしてみましたっていうコントローラ。 写真でわかりますとおり、横に並べた単三電池と比べてみるとまあ、小さいこと小さいこと。正直、実用と話のタネの中間点。メーカーのサイトだと「持ち運びに便利」ってうたい文句なんだけど、もって歩くかコントローラ? べーしっ君じゃないんだから。 (あ、話のタネに持って歩くのか)
 スペックは最近のUSBパッドのほとんどが満たしているデジタル10ボタン。 スト2で言うところのパンチとキックの6ボタンは、親指一本で6ボタン同時押しができちゃう。 バイソンでターンパンチを2連発するのに便利。
 じゃあバイソン専用ってことで、ひとつ。

 ・・・ってここで〆るのもあれなので。
 正直、シューティングなんかで正確な動き(例えば弾除けなんかで)が必要なんであれば、このコントローラは自ずと選択肢からはずれると思われ。 やはりRPG、無論アクション性のないものに限定されるが、悪い選択肢にはならないだろう。

 デザイン ★★☆☆☆
 操作性  ★★☆☆☆(小さい割りに。十字キーは期待しないこと)
 備考   ここまでやるならケーブルを巻き取り式にして欲しかった。爪甘。
 参考URL http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=JY-P52UM&cate=9
# by karasuma_usb | 2004-12-02 22:56 | コントローラ
苦労性専用
 ゲームをするに上でする苦労。例えばRPGなら経験値をあげたり、謎解きをしたり。STGなら弾除け、点稼ぎのパターン作成。おおよそゲームってのは苦労を楽しむモノ、という認識なのです烏丸は。
 じゃーその「楽しめる苦労」以外の「楽しめない苦労」ってのは何か。それを十二分に経験させてくれる、それがこのコントローラです。

c0004568_1603624.jpg



c0004568_162407.jpg


 おおよそ日本人離れしたボディに、指が触れる/触れないにかかわらず、ありとあらゆる場所にボタン/スイッチ類を貪欲に配置。おかげで右手親指が担当するボタンがスト2で言うところのパンチ・キックの6ボタン+スライドスイッチ+「S」ボタン、8方向のハットスイッチと、更にコントローラ上部中央の縦に2個並んだボタン!
 いやはや、外人デザインとは言え、この大きさにはちょっと閉口。 もちろん手が大きい人は、尋常ならざる指間接の動き(例えば波紋呼吸法なんかで)が可能な人には良いかもしれませんけどね・・・やはりフライトシム向けなんでしょうか。
 で、十字キーですが、これがまたGravis独特のニアリィ平面デザインなんですよ。 親指の感触で若干、「上下左右」の違いが認識できるとは言え、プレステやサターンなんかで慣れ親しんだ感触には大分遠いです。 ・・・っていうかこのGravis社もこの十字キーに異常なまでの執着を感じるんですけど。(他のGravisコントローラについても、いずれ紹介します)
 デザインは激しくツボ(無論、烏丸としては)なのですが、使う気力が起きないコントローラです。

 デザイン ★★★★★
 操作性  ★☆☆☆☆
 備考   右手親指の荒行に
 参考URL 新型?
# by karasuma_usb | 2004-12-02 16:02 | コントローラ

烏丸のコト

東京都と神奈川県の間に在住。
マカーでもありドザでもある。 昔はマカーとしてのコダワリを持っていたが、今ではもー、どっちでもイイヤって思っている。 趣味はコントローラ収集とバイク。 好きなインタフェースはUSB。 好きな映画は「裸の銃を持つ男」。 好きなオプションは眼鏡。 なんだこれ。
# by karasuma_usb | 2004-12-02 06:24 | 烏丸の壷
マウスなんかいらない
まーアイデアだけでモノを作るとマズいですよーという見本のような製品。

c0004568_16552541.jpg

 開発者がインタヴュー(←「音楽と人」風)で、FPS、いわゆる「DOOM」系のシューティングで快適な操作が出来るように云々とかいっていたが、いやぜんぜん駄目ですこれ。 右半分がマウスの役割を担当するんだけど、コントローラという特性上、どうしても宙に浮いた状態で動かすわけだ。 もうね、微調整の効かないことといったら山の如し。 (繊細であることを自負する日本人でさえこれなのに、ガサツさでは世界に名高いアメ公が使ったらどーなるのか。 いや、烏丸自身が繊細ってことではないですけど)
 ボタン部分に関してはマイクロソフトらしくしっかりした部品を使っているようで、割と耐久性も高そう。クリック感も十分。 左手親指が担当する妙に大きなスイッチは十字キーというかどちらかというとハットスイッチのような感触。(上下左右の入力に対して「カチッ」というクリック音がする) キーアサインにもよるが、FPSをやるときにはコレが前後左右の平行移動を担当することになる。 で、右手のグリップといわゆる「Rボタン」でショット、と。右手親指が担当するABCDの4ボタンは武器変更とかかしらん? 左側の十字キーの右下にある「シフトキー」との組み合わせでマクロ登録も可能。
 要は「慣れれば」という結論に帰結しちゃうんですが、それでも右手グリップの操作には相当な修練が必要かと思われ。

 もはや操作性の事は置いといて(いいのか?)、男らしさ全開の黒々とした野太いデザインはかなり烏丸好み。これがソニーならアジアと欧米向けにそれぞれのサイズを用意するところ、そこはマイクロソフト。アメリカのサイズこそがスタンダードといわんばかりに世界中でこの大きさを押し通してるところが、もうね。 正直、日本人の小生にはデカすぎます。 ええ。  あ、小さくしたところで向上しないと思うけどね、右手グリップは。

という点を踏まえた上で・・・
 デザイン ★★★★☆
 操作性  ★☆☆☆☆
 備考   FPSのハンディキャップマッチに。
 参考URL 残念ながら?生産終了だそうです。
# by karasuma_usb | 2004-12-01 16:56 | コントローラ