変なコントローラを千切っては投げ千切っては投げ。


by karasuma_usb
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1年放置しておいても変な広告が表示されていないのは左様、有料コースを契約していたから・・・

って、約1年、放置しておいたってことはそれはもう無駄に月額払っていたわけで、これはこれで猛省するわけなんですけれどもー。ともあれ思ったより荒れていなくて不思議。 いあー、一時期はキリル文字のよくわからないコメントとかズラズラと並んだりして、ブログ更新作業の前にスパムコメントを削除する、というなんだか雑草を引き抜く作業みたいなのが挟まったりしてですね、ブログから離れる一因にもなってたんですが。

で。

ところでTwitterやらFacebookなんかではご報告してたんですけれども、

c0004568_21364251.jpg
昨年、8畳の部屋の片隅にブラストシティが大搬入された・・・という・・・!
いあー、いつかは自室に筐体、と思い描いた20代。よもや40になって実現するとはー・・・あれねー。信じれば夢は叶う、ってーやつねー。っていうかコントローラの一環、と考えればコントローラ収集人生の中でごく自然な流れ、と考えることもできるのな。

自然な流れ、のワリに家人との合意形成の難易度は相当高かったんだけど。


# by karasuma_usb | 2015-04-07 21:42 | 烏丸の壷
丸々2ヶ月以上ブログを放置してしまったことに自戒。っていうかほうっておくとキリル文字のコメントがガンガン付けられてて東側怖ぇ、みたいなねー。

さて久々に書きたい事が出てきたんで書く。んですが、ずーっと以前に紹介したエルゴノミクスマウス、『Wowpen Joy』を憶えていらっしゃいますでしょうか。

【レビュー】Wow Technology Inc. WowPen JOY Pen Mouse

エルゴノミクスマウス、としては標準的な形状ながらお求めやすい価格と流通量、今でもたまに見かけるんですが最安値だと980円と大変お値ごろ・・・なのはいいんですが、肝心のベンダーである韓国Wow-Tech.incの公式サイトが見当たらず、新作に期待していたんですけど後が続かずーみたいなー。

で、なんでまた今更"Wowpen"の話を持ちだしたかというと、こんな商品を見かけたから。

c0004568_18344959.png

"Wireless Vertical Optical Mouse"

香港のUSB関連商品ECサイト、usb.brando.comで販売されているエルゴマウスはまさしく『Wowpen Joy』、しかもワイヤレス。今日日、即応性を気にするゲーマー層でも無ければ、マウスがワイヤレスじゃないなんてありえない、と思うのが恐らく一般論であって、なるほど腱鞘炎恐怖症と戦う層もおそらくワイヤレスじゃないとイヤーン、だったろうと。 そっかー、ちゃんとワイヤレスのもあったんねー。

って思ったら。

c0004568_18351110.png

なんかこう、変なところに穴が、ってこれあれだ有線時代にUSBケーブルが生えてた穴だ。つまりガワだけ"Wowpen Joy"にしただけのコピー品、な模様。なるほど、極端にボタンやらホイールの感触や耐久性が悪化してないのであれば、コピー品であってもエルゴ力(造語)は保証されてる形状・・・にしたって、やっつけすぎやしないか仕事が。

使うぶんには影響ないとは思うん、ですけれども。

販売ページ

しかしあれだなぁ、何にしてもそーなんだけど、コストかけてもコピーされちゃうんじゃあ、研究開発にコスト書けられないよねぇ。
# by karasuma_usb | 2014-06-02 19:32 | マウス
 「十字キー」と呼ぶかどうかで、その人のゲームっ子人生が京都方面かそうでないかでキレイに分かれ・・・そうでも無いんですかね、なんか"十字じゃない"方向キーを十字キー、って呼ぶのに妙な抵抗があるんですが。

 つってもですね、デジタル入力用の方向キーといえば、形状は違えど4方向なのがセオリー。そこに果敢に立ち向かったのが、


c0004568_1927109.png

 なんと、ヤフー。
 『人類から、「ヒマ」を奪え。ゲームって、YAHOO! JAPAN』、と書かれているのは現在サービス中の"YAHOO! JAPAN ゲーム"のキャッチコピーなんでしょうか。ともあれ強烈なのはポストカードに登場しているゲームパッドの方向キーが見事に3方向パッド。ヤフーの"Y"を模して、と。
 コラージュ元になったのは恐らくBaffaloの"BSGP1001"、シンプルすぎて話題に上らない製品でしたが、ヤフーとコラボしてこんな方向キーでリリースしてたらさぞや・・・話題をかっさらっただろうに、とか。

 つっても、肝心の『YAHOO! JAPAN ゲーム』に並ぶコンテンツで3方向パッド対応のゲームはなさそう、なんですけれどもー。しかし一方向減るだけでゲームのセオリーがこんなに変わるのねぇ。
# by karasuma_usb | 2014-03-20 19:28 | コントローラ
 先日のBitSummitで奇跡的? な邂逅を果たしたのがサークル『大往生』のぴぴぴ氏。数年前に開催したOFF会以来、ってんで結構な感動があったんですが、何よりも感動したのが、

c0004568_1730426.png

 大往生、のブースにおいてあった木製ガワのRAP!
 なんと、職人さんにお願いしてヒノキの塊から切り出してもらったという大変豪華かつ地球を甘やかさない精神に感動。 重量は相当なもんで、これを膝の上に載せてプレイすれば血の巡りは悪くなるわヒノキの作用で殺菌されるわで絶滅危惧種に指定されている向きにはオススメできない感じ、っていうか一品物は数あれど、こーいうノリはイイなぁ・・・という。

 しかしあれだ、使い込んでいくと風合いが増す、とかって愛用し甲斐があるよねぇ。

 っていうか高いんだろうなぁこれー。
# by karasuma_usb | 2014-03-13 19:00 | コントローラ
 いつかは遊んでみたい、と思いながらその夢が叶うことなく28年。手に入らないのであれば作るしか無い、ってんで、

c0004568_15573279.jpg

 作りました『GAIA』。

 ガイアとはなんぞ、ということについて若干おさらいしますと。80年代の中盤頃にパソコン雑誌でモノクロの広告を掲載していたMSXのゲームタイトル。広告のインパクトが相当なもんでして、
c0004568_1436046.png

c0004568_1433555.png

c0004568_148520.png

 ゲームのルールとアイテムの説明がざっくりと、しかも当時っぽいギャグ? を散りばめた味わいがマクー空間というか不思議時空というか、ともあれ当時の子供達を完全魅了、みたいな。 ところが、残念ながら現物を拝むことなく、また現物を所有している人にはついぞお目にかかることなく、今に至ってしまい・・・先日のBitSummitにスポンサー出展するついでに制作、という。

 ところで神官ポーって何してるのかしら。

 さて作り始めてしまったので、どうにか完成まで漕ぎ着けたいキモチながらも、果たして遊んだことがないゲームをどのようにして『完成』と納得するのかが悩みどころだったり。ひとまずあれなんですけどね、副業のサラリーマンとしてやってる『OPTPiX SpriteStudio』という製品のプロモになればいいのかなーと。

c0004568_1557559.png

 移植できたら連絡しないと、なのかしらー。あそこに・・・。
# by karasuma_usb | 2014-03-12 19:00 | 烏丸の壷
 ブログの更新が大変なご無沙汰なんですが、

c0004568_21243577.png

 撮影スタジオを導入しました。

 いあー、ここ数年はコントローラの画像、というかブログで紹介する小物類一式を書斎で撮影、加工して掲載、という流れなんですが、さすがに蛍光灯の下だとそもそもの写りに問題がーっていうか撮影者の腕がー、とか。


c0004568_21273959.png

 で、NIGOROのならむら師匠像を撮影したら、なんか20年くらいまえのレイトレーシングみたいに撮れて不思議。
# by karasuma_usb | 2014-02-28 21:29 | 烏丸の壷
 ブログの更新が大変なご無沙汰なんですが、

c0004568_21243577.png

 撮影スタジオを導入しました。

 いあー、ここ数年はコントローラの画像、というかブログで紹介する小物類一式を書斎で撮影、加工して掲載、という流れなんですが、さすがに蛍光灯の下だとそもそもの写りに問題がーっていうか撮影者の腕がー、とか。


c0004568_21273959.png

 で、NIGOROのならむら師匠像を撮影したら、なんか20年くらいまえのレイトレーシングみたいに撮れて不思議。
# by karasuma_usb | 2014-02-28 21:29 | 烏丸の壷
 『男の厄年は相当厳しいらしい』

 という周囲からの前評判を聞いていて望んだ前厄なんですが、新年早々に車のタイヤがパンク→フレームにクラックが発見される→新車を見に行ったら納車が半年待ち、と来てすげぇな前厄の洗礼たるやー

 とか思っていたら、こないだの連休最終日に出かけたハードオフにて、今度は単車のプラグが豪快に被るという。んでもって工具も持ってなければ工具を届けてくれた家族を待つ間に寒さに震えて自販機に向かったら『加温中』というね。すげぇな前厄の洗礼たるやー

 という。

c0004568_2219311.png

スンゴイ白煙なんですが写真に写らない不思議

 さて単車のプラグ交換自体は5分くらいでサクッと完了しちゃって嗚呼やっぱりタンデムツインはプラグにアクセスしやすくっていいわねぇ、とか思いながら、

c0004568_22201228.png

やっぱり回さないとダメだワ

 交換したプラグを見てふと思うのは、自動車だとかの民生品に関しては、消耗部品の流通小売って結構盛ん。にも関わらず、ゲーム産業については消耗部品って部品単位であんまり見かけないなぁ、と。やっぱりサポートの構造が自動車産業だとかと違うから? 家電なんかだと、修理サービスをメーカー以外がやってたりするんですけどねぃ。

 っていうか前厄開始って節分かららしーんですが、プレ前厄の時点でこの流れ・・・ゴクリ。
# by karasuma_usb | 2014-01-25 22:24 | 烏丸の壷
 昨年末~年始にかけて家族連れでファミコン屋を巡回。 ・・・って、いつもの休日の過ごし方みたいな年末年始だったんですが、やっぱりあれですかね大人になってからヨソの家庭とは著しく異なっていた事に気づいて驚いたりするんだろうかウチの子。

 まぁいいや。

 流石に郊外型のファミコン店でも、8bit世代のゲームを置いてあるお店が減っておりまして、徐々に守備範囲が遠方になっている感じ。 なんですが、まぁ単車で往復2時間? とかになると、何も買わずに帰るのもなぁ、ってんで


c0004568_21282663.png

c0004568_21285174.png

 なんとなしに購入した"デッドフォックス※"がえっらい面白かったので、一筆。(※タイトル画面に『人間兵器』とかあるんですが、パッケージには記載ないんよね。何かひっかかったのかしら)

 このゲームの存在自体は発売当時(1990年)から知ってたんですが、ナムコの"ローリングサンダー(AC:1986、FC:1989)"好きからすると、豪快に"パ○った"ようにしか見えない本作は華麗にスルー。 んで今遊んでみて実にパターン構築が楽しく、かつオマージュ元のローリングサンダーで『こうだったらいいのにィ』みたいな所がかなり改善されている良作だと、発見。
 いあー、他人の食わず嫌いについては常々叱責するような烏丸なんですが、猛省・・・!

 ところで、本作に限らず"ローリングサンダー"に感化された作品は80年代末期から90年代初頭に散見されまして、『リアル頭身の自機キャラを操作する横スクロールアクション』としてテンプレ化されてたんだなぁ、という振り返り。



"ローリングサンダー"(ナムコ 1986)



"忍 -SHINOBI-"(セガ 1987)



"人間兵器デッドフォックス"(カプコン/ステイタス 1990)


 近接攻撃にボム、ボス戦にボーナスステージという豪華アレンジに加えて輸出を意識したゲームデザインが素敵な"忍 -SHINOBI"、おそらく作り手がオマージュ元の気に入らない点をアレンジした"人間兵器デッドフォックス"、そして


"サプライズアタック"(コナミ 1990)"


 ステージ間に用意された唐突な『宇宙クイズ』の奔放すぎるゲームデザインの"サプライズアタック"・・・最後のはともかく、今日日遊んでみてパターン構築の面白みを再確認させられたりして嗚呼、自分の好きなゲームってこーいうのかもなぁ、なんて。
# by karasuma_usb | 2014-01-20 21:52 | 烏丸の壷
外国、特にアングロサクソン方面から言わせると、日本のゲームというか創作物に登場する男性ってば実に女性的だそーでイヤがられる傾向にあるとか。個人的にも『ますらお > たおやめ』、烏丸です。

なんかもー年頭の挨拶をするよりも先に、本業の方が営業開始になっておりまして、あー短い休みだったっつーか何だろう、ほんとにファミコン屋回りくらいしかしてなかったなぁ、って普段の休日とおんなじ過ごし方だったんですが2013→2014の年末年始。

さておき、最近はコントローラの整理はスッカリ諦めることにしまして、ひとまず積んだゲームの消化作業に。つっても、同時進行で先に述べましたように

 ファミコン屋巡回 → 大購入 → 積載

の他、

 オークション閲覧 → 大落札 → 積載

という崩すよりも早い積載フローが完全構築されていて遅々として進んでないんですが。

で、本日話題にしたいのは、"オークション閲覧"中に発見した『インドネシア産・魂斗羅』が想像を絶していた件について。

c0004568_17301072.png

『インドネシア産 魂斗羅』

何故に、キンタ○ン。
いや流石に伏せ字なのは烏丸もいい年だったりするからなんですが、ナチュラルなのか狙っているのか不明、なれども壮絶なインパクトなのは確か。いあー、外人って魂斗羅好きよねーって思ってたましたが、ヒドイ愛情表現ね、っつー。

NESといえばアジア方面にも正式販売しているはずなんですが、兎にも角にも"xxx in 1"は愚か、勝手移植の宝庫。最近は媒体のプロテクトやオンライン認証などのメーカー対策がしっかりしてきましたが、20年くらい前? の現地の混沌を垣間見れて実に貴重な感じ。いらないけど。

ところで同じ類似の出品物で、

c0004568_1731958.png

ウルトラマンの画像をあしらった『ロボコップ』とかあってこちらも熱い。っていうかウルトラマンはロボットでもないし警官でも無いわけで(キン○マンも『やつら・・・許さん』とか言わないけど)、っていうか"ウルトラマン"の文字列がいい感じに見切れてて『トラマン』になってる点も注目したいところですね。

っていうか、"トラマン"の方を魂斗羅のラベルにしておけば、"トラ"の部分で一致したのにー、とか思ったんですが、ともあれこの手のものを集め始めたら大変だろうなぁ、とか締めつつ

本年もよろしくお願い致します。
# by karasuma_usb | 2014-01-06 19:30 | 烏丸の壷